詐欺 ニュース

仮想通貨は高度なセキュリティとプライバシーをユーザーに約束してくれるが、実際には仮想通貨の利用が各種犯罪の被害者を生むことも多い。例としてデジタル盗難、ハッキング、フィッシングを挙げられるが、仮想通貨に関する犯罪で最もメジャーなのは詐欺だ。このような詐欺はさまざまな形で存在している。有望そうに見せかける一方で、投資家たちにリスクを知らせず、場合によっては実際の住所もないICO詐欺、十分な資金を集めたあとで消滅する仮想通貨投資プラットフォーム、そしてユーザーをだまそうと複数の手口を使う不正な仮想通貨取引所などだ。ブロックチェーン技術は比較的新しく、それを取り巻く誇大広告が多くの未熟な投資家たちをその分野へと引き込んだ。仮想通貨詐欺に関する最新ニュースによると、このような状況を受け、ツイッターが詐欺的なプロジェクトからのユーザー保護を目的としてICO広告を禁止するという事態にまで至っている。