「国内の仮想通貨取引所の手数料ってどこが安いのか比較したい!」

「手数料を抑えてお得に取引するコツが知りたい!」

この記事を読めば、こうした疑問を解決することができます。

仮想通貨をお得に取引するうえで、手数料は重要なポイントです。

今回の記事では、手数料が安い国内取引所ランキングと手数料を抑えてお得に取引するコツを徹底解説していきます!

ざっくり言うと...

・手数料が安い仮想通貨取引所ランキング第1位はCoincheck、第2位はbitFlyer、第3位はDMM Bitcoin、第4位はGMOコイン、第5位はTAOTAO。

・手数料には売買の度にかかる取引手数料、入金時にかかる入金手数料、出金時にかかる出金手数料、注文の持ち越しでかかるレバレッジ手数料が挙げられる。

・手数料を抑えるコツとしては、手数料が安い取引所を使ったり長期保有することが挙げられる!

コインチェックなら、取引手数料や入金手数料も無料!

 

【厳選】手数料が安い仮想通貨取引所ランキング

この項目では、手数料が安い仮想通貨取引所ランキングを見ていきましょう。

手数料が安い取引所ランキング

1.Coincheck(コインチェック)

2.bitFlyer(ビットフライヤー)

3.DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

4.GMOコイン

5.TAOTAO(タオタオ)

第1位:Coincheck(コインチェック)

Coincheckの特徴

取引手数料無料でお得に取引できる

・国内最多全13種類の仮想通貨を取り扱い

・上場企業マネックスグループが親会社で信頼性が高い

手数料が安い仮想通貨取引所ランキング第1位はCoincheckです。

Coincheckは取引手数料無料でお得に取引することができます。

また、全13種類の豊富な仮想通貨を取り扱っている点も特徴の1つです。

上場企業の運営で信頼性も高く、初心者の人でも安心して利用することができます。

上記の表は、Coincheckの手数料一覧です。

口座開設手数料と取引手数料が無料となっており、お得に利用することができます。

第2位:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerの特徴

・取引手数料が安くお得に売買できる

・AppStoreで星4.3のスマホアプリが使いやすい

・仮想通貨サービス利用率国内No.1

手数料が安い仮想通貨取引所ランキング第2位はbitFlyerです。

bitFlyerは取引手数料が安く、お得に売買することができます。

また、アプリが使いやすく初心者でも簡単に仮想通貨を購入することが可能です。

仮想通貨サービス利用率国内No.1の実績もあり、安心して利用することができます。

上記の表は、bitFlyerの手数料一覧です。

取引手数料は無料から0.15%と、比較的安めに利用することができます。

また、住信SBIからの入金であれば、入金手数料も無料で利用することが可能です。

第3位:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinの特徴

・取引手数料と入出金手数料が無料

全11種類の仮想通貨(暗号資産)でレバレッジ取引が可能

・大手企業DMM.comが親会社で安心して利用できる

手数料が安い仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング第3位はDMM Bitcoinです。

DMM Bitcoinは取引手数料と入出金手数料が無料です。

また、11種類の仮想通貨(暗号資産)でレバレッジ取引が可能となっています。

コストを抑えてお得に取引したい人には、ピッタリと言えるでしょう。

上記の表は、DMM Bitcoinの手数料一覧です。

レバレッジ手数料を除き、ほとんどの手数料を無料で利用することができます。※BitMatch取引手数料を除く

第4位:GMOコイン

GMOコインの特徴

・取引手数料と入出金手数料が無料

・レバレッジ取引専用アプリ「ビットレ君」が使いやすい

・東証一部上場企業の親会社で信頼性が高い

手数料が安い仮想通貨取引所ランキング第4位はGMOコインです。

取引手数料や入出金手数料など、各種手数料が無料で利用することができます。

また、GMOインターネット株式会社が親会社で、信頼性が高い点も魅力です。

コストを抑えて安心して取引したい人には、ピッタリと言えます。

上記の表は、GMOコインの手数料一覧です。

取引手数料は無料、送金手数料や入出金の手数料も無料となっています。

第5位:TAOTAO(タオタオ)

TAOTAOの特徴

・レバレッジ手数料を除くほぼ全ての手数料が無料

全5種類の仮想通貨で現物・レバレッジ取引が可能

・大手企業ヤフーの出資で信頼性が高い

手数料が安い仮想通貨取引所ランキング第5位はTAOTAOです。

TAOTAOは取引手数料、送金手数料、入出金手数料などの各種手数料を無料で利用することができます。

また、大手企業ヤフーの関連会社が出資しているため、信頼性も非常に高いと言えるでしょう。

上記の表は、TAOTAOの手数料一覧です。

レバレッジ手数料を除く、ほとんどの手数料が無料となっています。

コストを抑えて取引したい人にも、ピッタリと言えるでしょう。

仮想通貨取引所で必要な手数料一覧

この項目では、仮想通貨取引所でどんな手数料が必要になるのかと、それぞれの手数料の詳しい内容を確認していきます。

手数料一覧

・取引手数料

・入金手数料

・出金手数料

・送金手数料

・レバレッジ手数料

取引手数料

取引手数料とは?
ー 仮想通貨の売買で発生する手数料のことです。

取引手数料は買いや売りの際に、取引する金額に対して発生します。

たとえば、取引手数料が0.1%で10万円分の仮想通貨を買う場合を考えてみましょう。

この場合の計算式は、「10万円×0.001=100円」となります。

そのため、この取引の例では「100円」の取引手数料が発生することになるのです。

仮に10回同じ取引を繰り返せば「1,000円」、100回繰り返せば「10,000円」の取引手数料が発生することになります。

また、取引所によっては、取引手数料を無料で利用できる場合もあります。

取引手数料無料の取引所例

・Coincheck

・bitFlyer

・GMOコイン

入金手数料

入金手数料とは?
ー 取引所への入金時に発生する手数料のことです。

入金手数料は取引所によって異なります。

また、利用する入金方法によっても変わってくるのが特徴です。

以下は、国内の仮想通貨取引所で主に利用できる入金方法です。

入金方法

・銀行振込:銀行から指定された口座へ振込みする方法

・クイック入金:インターネットバンキングを使った方法

・コンビニ入金:コンビニのレジから入金する方法

銀行振込の場合は、利用する金融機関の振込手数料が発生するのが一般的です。

クイック入金やコンビニ入金は金額に応じて手数料が変動する場合があります。

また、取引所によってはクイック入金の手数料を無料にしている場合もあります。

入金手数料無料の取引所例

・Coincheck

・DMM Bitcoin

・GMOコイン

出金手数料

出金手数料とは?
ー 取引所からの出金時に発生する手数料のことです。

取引所に預け入れているお金は、自分の銀行口座へ出金することが可能です。

出金手数料はこの際にかかる手数料で、出金金額に応じて変動することもあります。

また、他の手数料と同様に、出金手数料を無料にしていることもあります。

出金手数料無料の取引所例

・DMM Bitcoin

・GMOコイン

送金手数料

送金手数料とは?
ー 仮想通貨の送金時に発生する手数料のことです。

取引所で購入した仮想通貨は、他の取引所やウォレットへ送金することができます。

送金手数料はこの際にかかる手数料で、一般的には送金する仮想通貨によって金額が異なります。

たとえば、海外取引所で取引する際には国内取引所からの送金が必要です。

こういった際にも送金手数料がかかるので、海外取引所の利用が多い人などは覚えておきましょう。

送金手数料無料の取引所例

・DMM Bitcoin

・GMOコイン

レバレッジ手数料

レバレッジ手数料とは?
ー レバレッジ取引で注文を決済せずに翌日に持ち越した場合の手数料です。

たとえば、レバレッジ取引で10万円相当のビットコインを購入したとします。

そして、このビットコインを売却せずに保有し、翌日に持ち越したとしましょう。

レバレッジ手数料はこのような決済していない注文の持ち越しのタイミングで発生する手数料です。

仮にこの例で手数料が0.04%だった場合の計算式は、「10万円×0.0004=40円」となります。

つまり、レバレッジ手数料として「40円」の手数料が発生することになるのです。

また、この注文を決済せずに持ち続ける限り、レバレッジ手数料は毎日発生することになります。

キャンペーンなどで無料になることもありますが、ほとんどの取引所で必ず発生する手数料です。

レバレッジ取引をする人は、必ず覚えておくようにしましょう。

手数料を抑えて仮想通貨を取引するコツ

ここからは、手数料を抑えて仮想通貨を取引するコツについて確認していきましょう。

手数料を抑えるコツ

・コツ①:手数料が安い取引所を使う

・コツ②:長期保有を行う

・コツ③:出金や入金の頻度を減らす

コツ①:手数料が安い取引所を使う

1つ目のコツは、手数料が安い取引所を使うことです。

いくら取引で利益を出しても、手数料が高いと利益も小さくなってしまいます。

一方で手数料を抑えることができれば、抑えた分だけ利益も大きくすることが可能です。

特に普段からよく使う「取引手数料」「入出金手数料」は、無料の取引所を選ぶと良いでしょう。

コツ②:長期保有を行う

2つ目のコツは、長期保有を行うことです。

仮想通貨の市場は、まだまだ伸び代があると考えられています。

長期的に保有することで、将来的な値上がりから大きな利益を狙うことが可能です。

また、長期保有では仮想通貨の売買をほとんどしないため、取引手数料も抑えることができます。

そのため、短期的な売買を繰り返さずに長期保有することは、手数料を抑える大事なポイントの1つと言えるでしょう。

コツ③:出金や入金の頻度を減らす

3つ目のコツは、出金や入金の頻度を減らすことです。

入出金の手数料は出金や入金をする度に発生します。

そのため、そもそもの出金や入金の回数を減らすと、これらの手数料を抑えることが可能です。

無料の取引所であれば問題ありませんが、手数料がかかる場合は出金や入金の回数を減らすことを意識しましょう。

手数料が安い仮想通貨取引所 まとめ

以上、手数料が安い仮想通貨取引所について解説してきました。

あらためて、今回の記事のポイントをまとめておきましょう。

手数料が安い取引所まとめ

・仮想通貨の取引にかかる手数料には、取引手数料、入金手数料、出金手数料、レバレッジ手数料などが挙げられる。

・長期保有することで売買の回数が減り、取引手数料を抑えることができる。

・入出金の頻度を減らすことで、入手金手数料を抑えることができる。

今回紹介したように、手数料は仮想通貨の取引で利益を出すために重要です。

また、仮想通貨はこれから市場がさらに伸びると考えられています。

まだ取引所への登録が済んでいない人は、はやめに登録を済ませておきましょう。