ウォール街 ニュース

ウォールストリートは、ニューヨークのマンハッタン南部にある通りのことで、りっぱな金融会社や銀行、取引所が立ち並んでいる。ウォールストリートの株式市場は、トレードの世界では最も有名な場所の1つであり、時価総額という点では世界最大の証券取引所である、NYSEを擁している。ウォールストリートの重要性とその影響力は、どれほど強調してもし過ぎることはない。最も影響力のある金融会社が、全世界からこの場所に集まっているからだ。手っ取り早くお金を稼げる可能性から、ビットコインに興味を示す大手のトレーディング会社が、ますます増えている。金融コミュニティー内での仮想通貨への態度が、より友好的なものになってきたのも、不思議ではない。ウォールストリートの一流のトレーディング会社や投資会社の間で、関心が高まっているからだ。2018年までに、NYSEで取引するいくつかの会社が、保有資産の1つとして、ビットコインを加えてきた。それら企業の関与が、デジタル通貨のボラタリティを低下させる役に立つかもしれない。ボラタリティの大きさは現在のところ、一般投資家が怖がって寄り付かない、主な原因の1つである。