リップルニュース

リップルは、法定通貨や仮想通貨、さらに商品取引や送金業務までサポートする即時グロス決済システムだ。プラットフォームのネイティブ仮想通貨は、Ripples(XRP)だ。 リップルはリップル社によってつくられたが、共有台帳により、リップルなしで機能することができる。ウニクレジットやUBS、サンタンデールなどのきぎょうで使われているリップルは、決済インフラ技術として銀行や決済ネットワークに採用されるようになっている。ネットワーク内での決済のスピードや技術の安定性、通貨を橋渡しできるXRPの能力が評価されているためだ。 リップル立ち上げ時に作られた1000億XRPがプロトコルのルールに従った通貨の上限だ。作成された1000億XRPのうち、200億XRPが創設者たちの下に保持され、残りの80%がRipple Labsに販売された。

価格分析
コインテレグラフ定番!主要仮想通貨のテクニカル分析(4月3日)
9000ドル回復に向けた強気シナリオは? | ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析
Rakesh Upadhyay
2020-04-04T10:18:06+09:00
ニュース
仮想通貨のカストディ(保管・管理)を手掛ける米アンカレッジは2日、仮想通貨XRPをサポートすると発表した。
機関投資家向けカストディのアンカレッジ、仮想通貨XRPのサポートを開始
Cointelegraph Japan
2020-04-03T09:45:00+09:00
価格分析
コインテレグラフ定番!主要仮想通貨のテクニカル分析(4月1日)
新しい上昇トレンド開始となるか | ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析
Rakesh Upadhyay
2020-04-02T09:53:54+09:00
ニュース
米国証券法違反としてリップル社に対して集団訴訟が起きている問題で、3月25日に修正訴状が提出された。原告側は、一部の主張について「XRPが証券でないというもう1つの理論」を想定して行った。
リップル集団訴訟 「仮想通貨XRPが証券でない理論」も想定
Jack Martin
2020-04-02T07:50:51+09:00
ニュース
オーストラリア国立大学(ANU)のロースクールは、修士課程に2つの新しいコースを展開し、法律分野へのブロックチェーンへの影響を調査する。
リップルがオーストラリア国立大学の研究支援、法律分野へのブロックチェーン適用調査
Samuel Haig
2020-04-01T17:02:42+09:00
価格分析
コインテレグラフ定番!主要仮想通貨のテクニカル分析(3月31日)
9000ドルも視野に|ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析
Rakesh Upadhyay
2020-03-31T09:01:25+09:00
ニュース
リップル社による仮想通貨XRPの最初のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)が証券法に違反していると主張する集団訴訟で、新たな動きがあった。
仮想通貨XRPの有価証券性を巡る集団訴訟、原告側が修正訴状を提出 リップルCEOを非難
Samuel Haig
2020-03-28T13:32:35+09:00
価格分析
コインテレグラフ定番!主要仮想通貨のテクニカル分析(3月27日)
今後の仮想通貨相場はどう動くか? ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析
Rakesh Upadhyay
2020-03-28T10:12:07+09:00

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー