仮想通貨の税金関連ニュース

仮想通貨税制について定義するのは難しい。現在、税制を巡っては多くの論争が起こっているためだ。デジタル通貨が財産であるのか通貨であるのかについてもまだ社会の中でコンセンサスがあるわけではなく、そのことは課税の方法に大きな違いを引き起こす。仮想通貨の交換レートの変動が大きいため、すべての人に適した課税期間を設定するのは困難だ。またユーザーの匿名性を確保するために設計された暗号化プロトコルが多数存在しており、そのプロトコルがあるままでは政府が課税することはできないだろう。仮想通貨市場が成長し、法定通貨で換算した価値も高いことから、今後も規制当局が市場を注視していく可能性が高い。仮想通貨はマネーロンダリングにも利用される恐れがあり、政府は仮想通貨を無視することができなくなっている。現在でも仮想通貨の税制を巡っては多くのニュースがあるが、今後その数は増えていくだろう。