ビットコイン取引所BitstampとハードウォレットメーカーTrezorが新たなパートナーシップを締結

ビットコインの世界は、まだそのエコシステムが”早期導入”の成長過程の真下にあるため、威圧的で、不便で、支離滅裂に見えることもあるかもしれない。ビットコインの利用者はビットコインのセキュリティと利便性の向上を望んでいるため、半年ごとに新しい製品を試すよりは、名の知れた信頼のできる製品を好むことが多い。

先日、ビットコイン業界でその名を確立しているBitstampとTrezorが、双方の顧客ベースの成長率を今まで以上に迅速かつ容易に増加させるべく、新たなパートナーシップを締結している。

 

向上したセキュリティとユーザー体験

 

多くの場合、Bitstampを利用する際には、所有するビットコインをTrezorからサードパーティのビットコインウォレットや、myTrezor.comへ移動させなければならないが、取引所に一端移動させるような不必要な手順を踏む必要性は最早なくなる。現在では、数秒で、数回クリックするだけで、1つのインターフェース上で予定している資金の移動を簡単に終えることが出来る。資金の引き出しや、直接Trezorにビットコインを移動させる際も同様だ。