BTC/USDT

ビットコインは3,460ドルから下落に転じ、弱気派が売りを強めていることが示唆された。弱気派は今後、28,805ドルの重要なサポート以下に価格を沈めようとする。

BTC/USDT daily chart. Source: TradingView

価格が28,805ドルから反発した場合、強気派は再びBTC/USDTペアを20日指数移動平均(EMA:33,646ドル)まで押し上げようとする。このレベルをブレイクし終値で上回ると、強気派がカムバックを試みていることを示す可能性があるため、注目すべき重要なレベルだ。その後、50日単純移動平均線(SMA:39,300ドル)まで上昇する可能性がある。

この想定に反して、28,805ドルを割り込むと、価格は26,700ドルまで下落するかもしれない。このサポートが割れた場合、下落トレンドを再開し、価格は25,000ドル、その後21,800ドルへと急落する可能性もある。

ETH/USDT

イーサ(ETH)は、2159ドルのブレイクダウンレベルの厳しいレジスタンスに直面していることは、弱気派が引き続き上昇時に売り込んでいることを示唆している。弱気派は、今後、当面のサポートである1,940ドル以下に価格を引き込もうとするだろう。

ETH/USDT daily chart. Source: TradingView

彼らが成功した場合、ETH/USDTペアは1,700ドルの重要なサポートまで下落する。この水準は、強気派が守るべき重要な水準であり、サポートに失敗した場合、下落トレンドが再開し、1,500ドルまで下落するからだ。

この想定とは逆に、1700ドルから上昇に転じた場合、同ペアは2159ドルまで上昇し、この2つのレベルの間でレンジ相場が継続する可能性がある。

最初の強さの兆候は、2,159ドルを上回り、終値でブレイクすることだ。そうなれば、20日EMA(2,421ドル)への上昇の道が開かれる可能性がある。下降トレンドが終了したことを示すには、強気派はこの壁を乗り越えなければならないだろう。

XRP/USDT

リップル(XRP)の5月13日のローソク足の上ヒゲは、弱気派がブレイクダウンレベルの0.50ドル付近で強い挑戦をしようとしていることを示唆している。このオーバーヘッドレジスタンスを上回ることができなかったことで、短期トレーダーが利益確定を誘惑された可能性がある。

XRP/USDT daily chart. Source: TradingView

価格が下降を続け、0.38ドルを割り込むと、XRP/USDT ペアは 0.33ドルまで下落する。強気派はこのレベルを積極的に守ると予想されるが、サポートが割れた場合、弱気派の勢いが増し、ペアは0.24ドルに急落する可能性がある。

この想定とは逆に、価格が現在のレベルまたは0.38ドルのサポートから上昇に転じた場合、強気派はペアを0.50ドルから0.55ドルのオーバーヘッドゾーンに押し上げようとする。もし成功すれば、市場が下値を拒否したことを示唆することになる。これは、50日SMA(0.67ドル)への上昇の可能性が強まることを示す。


 

 

【関連記事】
株を売るタイミングは?チャートから利確を判断する方法
買いを入れるタイミングは?実際のチャートで解説【株式投資】
チャートの見方・基本を解説【初心者向けテクニカル分析】
損切りのタイミングと損切りしないとどうなるか解説
どの銘柄をいくら買うべき?ポートフォリオとアセットアロケーション【分散投資】
積立投資をしよう!仮想通貨にも有効なドルコスト平均法とは