リップルニュース

リップルは、法定通貨や仮想通貨、さらに商品取引や送金業務までサポートする即時グロス決済システムだ。プラットフォームのネイティブ仮想通貨は、Ripples(XRP)だ。 リップルはリップル社によってつくられたが、共有台帳により、リップルなしで機能することができる。ウニクレジットやUBS、サンタンデールなどのきぎょうで使われているリップルは、決済インフラ技術として銀行や決済ネットワークに採用されるようになっている。ネットワーク内での決済のスピードや技術の安定性、通貨を橋渡しできるXRPの能力が評価されているためだ。 リップル立ち上げ時に作られた1000億XRPがプロトコルのルールに従った通貨の上限だ。作成された1000億XRPのうち、200億XRPが創設者たちの下に保持され、残りの80%がRipple Labsに販売された。

価格分析
7月9日にビットコインが反落したため、アルトコイン価格も下落している。ただ多くはサポートを上回っており、上昇トレンドが再開することを示唆している。
上昇トレンドは再開するか ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析
Rakesh Upadhyay
2020-07-11T10:35:58+09:00
2158
ニュース
大手銀行であるサンタンデール銀行が、仮想通貨(暗号資産)・ブロックチェーン開発企業リップル(Ripple)と共同で構築した国際決済アプリ「One Pay FX」の利用可能な地域に19の地域を追加した。
大手金融機関サンタンデール、リップルと提携した決済アプリで対象地域を拡大
Benjamin Pirus
2020-07-10T13:49:16+09:00
2144
価格分析
ビットコインはレンジ内の値動きとなっているが、アルトコインは回復しつつあり、トレーダーのアルトコインへの関心が高まっていることを示している。
アルトコインに勢い ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析
Rakesh Upadhyay
2020-07-09T11:22:47+09:00
3788
ニュース
マネックス証券の広報担当者は、コインテレグラフジャパンに対して、今後CFDの対象となる仮想通貨の種類拡大について、「取引需要とか流動性リスク、価格変動リスク、暗号資産のブロックチェーンネットワークリスクなどを踏まえて適時検討予定」と述べている。
マネックス証券が仮想通貨デリバティブを正式発表、取り扱い通貨拡大は「リスクなど踏まえ適時検討」
Cointelegraph Japan
2020-07-08T14:45:00+09:00
1781
価格分析
ビットコインとアルトコインは上昇しており、トレンドが反転する兆しを見せている。
仮想通貨にトレンド反転の兆し ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析
Rakesh Upadhyay
2020-07-07T10:34:20+09:00
4662
価格分析
ビットコインや多くのアルトコインは20日間移動平均線を上抜けようと奮闘しているが、短期的には弱気派が優勢であるようだ
短期的には弱気派が優勢か ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析
Rakesh Upadhyay
2020-07-04T10:37:39+09:00
3959
価格分析
仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)が8825ドル以下では売りが出なかったため、弱気派は6月27日の上昇トライアングルのトレンドラインからのブレイクダウンを利用できなかった。
トレンドライン抜けても厳しい抵抗も ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析
Rakesh Upadhyay
2020-07-02T09:47:50+09:00
2867
価格分析
ビットコインの価格は上昇トレンドラインのトレンドラインを下回っており、BTCとアルトコインのさらなる弱気な価格行動を示唆している。
主要仮想通貨で買いは復活するか? ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析
Rakesh Upadhyay
2020-06-30T10:28:38+09:00
3494
ニュース
SBIホールディングスは今年夏にも、個人投資家向けに仮想通貨(暗号資産)ファンドを設定し、個人投資家への提供を開始する。26日に開催された経営近況報告会の中で、SBIの北尾吉孝CEOが明らかにした。
個人投資家向け仮想通貨ファンド、SBIが今年夏にも提供開始 |XRPやビットコイ、イーサで運用
Cointelegraph Japan
2020-06-27T10:25:00+09:00
3089
価格分析
仮想通貨ビットコインは勢いを失いそうになっており、8200ドルを下回れば、深刻な調整局面に入るだろう。
9000ドルを維持できるか ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析
Rakesh Upadhyay
2020-06-27T08:45:26+09:00
3811
ニュース
リップルの共同創業者兼会長のクリス・ラーセン氏は、米国と中国との間で「次世代の金融システム」を巡る競争が始まっていると主張している。
次世代の金融システムを巡る米中テック冷戦、「米国はブロックチェーンへの関与を強化せよ」 リップル会長が警鐘
Cointelegraph Japan
2020-06-25T18:50:00+09:00
3275
価格分析
コインテレグラフ定番!主要仮想通貨のテクニカル分析(6月25日)
主要仮想通貨は正念場に ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析
Rakesh Upadhyay
2020-06-25T09:19:11+09:00
3920
ニュース
龍門キャピタルのサニー・ワン氏は中国でのXRP人気凋落の背景には「目的の曖昧さ」があるとみている。一体どういうことなのか?ワン氏が最新のYOUTUBEチャンネルで解説する。
「完全に冷え切ってしまっている…」中国人と仮想通貨XRP(リップル)
Cointelegraph Japan
2020-06-23T20:20:00+09:00
10551
ニュース
仮想通貨(暗号資産)企業リップルにとって、国境を越えたクロスボーダー決済の次の実証地となるのはアジアのようだ。
仮想通貨XRPを使った決済ソリューション「ODL」、2021年までにアジアで拡大に期待=SBIリップルアジアCEO
Turner Wright
2020-06-23T16:53:39+09:00
4580
価格分析
ビットコインは、ボラティリティが今後数日間で上昇すると予想されているため、複数の強気シグナルが点灯している
BTCに強気シグナルが点灯 ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析
Rakesh Upadhyay
2020-06-23T09:02:00+09:00
4283
マーケット
かつてはドミナンス1位で「王者」であったXRP。王者奪還はあるのか?仮想通貨取引所ビットバンクの長谷川友哉氏が6月20日のブログの中で分析した。
仮想通貨XRP、日本での”王座奪還”はあるか?ビットバンクが分析
Cointelegraph Japan
2020-06-20T18:15:00+09:00
11802
価格分析
コインテレグラフ定番!主要仮想通貨のテクニカル分析(6月20日)
強気派と弱気派のバランスが拮抗 ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析
Rakesh Upadhyay
2020-06-20T10:11:16+09:00
3862
ニュース
米リップル社はインドでの仮想通貨(暗号資産)を規制するための政策フレームワークを提案している。
「インドで仮想通貨XRP普及を」リップル社がポリシーペーパー提案
Helen Partz
2020-06-19T10:01:52+09:00
1944
ニュース
リップル社が率いる企業連合が世界共通の支払い識別子(Identifier)「PayID」を立ち上げた。リップル社が6月18日に発表した。
リップル率いる企業連合、PayIDを立ち上げ 支払いネットワークの相互互換性実現へ
Cointelegraph Japan
2020-06-19T08:35:00+09:00
2163
価格分析
コインテレグラフ定番!主要仮想通貨のテクニカル分析(6月18日)
BTCは9600ドル突破に苦戦 ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析
Rakesh Upadhyay
2020-06-18T10:12:27+09:00
2715
ニュース
「仮想通貨(暗号資産)XRPは証券ではない」米商品先物取引委員会(CFTC)の前委員長であるクリス・ジャンカルロ氏が6月17日に発言した。同氏によると、XRPは投資契約の該当性を規定するハウィー・テスト(Howey Test)から証券とは考えられないという。現在上位3通貨の中でビットコイン(BTC)とイーサ(ETH)は...
リップル社とつながり?「仮想通貨XRPは証券ではない」=前CFTC委員長が見解
Jack Martin
2020-06-18T06:56:00+09:00
1358
ニュース
仮想通貨(暗号資産)取引所GMOコインは、ビットコイン(BTC)とXRP(リップル)の取引動向の変化に関する調査を発表した。2019年、GMOコインの販売所サービスではビットコインはリップルの4倍近い取引となっている。
GMOコイン、仮想通貨ビットコインとリップルの取引高を比較 | 2019年にBTCはXRPの4倍近い取引
Cointelegraph Japan
2020-06-16T14:10:00+09:00
2046
価格分析
コインテレグラフ定番!主要仮想通貨のテクニカル分析(6月16日)
主要仮想通貨は反発するか ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析
Rakesh Upadhyay
2020-06-16T10:13:17+09:00
2884
価格分析
コインテレグラフ定番!主要仮想通貨のテクニカル分析(6月12日)
再び1万ドルを超えるには? ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析
Rakesh Upadhyay
2020-06-13T10:24:54+09:00
4846
価格分析
コインテレグラフ定番!主要仮想通貨のテクニカル分析(6月10日)
今後数日以内に大きな値動きか ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析
Rakesh Upadhyay
2020-06-11T10:10:55+09:00
7227
ニュース
米国送金大手マネーグラムは5月の取引数が1年前と比べて100%以上増加したと発表した。マネーグラムは、リップル社が戦略的パートなとして出資している。
リップル出資のマネーグラム、取引数100%超プラスの快進撃
Benjamin Pirus
2020-06-10T07:16:11+09:00
2266

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー