ビットペイ ニュース

ビットペイは、単なる仮想通貨ウォレットではない。それは、任意の法定通貨を使ってビットコインを送金するための、プラットフォーム全体として定義される。同社は2011年に、ジョージア州アトランタで設立された。そのプラットフォームは現在、ビットコインを使ったあらゆる決済処理においてトップの地位にあり、顧客基盤は164ヶ国の企業20000社以上に及ぶ。その利用手順を簡潔に説明すると、商用アカウントの登録、料金プランの選択、個人コードの入手、そして必要な場所(大抵は取引用ウェブサイト)での当該コードの入力という流れである。このシステムは、あらゆる通貨をビットコインやその他のデジタル通貨に交換することができ、その反対方向の交換も可能だ。従って、誰でも必要な形で金銭を支払ったり、受け取ることができる。これは、仮想通貨を使いたくない場合にその使用を避けることのできる、非常に便利な方法である。もちろん手数料がかかるが、その額は選択したプランにより異なる。料金プランは全部で4つあり、手数料の金額は0~3000ドルまでさまざまである。