帰ってきたセグウィット2x?12月28日に実施か

 ビットコインの分岐案であるセグウィット2xが12月28日に実施されると公式サイトが発表している。セグウィット2xはブロックサイズの引上げを目指した分岐案で関係者の内紛を引き起こしていたが11月8日にキャンセルされた経緯がある。

 今回発表されたセグウィット2xはビットコインの第501451ブロックで分岐するとしており、事実なら約2日後に実施されることになる。

 同計画の発起人で開発リーダーのジャープ・テルロー氏は公式サイト上で、セグウィット2xの実施を通して「ビットコインネットワークにおける手数料と取引速度」の問題を解決するとしている。同氏によると「ビットコインは決済方法としては使用不可能」。

 セグウィット2xの実施については公式サイトの予定表(ロードマップ)に掲載されているほか、テルロー氏の「11月中旬に計画されていたビットコインのハードフォークを実施する」という言葉が引用されている。

 同氏によると、ビットコイン保有者に分岐コインとなるB2Xが無料で付与されるほか、「進展へのコミットメントの見返りとしてサトシ・ナカモトのビットコイン」も受け取ることができる。この文章の真意は不明だ。

 同サイトによると、B2Xコインの先物取引を扱うHitBTCを含む8つの取引所が同分岐コインを支持。ライトニング・ネットワークやスマートコントラクト、そして匿名取引昨日などもサポートしているという。

 同プロジェクトが再始動を示唆しはじめた19日、B2Xの先物価格は200ドルから600ドルに急進。現在は940ドル付近で推移している。


コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー