キャッシュ ニュース

経済学者はキャッシュとは紙幣やコインといったお金の物質的形態であると定義している。一方経理担当者や金融業者は、キャッシュはすぐに利用できる通貨あるいはそれと同等の流動資産であると説明する。中世初期にヴェネチア商人が初めて紙幣を使い始めるまでキャッシュといえばコインだった。今日ではキャッシュの大半はデジタルマネーであり、それがマネーサプライ全体の最大割合を占めている。キャッシュは遠隔決済には不便だし、デジタルマネーほど迅速な決済もできないが、私的に安全な取引をしたい場合には非常に便利である。それでも今、仮想通貨が徐々にキャッシュに取って代わりつつある。2016年にはイギリス人の7人に1人がもはやキャッシュは使っていなかったと報じられている。このことから近い将来キャッシュレス社会が到来すると言えるかもしれない。事実今や世界の多くの場所でキャッシュレス社会が提案されつつある。