ビットコインに実は40年の歴史【サイファーパンク宣言を読む】全文和訳掲載

  去る1月4日、ビットコインが9回目の誕生日を迎えた。値動きばかりが注目されているが、この機会にビットコインが誕生するまでの歴史を紐解いてみるのもよいだろう。

 ビットコインの誕生は、考案者であるサトシ・ナカモトの功績とされがちだが、その開発の起源は70年代にまで遡ることができる。80年代後半にはじまった「サイファーパンク」運動は、サトシ・ナカモトと同じくらい、暗号通貨の発展に寄与したことは認められるべきだ。

 米経済コメンテーターのマックス・カイザー氏によると、ビットコインに投資する前にサイファーパンクたちの歴史を調べることが賢明だという。

 暗号化技術はもともと70年代後半に米政府機関と軍によって開発され、その後IBM等の企業に公開された。そして90年代初頭、エリック・ヒューズ、ティム・メイ、ジョン・ギルモアによってサイファーパンク運動が正式に立ち上げられた。

 サイファーパンクメーリングリストを軸にしたこの集まりには、ウィキリークス創始者のジュリアン・アサンジ、ビットトレントのブラム・コーヘン、ハッシュキャッシュ開発者のアダム・バック、PoW(プルーフオブワークと呼ばれるPCのハッシュ計算量によって仮想通貨を採掘する方法)を考案したハル・フィニーが含まれる。

 ビットコインの父とされるサトシ・ナカモトもそのホワイトペーパーの中で、アダム・バックとb-money開発者ウェイ・ダイを引用している。

 「ビットコインはなにもない所から生まれたわけではなく実は40年の歴史がある。これらさまざまな技術を統合して進化してきたのだ。」

 「出発点はプライバシー保護だった。それをどのように電子的に保護するかというところからスタートし、今、私たちがいるところまでたどり着いた。サイファーパンク運動は始まりのムーブメントだったのだ。サイファーパンクたちについて学ぶことなくビットコインを買うべきではない。」(カイザー談)

 コインテレグラフジャパンでは、サイファーパンクの創始者の一人でメーリングリストの管理者でもあったエリック・ヒューズによって著された「サイファーパンク宣言」(1993年)をここに和訳し掲載する。

サイファーパンク宣言

エリック・ヒューズ

プライバシーはデジタル時代の開かれた社会において必需品だ。ただしプライバシーは秘密主義とは違う。プライベートなことというのは世間に知られたくないことで、秘密というのは誰にも知られたくないことだ。プライバシーというのは選択的に自己開示する力のことをいう。

二者間のやり取りについて当事者はそれぞれの記憶をもっている。各当事者がその記憶について話すことについて誰がこれを妨げることができようか。法律で禁止することはできるかもしれないが、開かれた社会においてプライバシーより大事なのは言論の自由であり、我々はいかなる言論を制限することはない。複数の人が同じ場で議論し、それぞれの人が全員に話すことができ、そこにいる個人と他人についての情報を集約できる。電子コミュニケーションの力がそういった集団における言論を可能にした。そしてそれは今後もなくなることはない。

プライバシーが欲しければ当事者は取引に直接必要な情報だけを持たなくてはならない。どんな情報でも話してしまうことができるので、できる限り開示量を少なくしたい。ほとんどの場合個人情報は顕著ではなく、例えば店で店舗を買うため現金を店員を渡す時、自分が誰であるかを知られる必要はない。電子メールを送受信する際、プロバイダは宛先や内容を知る必要はない。だがやり取りの根底にあるメカニズムによって私の個人情報が明かされた時、「プライバシーが無い」といえる。こういった状況において私は選択的に個人情報を開示できないことになる。逆に、常に個人情報を晒していなくてはならない状態だ。

だから、開かれた社会においてはプライバシーには匿名の取引システムが必須だ。今までは現金がそのようなシステムのうち主要なものだった。匿名取引システムは秘密の取引システムではない。匿名システムは個人が望む時にのみ個人情報を明かす力を与える。これがプライバシーのエッセンスだ。

開かれた社会におけるプライバシーを実現するためには暗号技術が必要だ。特定の人だけに発言したくても、内容が世界にわかる状態だとプライバシーがないことになる。暗号化するというのはプライバシーへの欲求を示すことだが、薄弱な暗号学で暗号化することはプライバシーへの欲求がそんなにないことを示す。さらに、匿名がデフォルトである場合に個人情報を開示して証明する際も暗号技術をつかった署名が必要となる。

政府や企業、または他の顔のない巨大組織が慈悲深く我々にプライバシーを与えてくれると期待してはならない。我々の個人情報は彼らを利するものであり、彼らはそれを誰かに明かしてしまうということ覚悟しなくてはならない。彼らの口をふさごうとするのは情報社会の現実に歯向かうようなものだ。情報は自由になりたいのではなく、自由を熱望しているのだ。情報は空きのあるストレージを埋めるため拡大するものだ。情報は「風説」の若くて逞しい従妹だ。情報は風説より足が速く、目が良く、より多く知っている。だが風説より理解されない。

プライバシーが欲しければ自分たちの手で守らなくてはならない。力をあわせ匿名取引を実現するためのシステムをつくらなくてはならない。歴史の中で人々がプライバシーを守る方法は囁きや暗闇、封筒や締め切った部屋、そして秘密の握手や小包だった。電子テクノロジーはこういった過去のテクノロジーと違い、強いプライバシーを保証する。

我々サイファーパンクは匿名システムの建設に献身する。暗号学をはじめ匿名のメール転送システムやデジタル署名、そして電子マネーを使ってプライバシーを守る。

サイファーパンクはコードを書く。我々はプライバシーを守るためには皆がソフトウェアを書かなくてはならないことを知っており、コードを書いていく。また書かれたコードは公開し、サイファーパンクの仲間たちがこれを使用し発展させることができるようにする。そしてこれらコードは世界中どこでも無料で提供する。我々が書くソフトウェアを気に入らない人がいても気にしない。ソフトウェアは破壊することができず、広く分散したシステムは封鎖することができないのを知っているからだ。

サイファーパンクは暗号技術に対する規制を嘆く。暗号化は根本的にプライベートな行為だからだ。暗号化という行為は事実、公共領域から情報を取り除く。暗号技術を規制する法律さえ国境と国家という暴力的権力の手の届く範囲にしか意味をなさない。必然的に全世界に広がる暗号技術によって匿名取引システムが実現する。

プライバシーが普及するためには、それが社会契約の一部とならなくてはならない。人々は力を合わせて共通の利益のためこれらシステムを展開しなくてはならない。プライバシーは社会における仲間との協力度合いに比例して実現する。我々サイファーパンクは皆からの質問や懸念を求める。一緒に議論を行い、偽善を防ぐためだ。しかし目的に賛同できない人がいたとしても我々の歩みを止めることはない。

サイファーパンクはプライバシーのために、ネットワークをより安全にする努力を活発に続けている。共に歩もうではないか。

前進しよう。

エリック・ヒューズ

1993年3月9日

  • フォローはこちら: