イーサリアムってどんな通貨なの?

イーサリアムの今後の将来性について知りたいな!

今回は仮想通貨イーサリアム(ETH)の今後の将来性について、著名人の価格予想や様々な特徴を踏まえて解説していきます。

イーサリアム(ETH)はビットコインとは違った特徴のある仮想通貨で、高い将来性から多くの投資家や経営者の方達に支持されています。

結論から言いますと、イーサリアム(ETH)は今投資するべき注目のアルトコインです。

本記事を見れば、イーサリアム(ETH)の今後や将来性についてバッチリと理解することができますよ!

ざっくり言うと…

イーサリアム(ETH)は仮想通貨であり「スマートコントラクト」など、他の通貨にはないような特徴を持っている。

ビットコインに次いで「時価総額2位」を誇っており、抜群の知名度・人気を誇っている。

アップデートも順調に進んでおり、実用化に近づいている。実用化が行われれば、さらに価格上昇する可能性が高い。

イーサリアムを手数料無料かつ安全に取引できる取引所は「bitbank(ビットバンク)」「Coincheck(コインチェック)」「DMM Bitcoin」が挙げられる。

中でも、国内で唯一「マイナス手数料」を導入し、かつ抜群のセキュリティレベルを誇る「bitbank(ビットバンク)」の人気が高い。

bitbank(ビットバンク)なら今までのハッキング経験もなく、コストを抑えてトレード可能。イーサリアムを購入するならbitbank(ビットバンク)は登録必須な取引所!

>>>bitbankの公式サイトはこちら

bitbankで無料口座開設!

イーサリアム(ETH)とは?基礎情報をざっくりおさらい!

仮想通貨名

イーサリアム(ETH)
発行上限なし
コンセンサスアルゴリズムProof of Work
開発者Vitalik Buterin
時価総額第2位(2020年時点)

イーサリアム(ETH)は現在時価総額第2位の仮想通貨です。

イーサリアム(ETH)を考案したのは、なんと当時19歳のヴィタリック・ブテリン氏で、2014年にプロトタイプが配信されました。

ビットコイン(BTC)が決済通貨なのに対して、イーサリアムは「プラットフォーム型通貨」という立ち位置。

イーサリアム(ETH)は「送金」や「決済」に加えて、ブロックチェーンを通して契約を行うことができる「スマートコントラクト」などに使用することもできます!

>>>Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

イーサリアム(ETH)が持つ特徴

イーサリアム(ETH)はビットコインや他のアルトコインとは少し異なる特徴を持っている仮想通貨で、その特徴から高い将来性を期待されています。

現在はビットコインが最も取引量が多くメジャーな仮想通貨ですが、今後何年かでイーサリアム(ETH)が追い抜く可能性も充分あり得ます。

イーサリアム(ETH)が持つ特徴

 ① スマートコントラクトを用いている

② Dapps(分散型アプリケーション)を開発できる

③ 新しいトークンを発行することができる

スマートコントラクトを用いている

イーサリアム(ETH)の大きな特徴のひとつに、スマートコントラクトを用いていることが挙げられます。

スマートコントラクトとは

取引や送金などを自動化して設定できる技術のこと

スマートコントラクトが多くのサービスに実用化されれば、直接お金のやり取りを行わなくても、安全に取引することができ、取引情報はブロックチェーン技術によって守ることができます。

ブロックチェーンには「記録した情報の改ざんが不可能」という性質がありますので、しっかりと情報の信頼性を担保することも可能。

さらにスマートコントラクトが普及すれば、人間を介して契約を行う必要がなくなりますので、企業側からすれば「人件費削減」などのメリットを受けることもできるのです!

オンライン決済で主要な取引方法は現在クレジットカードを用いた方法ですが、近い将来オンラインでの取引方法はスマートコントラクトを利用するようになる可能性が高いでしょう。

Dapps(分散型アプリケーション)を開発できる

イーサリアムはDappsという分散型アプリケーションを開発できるプラットフォームとして利用することができます。

分散型アプリケーションとは…

中央集権者がいないアプリケーションシステムのこと。

分散型アプリケーションとは、特定の中央管理者が必要ではないアプリケーションのことを言い、アプリケーションのデータや仕様変更は利用者全員が意思決定に参加することが可能です。

中央集権者が存在するシステムの場合ですと、内部側からの不正等が発生することが十分に考えられます。

一方で「Dapps」と呼ばれている分散型アプリケーションシステムであれば、内部からの不正等の心配もありませんので、より公平にそのシステムを利用することが可能になります!

新しいトークンを発行することができる

イーサリアム(ETH)は新しいトークンを発行することができる特徴があります。

イーサリアムは「ERC20」というある一定の規格を用いて発行されており、この規格を用いればとってもカンタンに新規通貨を発行することが可能です。

トークンとはブロックチェーン上で仮想通貨のことを言います。

新しい仮想通貨(トークン)をイーサリアムのプラットフォームで発行できます。

新しいトークンを発行できるイーサリアムの特徴は、ICOと呼ばれる資金調達手段に利用され、新規企業や投資家から注目されているのです!

イーサリアム(ETH)の今後・将来性

イーサリアム(ETH)の今後の将来性を色々と考察していきます。

これからは以下のようなことが高い確率で起きると思います。

イーサリアム(ETH)に投資する方にとって非常に重要な内容になるので、チェックしていきましょう。

イーサリアム(ETH)の今後・将来性

① 大企業が続々と参入している

② ETFに上場する可能性がある

③ ライデンネットワークが実装される可能性がある

④ スマートコントラクトの実用化

⑤ アップデートが順調に進んでいる

大企業が続々と参入している

イーサリアム(ETH)のには、数々の有名企業が参入しています。

そもそもイーサリアムには「イーサリアム企業連合(EEA)」という団体が存在しており、既に200以上の企業が名を連ねています!

EEAに加盟している企業

 ・マイクロソフト

・JPモルガン

・トヨタグループ

・KDDI

上記以外にも、国内外問わずたくさんの企業が「イーサリアム企業連合」に加盟しています。

加盟企業の中には日本を代表するような会社も存在しており、イーサリアムの信頼性の大きな担保となっていますね!

>>>Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

ETFに上場する可能性がある

ETFにイーサリアム(ETH)が上場することになれば、多額の投資を受けることになり、価格が大きく上昇することが予測されます。

ETFとは…

上場投資信託の略。仮想通貨取引所だけでなく、証券取引所に上場することになる。

ETFが承認されることになれば、仮想通貨取引所だけでなく「証券取引所」にも上場することになります。

ですので証券取引所からもイーサリアムに投資を行う人が増加し、価格が大きく高騰することが予測されるのです!

イーサリアム(ETH)の研究資金が豊富に増えることにより、今後様々なサービスがプラットフォーム上で生み出されていくことになるはずです。

すでにイーサリアム(ETH)のETF上場申請は行っておりますが、いまだに承認はされていません

もし承認されればイーサリアム(ETH)の価格に大きなインパクトを与えますので注目しておきましょう。

ライデンネットワークが実装される可能性がある

後ほど詳しく解説しますが、イーサリアム(ETH)には送金処理に時間がかかってしまうスケーラビティ問題という課題があり、ライデンネットワークによって改善される可能性があります。

ライデンネットワークとは、イーサリアム(ETH)のブロックチェーンの外で時間のかかる処理を行い、送金処理の時間を大幅に短縮することができる技術です。

ライデンネットワークが実装されれば、送金速度はもちろん、送金手数料も安くなるので、よりイーサリアム(ETH)の実用性が高まることが大きく予想されます!

スマートコントラクトの実用化

スマートコントラクトの実用化は今後間違いなく発展していくはずです。

大企業が参加し、日々研究開発を行っていることや時代の流れから、送金や取引に時間がかからず、直接現金のやり取りを行わなくなるのは自然です。

現金取引がクレジットカードに変わり、電子マネー、仮想通貨と現金で取引をしな流れは、ますます進んでいくでしょう。

アップデートが順調に進んでいる

イーサリアム(ETH)はまだ完全形態ではなく、アップデートを繰り返して機能を向上させています。

以下の4つのロードマップが存在しており、最終形態の「セレニティ」まで到達すると、事実上イーサリアムのアップデートは完了されたものになります。

イーサリアム(ETH)の4つのアップデート

① フロンティア(Frontier)

② ホームステッド(Homestead)

③ メトロポリス(Metropolis)

④ セレニティ(Serenity)

上記4つのアップデートのうち「メトロポリス」まではすでに完了しており、残すは最終アップデートの「セレニティ」のみとなっています。

セレニティは「イーサリアム2.0」とも呼ばれている大型アップデートでして、当初は2020年1月に実行される予定でした。

しかしながら現在では遅延が生じており、まだアップデートは施行されていない状況です。

セレニティが実行されれば、イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムが「Proof of Stake」という方式に変更になり、より多くの人がマイニングに参加することが可能になります。

イーサリアム(ETH)のこれまでの価格推移

今後の価格予想を行う上で、過去の値動きを知ることは非常に重要です。

次はイーサリアム(ETH)のこれまでの価格推移を、以下の2つの時期に分割して見ていきましょう!

イーサリアム(ETH)のこれまでの価格推移

① 2017年~2018年

② 2019年~2020年

イーサリアム(ETH)の価格推移① 2017年~2018年

イーサリアム(ETH)は2017年2月まで「1ETH=2000円前後」で価格推移していました。

その後、2017年~2018年の仮想通貨バブル期に「1ETH=15万円」という最高値を記録。

その後2018年2月頃に仮想通貨バブルが弾け、イーサリアムの価格は停滞。

最高値を再び更新することはなく、2018年末までには「1ETH=15,000円」にまでじわじわと価格を落としていました。

イーサリアム(ETH)の価格推移② 2019年~2020年

2019年から現在にかけて、イーサリアムは「1ETH=10,000円~30,000円」で価格推移しています。

2018年初頭のバブル期のような価格高騰はないものの、しっかりと「1ETH=10,000円台」で底値を固めています。

長期間ずっとレンジ相場で安定して価格推移しているので、今後価格が跳ね上がる可能性も十分に考えられますね。

特に「ETF承認」「アップデート完了」などのタイミングで買いが集中し、価格がグンと跳ね上がる可能性が大きく考えられます!

著名人によるイーサリアム(ETH)の価格予想

イーサリアム(ETH)関連の世界的著名人達や高性能AIが導き出した価格予想を紹介していきます。

イーサリアム(ETH)に詳しい方は、どんな将来を予想しているのか、大変参考になると思います。

著名人によるイーサリアム(ETH)の価格予想

 ・webbot(ウェブボット)

・マイケル・ノボグラッツ

・Wallet Investor

webbot(ウェブボット)

webbot(ウェブボット)マイクロソフトのクリス・ハイ氏が作ったAIで、イーサリアム(ETH)の価格予想を行うことができます。

webbot(ウェブボット)の価格予想制度は非常に高く、実際に過去に何度もイーサリアム(ETH)の価格上昇を予測し、的中させてきました。

webbot(ウェブボット)の価格予想はネット上のイーサリアム(ETH)に関する投稿を分析し、どういった感情の人が多いか等から予想します。

価格は人の感情で上下するので、AIによる分析は人間のように偏った感情を持たずに、判断できているのかもしれません。

そんなwebbot(ウェブボット)は今後のイーサリアム(ETH)は価格が大きく上下すると予想しています

>>>Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

マイケル・ノボグラッツ氏

イーサリアム(ETH)投資家であるマイケル・ノボグラッツ氏は、将来価格を1500ドルを超えると予想しています。

1500ドルは、日本円に換算すると「約16万円」となり、仮想通貨バブル期の価格とほとんど同じ価格帯ですね。

ノボグラッツ氏は2017年の価格や暴落を予想しており、この方の発言には注目したいです。

仮に1500ドルを越えれば、現在価格から約7倍にも高騰するので、大きな値上がり益を期待できます。

Wallet Investor

Wallet Investorという海外で最も有名な仮想通貨予測サイトが出したイーサリアム(ETH)の将来価格は、71ドルまで下落すると予想しています。

現在は下落トレンドを抜けておらず、下落を続けているので、トレンドを突破しない限りはこの予想も充分あり得ると思います。

色々な意見を参考にしながら、広い視野を持ち、最終的にイーサリアム(ETH)の将来に期待できるか、否かをご自分で判断してください

【厳選】イーサリアム(ETH)のおすすめ取引所ランキング

イーサリアム(ETH)に投資する上で、おすすめの取引所を厳選してランキング形式で紹介します

コインテレグラフが特におすすめする取引所も紹介するので、参考にしてください。

間違った取引所で投資を始めてしまうと、手数料や取引所の安全性から、大きく利益に差が生まれてしまいますので、イーサリアム(ETH)に投資したい方は、このランキングの中から選ぶようにしましょう

イーサリアム(ETH)のおすすめ取引所ランキング

第1位:Coincheck(コインチェック) コインテレグラフおすすめ取引所:bitbank(ビットバンク)

第2位:bitFlyer(ビットフライヤー)

第3位:DMM Bitcoin

おすすめ第1位:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)の特徴

・かの有名なマネックス証券なども手かげる一部上場企業「マネックスグループ」の傘下にある取引所!

・国内最多である「13種類」もの仮想通貨を取り扱っている

取引手数料・入金手数料が全て無料!

・どの取引所よりもアプリが使いやすく、ダウンロード数は250万回を既に突破済!

Coincheck(コインチェック)は大手マネックスグループの傘下にある取引所で、イーサリアム(ETH)以外にも国内最多の13種類の通貨に取引することができます。

取引手数料と入金手数料が全て無料で、低コストで投資を始めることが可能です。

スマートフォンで取引したい方はCoincheck(コインチェック)のアプリがかなり使いやすく、分かりやすいチャート画面で簡単にトレードできるのでおすすめです。

その人気さ故に、アプリのダウンロード数はなんと「260万回」を突破済。

かんたんかつ低コストで取引したい…!」という方は、Coincheck(コインチェック)は登録必須な取引所です!

>>>Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

コインテレグラフがおすすめする仮想通貨取引所 bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)の特徴

 ・国内最安値でイーサリアム(ETH)に投資することができる。

コールドウォレットにより安心できる高いセキュリティ。

・ユーザー数が多く、仮想通貨取引量国内No.1

リップルの取引高世界No.1bitbank(ビットバンク)は5分で簡単登録可能

bitbank(ビットバンク)は他の取引所よりも安くイーサリアム(ETH)に投資することができます

理由はイーサリアム(ETH)を取引所形式で購入することができるので、スプレッドがかなり狭く、低コストで取引することが可能です。

bitbank(ビットバンク)は仮想通貨取引量が国内No.1でユーザー数がかなり多いので、注文も通りやすく、初心者の方でも簡単に取引に参加することができます。

たくさんのトレーダーが愛用している取引所なので、より安心して取引することができますよね。

加えて、bitbank(ビットバンク)はこれまで「ハッキング」「不正アクセス」などの攻撃を受けた回数もゼロ。

圧倒的に高いセキュリティレベルなので、安心度が段違いです。

安全性を第一にしつつ、コストを抑えて取引したいな…」という方は、bitbankは登録必須な取引所です!

>>>bitbankの公式サイトはこちら

bitbankで無料口座開設!

おすすめ第2位:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴

・2014年からサービスを展開している、とっても歴史のある仮想通貨取引所!

・たくさんのユーザーが利用しており、なんとビットコインの取引量は国内No.1!

取引手数料・入金手数料が全て無料

国内でも多い「11種類」もの仮想通貨に対応している

 bitFlyer(ビットフライヤー)は2014年から仮想通貨事業を行っている取引所で、ビットコインの取引量が国内No. 1の実績があります。

取引手数料と入金手数料が無料で、イーサリアム(ETH)を含む11種類の仮想通貨に投資することができます。

イーサリアム(ETH)を販売所形式で取り扱っているので、初心者でも難しい手順は一切なく、取引することが可能です。

スマホアプリもかなり使いやすいので、ぜひ試してみてください。

>>>bitFlyerの公式サイトはこちら

bitFlyerで無料口座開設!

おすすめ第3位:DMM Bitcoin

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の特徴

・様々なジャンルの事業を展開する大手企業「DMMグループ」の傘下にある取引所!

「取引手数料」はもちろんのこと「出入金手数料」「送金手数料」まで全て無料!

・仮想通貨FXに特化しており、なんと11種類もの通貨のレバレッジ取引に対応

DMM Bitcoin大手DMMグループが運営する取引所で、取引手数料や送金手数料、さらに他の取引所ではめずらしい出入金手数料も無料で利用することができます。

入金手数料が無料な取引所は多いですが、出金手数料も無料な点は、小額からイーサリアム(ETH)に投資したい方にとってかなりおすすめです。

また、DMM Bitcoinでは仮想通貨FXでイーサリアム(ETH)のレバレッジ取引を行うことができるので、小額でも大きく稼げる可能性があります!

またキャンペーン中の今なら、新規登録するだけで「1,000円キャッシュバック」を受けれるチャンス。

無料口座開設するだけでビットコインをもらえる取引所は、他になかなかありません。

おトクに登録できる今の機会に、サクッと口座開設しておきましょう!

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinで無料口座開設!

イーサリアム(ETH)の課題点・問題点

最後にイーサリアム(ETH)の今後に関わる課題と問題点を解説していきます。

以下の問題点を改善することができれば、イーサリアム(ETH)の発展がより進むはずです。

イーサリアム(ETH)の課題店・問題点

・ICOへの規制強化

・セキュリティ問題

・スケーラビリティ問題

ICOへの規制強化

新たなトークンを発行することができ、ICO(資金調達手段)に利用されているイーサリアムですが、簡単に資金を集めることができることから、詐欺が横行している問題があります。

各国政府は詐欺による投資家の損失を防ぐために、ICOを規制を強化しようとしています。

イーサリアムの大きなメリットであるトークン発行技術が詐欺に使われてしまい、今後完全に規制されてしまうと、イーサリアムの発展を妨げることになります。

今後ICOによる資金調達方法に制約を持たせて、詐欺が入り込めないようにしていくように改善できれば、イーサリアム(ETH)の価格も上がっていくでしょう。

セキュリティ問題

イーサリアムはトークンの発行と分散型アプリケーションにより新たなサービスを生み出せることから、ハッキングのターゲットになりやすく、セキュリティの問題が今後の課題となっています。

過去には「THE DAO」というサービスがハッキング被害にあったり、イーサリアムを取り扱う「MyEtherWallet」サーバーから個人情報を盗まれたりという事件がありました。

この2つの事件がイーサリアムのセキュリティに対する不安を高めることになりましたが、実際はイーサリアムのブロックチェーン自体に問題があるわけではなく、関連するサービス側のセキュリティ問題なので、今後は関連サービスのセキュリティもしっかり対策していくはずでしょう。

スケーラビリティ問題

スケーラビリティ問題はビットコインと同様に、仮想通貨を扱う人口が増え、取引量が膨大になることで、取引の処理が追いつかなくなってしまう問題です。

イーサリアムの成長と共にスケーラビリティ問題は必ず直面し、乗り越えなければならない問題なので、研究者は様々な対策方法を考えています。

イーサリアムは段階的にアップデートを行い、機能の改善を行っているのですが、上で解説したライデンネットワークが実装されればスケーラビリティ問題は解決される可能性が高いです。

イーサリアム(ETH)の今後・将来性 まとめ

イーサリアム(ETH)の今後・将来性まとめ

・大企業が続々と参入している

・ETFに上場する可能性がある

・ライデンネットワークが実装される可能性がある

・スマートコントラクトの実用化

今回はイーサリアム(ETH)の今後の将来性と、課題と問題点投資する上でおすすめの取引所を解説しました。

イーサリアム(ETH)が今後成長するには、いくつか課題がありますが、それを上回る高い将来性があるので、現在価格の安いイーサリアム(ETH)は非常に投資妙味があります

イーサリアム(ETH)に投資を考えている方は、この記事で紹介した取引所で投資を行うのが最適なので、ぜひ参考にしてください。

>>>Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!