スイスのリゾート地ツェルマット、仮想通貨ビットコインでの納税開始【ニュース】

スイスのマッターホルン麓にある山間リゾート地であるツェルマット自治体はビットコインでの納税を開始した。ツェルマットと提携して納税システムを運用する仮想通貨金融サービス会社のビットコイン・スイスが29日、明らかにした。

発表によると、納税されたビットコインをビットコイン・スイスがスイスフランに変換して支払うことになるという。

納税者はツェルマット市庁舎のPOSシステム、もしくはオンラインの支払いポータルサイトを介して納税する。オンラインで納税するためには税務署に直接、仮想通貨決済を申請する必要があるという。

ツェルマット市長のロミー・バイナー・ハウザー氏は今回の提携はビットコインでの納税に対する高い需要を満たすためだと話した。

スイスでは「クリプトバレー」と呼ばれるツークで2016年、特定の公共サービスの支払いのためにビットコインでの受付を始めている。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

【関連記事:スイス大統領、仮想通貨リブラは「現在の形を変えるべき」 通貨バスケット制では実現困難と指摘

【関連記事:「ハードフォークやエアドロップのたびに納税」米税務当局の仮想通貨納税ガイダンスに批判の声

【関連記事:米オハイオ州、仮想通貨ビットコインを納税できるサービスを一時停止

【関連記事:スイス大手銀行ジュリアス・ベア、仮想通貨取引・カストディサービス展開 仮想通貨バンキングSEBAと連携

【関連記事:仮想通貨イーサ下落が背景 スイス”クリプトバレー”企業50社の企業価値、40%減少

【関連記事:スイスの不動産会社、世界有数の高級ショッピング街のビルをセキュリティトークン化して販売へ