セグウィット2x ニュース

SegWit2xは合意不足が原因で中止となった仮想通貨ビットコイン向けのハードフォーク案である。SegWit2xはオリジナルのビットコイン・プロトコルをアップデートすることにはなっていなかったが、新たなアルトコインを作成し、それをビットコインのブランドで取引することを目指していた。 SegWit2xは2つの段階を経て誕生するはずだった。第一段階はSegregated Witnessの有効化、第二段階はブロックサイズを2メガバイトにするためのハードフォークとなっていた。第一段階は17年8月に無事完了しており、SegWitは現在、ビットコインのトランザクションのうち約30%でトランザクション・プロトコルとなっている。だが、第二段階は十分な支持を得ることができずに中止された。アイデアは利用者からの十分な支持を得るのに失敗したものの、ハードフォークの必要性をめぐる議論は終わっていない。このアイデアが合意を得られるほど説得力のあるものではなかったにせよ、ビットコインの改善を目的とした新たな提案が出される余地はまだあるかもしれない。しかし、SegWit2xの復活に関するニュースは今でも時々持ち上がっている