ビットライセンス ニュース

ビットライセンスは、仮想通貨を利用するためのビジネスライセンスで、非常に長ったらしい記載の、多くの決まり事や条件を持つ。2015年8月8日に、ニューヨーク州金融サービス局(NYSDFS)により施行された。その内容は概して、デジタル通貨を扱うビジネスに関する、主な規則を規定している。例えば、仮想通貨の管理、維持、保管、保有、発行、交換業務、関連ソフトウェアの開発などである。このライセンスが関係あるのは企業であり、個人はライセンスを使わなくても、取引することができる。ビジネスコミュニティーはこのライセンスを肯定的に受け止めた。このライセンスが法的な枠組みと保護をもたらし、自らの業務の合法性を顧客に証明する必要がなくなるからである。一方で、それらの規則が手間とコストの両方を増加させ、既に赤字となっているところもある。