Evander Smart

Evander Smart worked for many years as a Wall Street banker, and has learned how the economy is self-destructing from the inside. His travels, experience and research have led him to Bitcoin as the best way forward for the common man. He looks to spread the word on how Bitcoin can help anyone break the shackles of economic slavery being created by global establishment forces. Evander gets you thinking about what money really is, and how it will work for you going forward. The world of finance is changing, and he is ready for it. Are you? He trains people worldwide in the power of Bitcoin at his <a href="BitcoinVideoUniversity.com" rel="nofollow" target="_blank">website</a>.

  • ハッカー集団による被害の後、サンフランシスコの地下鉄が無料で利用可能に

    ホリデーシーズンといえば、プレゼントの購入や、家族と時間を共にするなどして余暇を堪能するのが常だが、サンフランシスコでは、地下鉄のシステムがハッキングされたようだ。 事実、サンフランシスコ市内の非常に多くのコンピューターシステムが今週末にハッキングの被害に遭っている。

  • Trezorの新しいハードウェア・ウォレットで、セキュリティをカラフルに取り入れよう

    読者がもし、絶え間なく成長し続けるビットコイン・コミュニティの一員であったのならば、ビットコインにおけるセキュリティの問題は、特に、政府や他の機関から個人情報を守るという意味では、高い優先度を以て取り組まなければならない問題だろう。彼らの落ち度ではないが、IRSを扱っていたCoinbaseの失敗は、ビットコインユーザーが常に直面する可能性のある一例の1つだといえる。

  • トランプ列車はワシントンへ向かう―トランプ大統領がビットコインに貢献するための3つのシナリオ

    筆者が記事の中で述べた通り、ヒラリー・クリントンが米国の大統領になることは許されなかったといってもいい。奇人と呼んでもらっても構わない。しかし、世界は、すべからく汚職や腐敗、嘘、第三次世界大戦を呼び起こすような政治家がコントロールする政府などは求めていないのだ。

  • ビットコイン取引所BitstampとハードウォレットメーカーTrezorが新たなパートナーシップを締結

    ビットコインの世界は、まだそのエコシステムが”早期導入”の成長過程の真下にあるため、威圧的で、不便で、支離滅裂に見えることもあるかもしれない。ビットコインの利用者はビットコインのセキュリティと利便性の向上を望んでいるため、半年ごとに新しい製品を試すよりは、名の知れた信頼のできる製品を好むことが多い。先日、ビットコイン業界でその名を確立しているBitstampとTrezorが、双方の顧客ベースの成長率を今まで以上に迅速かつ容易に増加させるべく、新たなパートナーシップを締結している。

  • ”なぜ、ぼくのビットコイン取引はこんなに時間がかかるの?”―その理由を解説

    おそらく読者は気づいてないかも知れないが、私は気付いてしまったのだ、私の利用しているビットコインウォレットでの取引に、最近とても時間がかかってしまっているということに。そして、遅延がありますとの警告が表示され、あまつさえ何故遅れ待たされているのか、という理由まで説明してくるようになったことに。そしてこれは2,3か月前に急に始まったことではなく、ブロックチェーン上のトランザクションの遅延は一年中不規則に起こり続けているのである。これには私の知る限り、2つの問題が関係していると思われる。今回はその主な原因と解決策について紹介しようと思う。

  • IMFのクリスティーヌ・ラガルド専務理事が、銀行は5年後には仮想通貨を導入しているだろうと発言

    ウォールストリートジャーナルや国際通貨基金 (IMF) のような世界のエスタブリッシュメント的アイコンともいうべき団体が、完全にビットコインと仮想通貨の世界を無視してからまだ3年も経っていない。ビットコインのブロックチェーン技術のような革新的な金融界における進歩が最早無視されるはずもないのは明らかだ。 ウォールストリートジャーナルが、世界で最も権力のある財務担当者の1人であるクリスティーヌ・ラガルドIMF専務理事との20分間のQ&Aコーナーを設け、我々が生活する世界経済に影響を与える数多くのトピックについてディスカッションを行った。WSJの経済担当編集者であるSudeep Reddyに対して送られてきた質問事項の中には、ビットコインのような仮想通貨がいかに経済成長に影響を与えるのか、といった内容のものも含まれていた

  • BitWageが、より多くのビットコインでの報酬支払をフリーランス労働者に行えるよう新システムを導入

    過去3年間で、ビットコインで給料を受け取ることはより簡単になってきている。世界中の労働者たちが、2014年からフリーランスでの仕事に対してビットコインで報酬を支払うサービスを提供するBitwageを利用しており、直接雇い主がビットコインでの報酬支払いに対応していなくてもビットコインで報酬を受け取ることが可能だ。現在、Bitwageは新たにフリーランサーや他の労働者に対して、”My Employment”または、Bitwage M.E.と呼ばれるサービスを開始している。

  • Steamコミュニティが、Coinbaseアカウントがハッキングされたと発表―全てのビットコインが失われる

    ハッキングの対象とされたSteamのKeyVendorというbotに関するとある開発ストーリーがある。 Steamは今年の初めにビットコインの受付を開始したばかりで、KeyVendorは、ビットコインのセキュリティと換金にどうやらCoinbaseを利用していたらしいとされ、コミュニティ内ではポピュラーなbotプログラムである。 月曜の夜、KeyVendor.netの”Jambo”氏がビットコインが盗まれたことを明かし、Coinbaseに責任を押し付けて無駄な時間を過ごしている暇はないと発言している。 「弊社の決済システムが悪用され、全てのビットコインとキーがKeyVendor.netから盗まれました」と、Jambo氏はコミュニティ内の発表の冒頭で語っている。

  • サンタンデール銀行はビットコインがクレジットカードに与える影響を憂慮している

    従来のバンキング・システムは技術的革新プロセスの最中にある。これはむしろ車のアップデート方法に似ている。新しい車のデザインは5年か、それくらいの年ごとに刷新され、その3年後にはナビゲーションシステムや、ラジエーターグリルの刷新、または馬力が強化されるなどのアップデートが行われることがある。銀行業界は特にシステムが再設計されるということはなく、最後に徹底的な見直しが行われたのは、ドットコムの時代のオンラインバンキングが確立した1世代前の話である。

  • ビットコインのような仮想通貨を題材にした新しいテレビ番組のシリーズ放送がスタート

    もし、あなたが私のようなビットコイン提唱者なら、おそらく2013年から主要メディアで繰り返し流されているビットコイン犯罪にまつわるサウンドバイトには飽き飽きしていることだろう。メインストリームがビットコインに完全にさらされる時は、それは常にビットコインの地下世界を映したものであり、業界やイノベーションにまつわるものではなかった。今年の秋、今までになかったような新しい切り口で仮想通貨へと焦点を当てたテレビドラマが放送開始される。仮想通貨の世界はそれによってそのイメージを変えていくことだろう。公式プレミアが先日公開されている。

  • ビットコインの歴史におけるグレイテスト・モーメント TOP 5

    ビットコインは現在7歳と半年、または8歳である。それは読者が、いつビットコインが始まったと考えるかによる―ホワイトペーパーとしてコンセプトが受精した瞬間なのか、または実際にオープンソースとして生を受けた瞬間か、最初のパブリック・トランザクションが生まれた瞬間か、である。時が経ち、若かりしビットコインにとってその人生は退屈な物ではなくなった。仮想通貨は犯罪者やダークネットを通し凄まじく有名になり、よりハイテクに精通した人間、経済的に一歩先を行く人が増えた。今回、コインテレグラフはビットコインの壮大な歴史における記念すべき出来事TOP 5を紹介しようと思う。最高の5つの瞬間でもなく、最悪のTOP 5でもなく、ビットコインコミュニティ内に限らない世界における記念すべきグレイテスト・モーメントTOP 5をご紹介しよう。

  • 覇権を得るのはどのカードか―ビットコインデビットカード比較6枚

    今日は、市場が選ぶ最も優れたビットコインデビットカード6枚を紹介する。その始まりから現在まで順を追って目を通し、それから勝者を選定したいと思う。おそらく2025年には、世界中の数多くのメインストリーム企業がビットコイン決済を丁度PayPalで決済を行うのと同じくらい一様に決済方法として採用していることだろう。ローマは一日にして成らず。ビットコインは7年の間にかなりの進歩を遂げてきている。しかし、ビットコインの優れたピアツーピアの決済システムは、世界が”お金の未来”にたどり着くまで、1950年代に敷かれたやや古いデビットカード・テクノロジーのレールを進む必要があるだろう。