Marie Huillet

ジャーナリズムと出版業界での経歴を持ち、映像作家として独立。 元々遊牧民で、彼女はこの10年間で5つの国で生活を送っていた。私たちの生活環境を再構築するブロックチェーン技術の可能性に魅了されている。

記者の投稿

ニュース
5週間の出金停止の後、仮想通貨取引所OKExは日本時間11月26日午後5時に出金を再開した。再開後、1億1000万ドル(約114億円)相当の仮想通貨が流出したことが明らかになった。
OKExから大量の仮想通貨が流出 出金再開直後、ビットコイン急落の時間帯に発生
Marie Huillet
2020-11-27T07:56:16+09:00
2168
ニュース
国際決済銀行(BIS)からの新しい論文では、3人のアナリストがリブラやほかの提案されているステ-ブルコインについて、規制当局がその発行と流通を監視・モニタリングすることを考えさせることになったと指摘している。
ステーブルコインに埋め込み型監視ツール導入を BISレポートが新しい規制方法を提案
Marie Huillet
2020-11-26T14:11:26+09:00
2198
ニュース
日本銀行は2021年に中央銀行デジタル通貨の概念実証を開始する計画だ。マネックスグループの松本大社長は、日銀がCBDCを発行すれば、仮想通貨(暗号資産)にとっても「強烈な追い風が吹く」と考えている。
仮想通貨ビットコイン上昇、「一番大きな理由はペイパル」=マネックスの松本氏が指摘
Marie Huillet
2020-11-25T18:35:57+09:00
10638
ニュース
グラスノードのデータによると、11月19日に最低1ETH以上を持つイーサリアムウォレットアドレスの数が過去最高を記録した。
仮想通貨イーサリアム、1ETH以上を持つアドレス数が過去最高を記録
Marie Huillet
2020-11-21T14:26:23+09:00
8057
ニュース
パリで開催されたV20のパネルディスカッションで、XRegコンサルティングのシアン・ジョーンズ氏は、金融活動作業部会(FATF)に対して「仮想通貨を使ったマネーロンダリングやテロ資金供与のリスクに対処するため、完全に新しいアプローチを見出さなければならない」と話した。
「目を覚まして コーヒーの香りを」DeFiなど仮想通貨規制で方向転換訴える=V20パネリスト
Marie Huillet
2020-11-19T09:39:35+09:00
2272
ニュース
「ビットコインは支払手段としては失敗した」というのはビットコインに対する一般的な批判の1つだが、フィデリティ・デジタルアセットが反論しようとしているものでもある。11月13日に公開されたブログ投稿で、同社はビットコインのボラティリティ、環境への負荷、違法行為への使用といった批判を取り上げ、それらに反論している。
仮想通貨ビットコインは支払手段として失敗? BTCへの一般的な批判にフィデリティが反論
Marie Huillet
2020-11-17T10:31:00+09:00
2694
ニュース
16日から開催されているV20会議では、FATF事務局長兼G20副長官であるデビッド・ルイス氏が、規制の導入と対応がこれまでどのように進められてきたかを説明した。
「仮想通貨企業はトラベルルールを遵守していない」=FATF事務局長
Marie Huillet
2020-11-17T10:00:55+09:00
1976
ニュース
米証券取引委員会(SEC)は、ジェイ・クレイトン委員長が今年12月末までに退任すると発表した。ビットコインETF承認拒否など仮想通貨業界に対して厳しい姿勢を示してきた同委員長が退任することで、米国の規制の流れが変わるかもしれない。
SEC委員長、年内で退任 ビットコインETFへの影響必至か
Marie Huillet
2020-11-17T06:44:46+09:00
2377

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー