仮想通貨関連のプライバシーや匿名通貨関連ニュース

仮想通貨ビットコインの誕生に先駆け、その思想的土台となった米サイファーパンク運動の発起人の一人、エリック・ヒューズ (Eric Hughes) はその「サイファーパンク宣言」(1993年)の中で、「プライバシーは選択的に自己開示する力」と定義した。私的な事柄を秘密にしておく権利という受動的な意味合いではなく、個人が自由と独立の原則に基づいて積極的に生きるために不可欠な力であるという定義は当時広い共鳴を呼んだ。それから約15年後に誕生したビットコインを使った取引は、2019年時点でも、匿名性とプライバシー性能という点でまだ多くの課題を抱え、物理的な現金(キャッシュ)にはあるファンジビリティ(代替性、Fungibility)がないと言われる。ブロックチェーンが分散型の開かれた台帳であるということに加え、アドレスや取引等からIPアドレスを追跡することが可能だからだ。ビットコインによる取引の匿名性を高める技術や手法は存在するが、初心者にはまだまだ難易度が高い。ライトニング・ネットワーク(Lightning Network)、ダンデリオン(Dandelion)、ミンブルウィンブル(MimbleWimble)等の開発が進み実装されていくことで、仮想通貨・ビットコインのプライバシー性能は高まっていくと見られる。ちなみに複数国の金融規制当局は、資金洗浄に悪用されることを恐れ、プライバシー性向の高い仮想通貨(匿名通貨)の所有や取引を事実上禁止している。

ニュース
ウイルス対策ソフト創業者のジョン・マカフィー氏は22日、自身が開発するプライバシーコイン(匿名通貨)「Ghost(ゴースト)」などを扱う「ゴースト分散型取引所」の運営を開始したと発表した。ゴースト分散型取引所はこれまで発表していた「McAfeeDex」をリニューアルしたもの。
マカフィー氏の分散型取引所がリニューアル「Ghost」の取り扱いも
Emilia David
2020-06-22T15:50:15+09:00
4390
ニュース
オンライン会議ツール「Zoom」を提供する米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズは17日、同社アプリにエンドトゥーエンド暗号化(E2EE)を導入したと発表した。
Zoomの暗号化機能、無料ユーザーにも提供へ 7月からベータ版開始
Felipe Erazo
2020-06-18T09:32:30+09:00
1413
ニュース
暗号に支えられたブラウザ、ブレイブ(Brave)は、中国、ロシア、インドネシア、ベトナムそしてウクライナでユーザー紹介プログラムを停止した。6月11日の発表によると、これらの地域で「多数の不正紹介者」を検知したためだという。
分散型ブラウザ「ブレイブ」の紹介プログラム、中国やロシアなどで停止 「不正を検知」
Stephen O'Neal
2020-06-14T11:00:00+09:00
6984
ニュース
ブロックチェーンの不正取引を追跡するチェイナリシス(Chainalysis)は、6月8日、プライバシーコインのダッシュとジーキャッシュをサポートすると発表した。
「仮想通貨ダッシュとジーキャッシュの追跡も可能」=チェイナリシス
Michael Kapilkov
2020-06-09T07:02:00+09:00
1700
ニュース
ブロックチェーンベースのソーシャルメディアネットワークである「ボイス(Voice)」が7月4日にサービスを開始すると発表した。
仮想通貨EOS使ったソーシャルメディアVoice、7月4日にサービス開始へ
Turner Wright
2020-06-08T11:42:48+09:00
2963
ニュース
プライバシーを重視する分散型ブラウザのブレイブ(Brave)から仮想通貨取引所バイナンスや米子会社のバイナンスUSにアクセスすると、自動的にアドレスバーにアフィリエイトリンクが挿入される問題が発生した。
分散型ブラウザのブレイブ、仮想通貨取引所バイナンスのアフィリエイトリンクが自動で挿入されるエラーが発生
Samuel Haig
2020-06-08T08:13:12+09:00
1843
ニュース
ビデオ会議サービスのズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(Zoom)は無料ユーザー向けには通話を暗号化しないようだ。2日の電話会議で同社のエリック・ユアンCEOが明らかにした。
Zoomの暗号化機能、有料ユーザーに限定 悪質利用はFBIと連携進める
Stephen O'Neal
2020-06-04T10:06:41+09:00
1361
ニュース
ハンガリーに拠点を置く研究者らで構成されるチームが5月29日、イーサリアムのブロックチェーンを分析してどれほど簡単に取引の匿名化を破れるかを調査した論文を発表した。
「仮想通貨イーサリアムの匿名性はビットコインよりも著しく低い」 新たな研究論文が指摘
Andrey Shevchenko
2020-05-31T11:00:00+09:00
5998
ニュース
ステーブルコイン「SAGA(SGA)」プロジェクトを進めている英ロンドン拠点の仮想通貨企業SAGA(サガ)創業者のイド・サデ・マン氏はバスケット型で裏付けされたデジタル通貨がハイパーインフレが起こった時の世界経済の答えになるとの考えを示した。
ステーブルコイン「SAGA」創業者、「バスケット型通貨はハイパーインフレ対策の答え」
Ting Peng
2020-05-18T09:08:04+09:00
2648
ニュース
ビデオ会議サービス「Zoom」を運営する米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズは、5月7日、新型コロナウイルス蔓延による外出自粛が世界的に続く中で通信データの暗号化技術を持つ米新興企業のキーベースを買収したと発表した。
Zoom、キーベースを買収 プライバシー問題対応で
Marie Huillet
2020-05-09T06:25:36+09:00
2340
ニュース
非営利の技術コンソーシアムであるリナックスファンデーションは5日、マスターカードやIBMなど業界大手企業などとともに、新しいデータプライバシープロジェクトを発表した。
マスターカードやブロックチェーン企業R3、リナックスファンデーションのデータプライバシプロジェクトに参加
Helen Partz
2020-05-06T16:51:48+09:00
3327
ニュース
分散型ソーシャルメディア(DeSM)プロジェクト「Society2(ソサイエティ2)」は5日、ウェブサイトを公開した。
分散型SNSフレームワークのSociety2がウェブサイト公開|IOTA採用でユーザーのプライバシー問題を解決へ
Helen Partz
2020-05-06T10:48:10+09:00
1271
ニュース
広告を表示することで仮想通貨(暗号資産)BATが得られるウェブブラウザ「ブレイブ」で、同機能を使っているユーザーが全体の12.32%のみであることがわかった。
仮想通貨機能を利用しているブレイブユーザーはわずか=エイクCEO
Adrian Zmudzinski
2020-05-06T08:11:35+09:00
1485
ニュース
分散型ブラウザのブレイブは、4月27日に欧州委員会に対して、一般データ保護規則(GDPR)に十分に対応していないEU諸国に何らかの措置を取るように求めた。ブレイブは、先月にグーグルを一般データ保護規則(GDPR)違反で正式に訴えている。
欧州裁判所への訴訟も 分散型ブラウザ「ブレイブ」、GDPR規制で欧州委員会に働きかけ
Michael Kapilkov
2020-04-30T08:29:41+09:00
1911
ニュース
LGのITサービス子会社LG CNSは、人工知能(AI)基盤の顔認証技術を使ってユーザーが仮想通貨決済を実行できる試験を実施している。ITタイムズが4月23日に報じた。
韓国LG子会社、AI活用した顔認証で仮想通貨決済の試験を実施
Ana Alexandre
2020-04-24T17:17:41+09:00
1125
ニュース
オランダのブロックチェーンチケット発券会社GUTSは、感染症パンデミックのリスクを最小限にすることを目指した公共の場所での人混みなどを管理するブロックチェーン基盤システムを考案した。4月22日に発表した。
オランダのブロックチェーン企業、人混み管理システム考案 | 新型コロナ対策のソーシャルディスタンス確保で
Cointelegraph
2020-04-23T16:05:45+09:00
1210
ニュース
ロシア政府は、テレグラムのメッセージアプリ禁止令を解除することを検討している。同国ニュースのコメルサントが4月22日に報じた。新型コロナウイルスの影響だと見られる。
ロシア政府、テレグラムのメッセージアプリ解禁を検討 | 新型コロナウイルスの影響で
Helen Partz
2020-04-23T15:08:00+09:00
1175
ニュース
利用者の機密情報に配慮した匿名通貨ビーム(Beam)は4月22日、2回目のハードフォークを行うと公式ブログ上で明らかにした。ブロック高が「777777」に到達する6月28日頃を予定しているという。
匿名通貨ビーム、6月28日頃にハードフォーク予定と発表
Helen Partz
2020-04-23T12:18:16+09:00
1477
ニュース
IoT(モノのインターネット)ブロックチェーンのスタートアップ企業Ubirch(ユバーチ)と、オーファン・ドラッグ(希少疾病用医薬品)研究開発企業CENTOGENE(セントジーン)は4月17日、新型コロナウイルス(COVID-19)との戦いに向けた共同ソリューションを発表した。
ブロックチェーンで新型コロナと戦う、陽性・陰性を示す証明書提供サービス登場|GDPR準拠を重視
Marie Huillet
2020-04-19T11:00:00+09:00
5412
ニュース
エンタープライズ向けスマートコントラクト・プラットフォーム「ベースラインプロトコル」の医療検査分野への適用に取り組んでいる開発者が、ブロックチェーンを利用した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の濃厚接触検出・追跡技術(コンタクト・トレーシング)ソリューションを提案した。
コンセンシス開発者、ブロックチェーン基盤の新型コロナ濃厚接触検出ソリューションを提案
Samuel Haig
2020-04-19T09:00:00+09:00
2215
ニュース
英仮想通貨取引所イートロ(eToro)は、仮想通貨データ企業のザ・タイ(The Tie)との提携の元、15種類の仮想通貨を採り上げた市場分析レポート「デジタル資産状況 2020年第1四半期」を公開した。ビットコイン(BTC)への関心の高まりほか、匿名通貨ジーキャッシュ(ZEC)やモネロ(XMR)などプライバシーに配慮し...
プライバシー重視の匿名通貨、2019年に価格が急上昇=仮想通貨企業eToroがレポート
Turner Wright
2020-04-16T17:46:28+09:00
3744
ニュース
身代金を要求するマルウェアの一種であるランサムウェアは、ビットコイン(BTC)からハッカーの特定がより困難なモネロ(XMR)へ移行している。サイバーセキュリティニュースのブリーピングコンピュータが4月11日に報じた。
ランサムウェア「ソディノキビ」、身代金要求を仮想通貨ビットコインから匿名通貨モネロに切り替え
Adrian Zmudzinski
2020-04-14T17:10:13+09:00
2592
ニュース
老舗の仮想通貨取引所の1つ、ビットスタンプは、新しくサポートを検討している仮想通貨のリストを公表した。規制リスクから多くの取引所が匿名通貨から距離を取ろうとする中、リストの中にはジーキャッシュ(ZEC)が含まれている。
匿名通貨の上場廃止の流れが変わるか? ビットスタンプがジーキャッシュのサポート検討
Samuel Haig
2020-04-04T15:14:58+09:00
2023
ニュース
ウェブブラウザのオペラ(Opera)は、ビットコイン(BTC)支持者のティム・ドレイパー氏が支援するアンストッパブル・ドメインズと提携し、ユーザーが分散型ウェブページにアクセスできるようにした。3月26日に発表した。
主要ブラウザで初 ウェブブラウザのオペラで「.crypto」ドメインなど、分散型ウェブページへのアクセスが可能に
Ana Alexandre
2020-03-31T13:46:47+09:00
1441
ニュース
仮想通貨イーサリアム基盤のソーシャルビデオアプリPepoはビデオストリーミングプラットフォームであるZoomと連携し、ライブストリーミング機能を実装している。新型肺炎コロナウイルスが拡大する中で、Zoomの人気が高まっている中で連携を決めたようだ。
仮想通貨イーサリアム基盤のソーシャルビデオアプリPepo、Zoomと統合
Samuel Haig
2020-03-30T09:38:39+09:00
1813
ニュース
仮想通貨EOSの開発企業であるブロックワン(Block.one)は、ブロックチェーンベースのソーシャルメディナネットワークである「ボイス(Voice)」に1億5000万ドル(約161億円)の資金を投じた。
仮想通貨EOS開発企業ブロックワン、ソーシャルメディア「ボイス」に約160億円投資
Samuel Haig
2020-03-28T11:32:47+09:00
1903

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー