ロジャー・バー ニュース

ロジャー・バーの最新ニュース | Cointelegraph

「ビットコインの神」とも呼ばれるロジャー・バー氏は、2011年前半にビットコインに対し、初めて本格的な投資を行った1人である。同氏はさまざまな仮想通貨関連スタートアップに何百万ドルも投資しただけでなく、自らの経営する会社で、決済手段として初めてビットコインを受け入れた。最近では、ビットコイン関連のさまざまなカンファレンスやミーティングで、スピーカーを務めている。ロジャー・バー氏に関する最近のニュースは、従来のビットコイン(BTC)と、ビットコインキャッシュ(BCH)との間の、ブロックチェーンの分裂の話題がほとんどである。この新たな通貨は、同じブロックチェーンを使っているものの、ブロックの大きさは8倍あり、より多くの送金が可能とされている。またBCHには、BTCのような特定の開発者チームはおらず、いくつかの分散化されたグループが存在している。そのような分散化が反復や破壊を防ぎ、このプロトコルに、より高いセキュリティーをもたらしている。