今回はビットコイン(BTC)の今後の将来性について、様々な要因から徹底的に解説していき、専門家による価格予想も紹介致します。

現在ビットコイン(BTC)に投資している方も、これから投資を始めようかと考えている方も、多くの方がビットコイン(BTC)の今後の将来性について気になる所だと思います。

暗号資産(仮想通貨)バブルから低価格で推移してきたビットコイン。

しかし2021年に入り、その価格は史上最高値である「1BTC=500万円」を突破しているのです!

2017年の価格上昇の波に上手く乗れた方達のように、常に情報のアンテナを張り巡らせて、価格の動きに注目していることが、次の価格上昇に置いて行かれないために重要になります。

知識ある専門家達の貴重な価格予想も紹介しているので、ぜひ最後までご覧になって、参考にしてください!

ざっくり言うと…

・ビットコイン(BTC)は最もメジャーな暗号資産(仮想通貨)であり、圧倒的に取引量No.1

・今後は半減期の到来や、ビットコインETFの承認などにより高い成長性が見込める。

・ビットコイン(BTC)はハッキングスケーラビリティ問題など課題はあるが、改善が見込める。

・ビットコイン(BTC)に投資するおすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所は「Coincheck」「bitFlyer」「DMM Bitcoin」など。

・特にCoincheckは高いセキュリティ対策を行い、暗号資産(仮想通貨)取引量国内No.1の優良取引所!

ビットコインの最新情報・最新チャート

韓国で最高値更新したビットコインの「キムチ・プレミアム」崩壊 天井のシグナルか?

アーク・インベストとJPモルガン、ビットコイン価格が13万〜47万ドルに達すると強気予想

米SECの元委員長、ビットコインなどの仮想通貨に新たな規制の波が来ると警告

ビットコインが金の時価総額に到達するのは「不可避だ」=仮想通貨企業ギャラクシーデジタルCEO

ゴールドマン・サックス、今年第2四半期にもビットコイン投資サービスを開始へ

年末までにビットコイン価格はどうなる? クラーケンCEO「1BTCでランボルギーニ1台」

投資経験長い人ほど、ビットコインの価格予想は強気に=ビットバンク調査

サトシ・ナカモトが世界一の資産家になるには、1ビットコインは何ドル必要か?

仮想通貨ビットコイン、もはや周縁的な資産ではない=ソロスファンドの幹部が主張

仮想通貨ビットコイン、「リスクオフ資産」に移行する過程にある=ブルームバーグアナリスト

そもそもビットコイン(BTC)とは?

ビットコイン(BTC)の今後を考えていく前に、そもそもビットコイン(BTC)とは一体何なのかについて簡単に解説していきます。

ビットコインは、現金や金といった手に取ることができるお金ではなく、ブロックチェーン上に管理された、仮想の通貨のことを言います。

ビットコインが暗号資産(仮想通貨)の中で最も有名な理由は、最も取引量が多く、投資家の間でかなり話題になったからです。

取引量が多く、利用する方が増えれば増えるほど、通貨としての価値が安定し始めて、いつか現金にとって変わる存在になるかもしれないのが、ビットコイン(BTC)です。

ビットコイン(BTC)は国が発行する現金とは違い中央管理者が存在せず発行上限数が決まっていることから、供給量の低下が起こり、必然的に将来価格が上がるデジタルゴールドになると言われています

ビットコイン(BTC)と電子マネーの違い

ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)は、実態が存在せず、データ決済に使用されるので、送金時間が短縮されたり、手数料がかからなかったりというメリットがあります。

電子決済ができると聞くと、パスモなどの電子マネーと同じなの?と思う方もいるかもしれませんが、これは全く異なります。

電子マネーは電子決済をしているものの、あくまで紙幣を口座に入金したり、端末にチャージしたりして使用するので、結局は紙幣の形を変えているだけになります。

暗号資産(仮想通貨)は紙幣をチャージして利用する端末ではなく、仮想の通貨になるので、それ自体に価値がある通貨ということです。

少し分かりにくいかもしれませんが、ビットコイン(BTC)は通貨なので、円やドルのように日々価格は上下しています。

ビットコイン(BTC)は、電子マネーのように簡単に決済を行うことができ、余計な手数料を抑えることができるので、オンライン決済が主流になる未来の通貨として注目されています。

ビットコイン(BTC)の今後と将来性|価格は上がるの?

ビットコイン(BTC)に今後の将来性について、価格は上がるのか?を様々な要因から考えていきたいと思います。

今後ビットコイン(BTC)に起きるであろう出来事としては、以下の6つがあります。

ビットコイン(BTC)の今後と将来性

①ビットコイン決済が普及している

②ビットコインETFの承認

③Bakkt(バックト)の普及

④ライトニングネットワークの実装

⑤キャッシュレス決済の拡大

⑥半減期の到来

① ビットコイン決済が普及している

今後間違いなく普及するとされているのが、ビットコイン決済です。

少し前まではビットコイン(BTC)価格が乱高下したり、ハッキング事件があったりと、暗号資産(仮想通貨)に対して不安な要素がたくさんありましたが、取引量の増加や、セキュリティレベルの向上により、少しづつ改善されてきています。

ビットコイン(BTC)の値動きは徐々に安定してきており、発展途上国で自国の通貨がハイパーインフレにより、いつ価値がなくなるか分からない状態にある人々は、ビットコイン(BTC)で資産を保有したり、決済に使用する割合が激増しています。

先進国では暗号資産(仮想通貨)を投資材料と見る方が多いですが、発展途上国のビットコイン(BTC)利用に下支えされ、価格が下がりにくくなっていると推測できます。

② ビットコインETFの承認

ビットコインETFに関しては、現時点で申請を既に行っており、正式に承認されれば価格に大きなインパクトを与えることになります。

ETFとは上場投資信託のことを言い、株式市場のようにビットコイン(BTC)がETFとして上場することができれば、多くの方が投資しやすい環境になり、価格は大きく向上するはずです。

暗号資産(仮想通貨)の市場は株式市場と比べると、まだまだ未熟で小さいものなので、今後市場参加者が増え、暗号資産(仮想通貨)のインフラが整うほど上場が認められる可能性は高まってくるでしょう。

③ Bakkt(バックト)の普及

Bakkt(バックト)とは、現物引き渡し型のビットコイン(BTC)先物の開発を行う企業で、暗号資産(仮想通貨)が持つセキュリティ問題や規制問題などの不安要素を解消し、機関投資家からの信頼を獲得しようとしています。

ビットコイン(BTC)の先物取引とは、株式市場と同様に将来の予想した価格で注文を出し、売買する取引のことを言います。

先物取引が可能になることで大型の機関投資家が参入しやすくなり、ビットコイン(BTC)の価格安定性をもたらすと言われています。

Bakkt(バックト)を支援する企業はマイクロソフトスターバックスなどがおり、ビットコイン(BTC)の普及のためにBakkt(バックト)の開発を支援しています。

④ ライトニングネットワークの実装

ビットコイン(BTC)が今後成長していく上で欠かせないのが、ビットコイン(BTC)を利用する人々の増加です。

多くの人がビットコイン(BTC)を決済で利用するようになれば、価格は安定し、通貨としての信頼性も高まります。

個人間取引にかかる手数料を格安にし、決済時間を短縮することができる技術として期待されているので、ライトニングネットワークです。

ライトニングネットワークが実装されれば個人間取引がより低コスト、最速決済で行えるようになります。

他にも、ライトニングネットワークはこの後解説するスケーラビリティ問題を解決する可能性がある技術として注目されています。

⑤ キャッシュレス決済の拡大

キャッシュレス決済の拡大が今後間違いなく起こるということは、以前から言われていましたが、新型コロナウイルスが世界的パンデミックとなり、オンラインサービスの増加から、普通の人もキャッシュレス決済が拡大することが確実なことは想像しやすいと思います。

キャッシュレス決済には現状のクレジットカードでの支払いになると、支払い手数料がかかることや、決済から売主に着金するまでのタイムラグという問題があり、ビットコイン(BTC)を使用した決済では、その問題を解消することが期待できます。

暗号資産(仮想通貨)は送金にかかる時間を大幅に短縮することができ、手数料も格安か、ほとんど無料になる可能性もあります。

⑥ 半減期の到来

半減期とはビットコイン(BTC)のマイニング報酬で得ることができる報酬が半額になる時期のことを言い、過去には2012年11月、2016年7月、2020年5月の3回の半減期があり、その度に大幅な価格上昇を引き起こしています。

理由はビットコイン(BTC)の発行上限が2100万枚と決まっており、半減期の度にマイニング報酬が半額になるため、実質価値が高まっているからです。

現在は半減期を迎えた直後で、まだ価格はそれほど上がっていませんが、2024年の4回目の半減期までに10倍の価格まで上昇するとも言われています

過去2回の半減期後は大きく上昇しているので、今回も上昇する可能性は高いと言えるでしょう。

専門家によるビットコイン(BTC)の価格予想

ビットコイン(BTC)の専門家達は、今後の価格をどう予想しているのかを紹介していきます。

専門家によるビットコイン(BTC)の価格予想

①アーサー・ヘイズ氏(ビットメックスCEO)

②BULLヒロ(暗号資産トレーダー)

③ジョン・マカフィー氏(McAfee創業者) 

① アーサー・ヘイズ氏(ビットメックスCEO)

ビットメックスCEOのアーサー・ヘイズ氏は2020年以降のビットコイン(BTC)価格について「20000ドルまで上昇し、その後しばらく停滞した後に上抜ける」と予想しています。

しかしビットコイン(BTC)が20000ドルという心理的節目まで上昇するには、ビットコイン(BTC)のインフラが今よりも整い、通貨としての信頼性が高まれば可能という条件付きの予想になります。

20000ドルは暗号資産(仮想通貨)バブルと言われたピークの水準なので、仮にここまで上昇すれば現在価格からおよそ2倍の上昇になります。

② BULLヒロ(暗号資産トレーダー)

暗号資産(仮想通貨)有名個人トレーダーのBULLヒロ氏「2020年の価格を現在の水準から大きくは動かない」という予想をしています。

2020年5月に半減期を迎えたビットコイン(BTC)ですが、現在は過去の半減期時より保有してから売却していない割合が増えており、チャート分析でも三角持ち合いと言われる徐々に値動きが縮小されていく状態になっているので、価格はあまり動かずに停滞を続け、大きな資金流入があったタイミングで、大きく上抜け上昇し、50000ドルまで上がると予想しています。

現在は価格のボラリティが小さくなってエネルギーを溜めている状態だと見ることができるので、何かビットコイン(BTC)にとって好材料となることが起きれば、一気に上昇を始めるかもしれません。

③ ジョン・マカフィー氏(McAfee創業者)

ジョン・マカフィー氏セキュリティー会社大手のMcAfeeの創業者であり、ビットコイン(BTC)に対して強気な発言をすることから話題の人物です。

ジョン・マカフィー氏は「適性価格は85万ドルだ」と発言しており、非常に強気な予想を立てています。

以前には「ビットコイン(BTC)は100万ドルまで上昇する」と言っておりましたが、実際は「新規ユーザーを呼び込む為の発言」だとして撤回していました。

色々な専門家の意見を参考にしながら、将来価格を予想するようにしてください。

ビットコイン(BTC)が抱えている今後の課題点

ビットコイン(BTC)が現在抱えている今後の課題点についても紹介していきます。

以下の問題が解決されれば、価格が上昇する可能性が高いです。

ビットコインの今後の課題点

①世界各国における暗号資産(仮想通貨)への規制

②スケーラビリティ問題の改善

③取引所におけるハッキングリスク

① 世界各国における暗号資産(仮想通貨)への規制

現在ビットコイン(BTC)は通貨としての市場が未熟で、価格の安定性がないことや、ハッキングによるリスクから、世界中で暗号資産(仮想通貨)へ規制が行われています。

ビットコインETFの申請が即座に承認されないのも、こういった規制などが原因で、ビットコイン(BTC)の今後は規制状況によって大きく変わってくるでしょう。

ビットコイン(BTC)の取引量やユーザー数が増え、一般的に利用されるようになれば、当然規制も解除されるはずなので、やはり暗号資産(仮想通貨)インフラを整え、セキュリティをさらに強化していくことが重要になるでしょう。

② スケーラビリティ問題の改善

ビットコイン(BTC)の取引量が大きくなることでスケーラビリティ問題に必ず直面します。

スケーラビリティ問題とは取引量が多くなることにより、処理が追いつかなくなる問題で、送金時間が遅くなってしまいます。

ビットコイン(BTC)は暗号資産(仮想通貨)の中でも最も取引量が多く、スケーラビリティ問題を解決しない限り、今後の普及は難しいと言われています。

しかし先ほど紹介したライトニングネットワークの実装が行われれば、改善される可能性が高いので、あまり悲観的にならないで良いでしょう。

③ 取引所におけるハッキングリスク

暗号資産(仮想通貨)はハッキング事件が頻繁にあり、資産が盗まれるリスクがあります。

ビットコイン(BTC)が今後成長するには強固なセキュリティ対策を行い、通貨としての信頼性を高めていかなければなりません。

とはいえハッキング対策は日々進歩しており、コールドウォレット・ホエールアラート・2段階認証などの対策を行っている取引所が多いです。

実際にビットコイン(BTC)を購入する場合は、セキュリティ対策をしっかり行っている取引所を選ぶように気をつけましょう。

ビットコインを買うならココ!おすすめ取引所ランキング!

ビットコイン(BTC)を購入する際におすすめの取引所をランキング形式で紹介していきます。

以下の4つの取引所は、全て国内大手取引所だけを厳選した優良取引所なので、この中からあなたに合う取引所を選んでみてください!

ビットコインおすすめ取引所ランキング

第1位:Coincheck(コインチェック)

第2位:bitFlyer(ビットフライヤー)

第3位:DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

おすすめ第1位:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)の特徴

①ビットコイン(BTC)の他に、国内最多となる「12種類」もの通貨を取り扱っている

②スマホアプリが大人気。ダウンロード数は「274万回」を突破!

金融庁正式承認のセキュリティ ④マネックス証券なども手がける東証一部上場企業「マネックスグループ」の傘下なので安心

Coincheck(コインチェック)ビットコイン(BTC)はもちろん国内最多の12種類の暗号資産(仮想通貨)を取引することができる取引所で、スマホアプリから簡単に取引をスタートさせることができます。

スマホアプリは初心者の方でも非常に使いやすい操作性で、シンプルなチャート機能からワンタッチでビットコイン(BTC)を購入することが可能です。

金融庁も正式に承認しているほどの高いセキュリティで、これからビットコイン(BTC)に投資をしてみたい方におすすめできる優良取引所です!

おすすめ第2位:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴

2014年からサービスを展開している、とっても歴史のある暗号資産(仮想通貨)取引所!

②たくさんのユーザーが利用しており、なんとビットコインの取引量は国内No.1!

取引手数料・入金手数料が全て無料

国内でも多い「8種類」もの暗号資産(仮想通貨)に対応している

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内No. 1のビットコイン(BTC)取引量を誇る国内大手の取引所で、取引手数料・入金手数料全てが無料で利用することができます。

2014年から暗号資産(仮想通貨)事業を行っている歴史ある取引所で、高いセキュリティから多くのユーザーがbitFlyer(ビットフライヤー)で取引しています。

取り扱い通貨は国内でも非常に多い、ビットコイン(BTC)を含めた8種類の通貨を取引することができます。

ビットコイン(BTC)の取引量が多く、安定感のある取引所なので、初心者から上級者までおすすめできる取引所です!

おすすめ第3位:DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMM Bitcoinのポイント

①数々の事業を展開する大手企業「DMMグループ」の傘下にある取引所

口座開設でもれなく1000円もらえる!

レバレッジ4倍まで取引可能

④レバレッジ取引に特化しており、ビットコイン(BTC)を含めて「11種類」もの暗号資産(仮想通貨)FXに対応!

DMM Bitcoinは様々な事業を展開しているDMMグループが運営している取引所で、モデルのローラさんがCMを行っているので有名ですね。

ビットコイン(BTC)で大きく稼ぐことができるレバレッジ取引を4倍まで行うことができ、ビットコイン(BTC)以外にも8種類の通貨に投資することが可能です。

口座開設をするだけで1000円もらえるキャンペーンを行っているので、試しに利用してみることをおすすめします!

キャンペーン期間:2021年4月1日 7時00分~2021年6月1日 6時59分まで

ビットコイン(BTC)の今後・将来性 まとめ

ビットコイン(BTC)の今後と将来性まとめ

①ビットコイン決済が普及している

②ビットコインETFの承認

③Bakkt(バックト)の普及

④ライトニングネットワークの実装

⑤キャッシュレス決済の拡大

⑥半減期の到来

ビットコイン(BTC)は今後半減期を迎えたことにより、大幅な価格上昇の可能性があり、直面する課題も解決に向かっていて、高い将来性があると期待できます。

ビットコイン(BTC)に投資を始めるタイミングとしては、今まで最も理想的だと言えるので、これから購入を考えている方は、紹介したセキュリティレベルの高い大手取引所で取引してみてください!