ビットコイン関連規制ニュース

金融規制は、各国の金融システムを維持することを目的とし、政府によって企業や金融機関に課される。 これらの規制は、時に金融システムを利用するエンドユーザー(一般市民)に不利益をもたらし、大抵の場合、その事実を考慮することなく導入される。 ビットコインはいかなる中央集権的な機関に支配されず、そのような悪影響を受けることはないとされる。

 

関連タグ:

ニュース
英国の金融行動監視機構(FCA)は、仮想通貨の知識がある専門家を募集している。2月6日にリンクトインに募集要項を公開した。
英規制当局FCA、5AMLD対応に向け仮想通貨の専門家を募集【ニュース】
Helen Partz
2020-02-07T12:35:00+09:00
ニュース
「クリプト・ママ」こと、米SECヘスター・ピアース委員は仮想通貨やトークンの開発に3年の規制猶予期間を求める「セーフハーバー」を提案した。
SECの「クリプト・ママ」、仮想通貨やトークン開発に3年の猶予提案【ニュース】
Helen Partz
2020-02-07T08:56:00+09:00
ニュース
米国司法省は1月30日、ダークウェブの闇サイト「シルクロード」相談役のロジャー・トーマス・クラーク被告が、違法薬物の密売を共謀した罪を認めたと発表した。
ダークウェブの闇サイト「シルクロード」相談役、米裁判所で有罪を認める【ニュース】
Jack Martin
2020-02-02T09:00:00+09:00
ニュース
ブロックチェーン企業OmiseGoが手掛ける仮想通貨取引所Go.Exchangeが、3月15日でサービスを停止する。Go.Exchangeが30日にブログで発表した。
OmiseGoの仮想通貨取引所Go.Exchangeが事業停止へ、「規制の複雑化と不確実性」が理由【ニュース】
Cointelegraph Japan
2020-01-31T12:15:00+09:00
ニュース
1月30日に開催された米国議会公聴会において、トム・エマー共和党議員は、デジタル決済に関する批判・規制が技術革新を遅らせかねない点について、懸念を表明した。
米国議員、デジタル決済関連の公聴会で仮想通貨への規制に対する懸念を表明【ニュース】
Benjamin Pirus
2020-01-31T12:08:00+09:00
ニュース
仮想通貨ブローカーBCBグループの仮想通貨に特化した決済処理BCBペイメンツは、英国の金融行動監視機構(FCA)から承認を得た決済機関(API)として、ライセンスを取得した。BCBグループが1月29日に発表した。
BCBグループが英当局からライセンス取得 仮想通貨決済・取引・カストディサービスを一式で提供可能に【ニュース】
Helen Partz
2020-01-30T12:32:00+09:00
ニュース
著名起業家ウィンクルボス兄弟が運営する米仮想通貨取引所「ジェミニ」の欧州版は、新しいチーフ・コンプライアンスおよびマネーランドリング(資金洗浄)・オフィサーに、ブレア・ハリデイ氏を指名した。1月28日にプレスリリースで述べた。欧州でのサービス拡大を視野に入れているとされる。
仮想通貨取引所ジェミニ、欧州での事業拡大に向け新たなコンプラ責任者を指名【ニュース】
Marie Huillet
2020-01-29T14:02:00+09:00
ニュース
インド政府が設立した非営利公共団体であるスマート政府研究所(NISG)は、同国のブロックチェーンに関する国家戦略の草案が公開された。12月30日に発行された文書で、ザ・エコノミック・タイムズ・オブ・インディアなどが同草案に関して1月28日に報じている。
インド、ブロックチェーンの国家戦略草案を公開 デジタル・ルピーなど提案【ニュース】
Helen Partz
2020-01-29T11:23:00+09:00

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー