チャーリー・リー ニュース

チャーリー・リー氏はライトコインの開発者で、コインベースに技術担当の取締役としても勤務した。彼はコートジボワールで生まれ、後にアメリカに移住し、MITで計算機科学の修士号を取得した。リー氏はグーグルなど多くのハイテク企業に勤めてきた。2011年にビットコインとブロックチェーン技術に出会い、すぐにこのアイディアに魅了された。それにもかかわらず、彼はビットコインに欠陥があり、どのアルトコインもそれを解決できるような別の新しいなにかを提供できていないと見ていた。それゆえに、彼はよりよい仮想通貨を作るために開発を始め、ライトコインを生み出した。これはより高速なトランザクション、より大きな最大供給量、そして市場でもっとも人気のある仮想通貨のひとつになるのに充分高速なスクリプトベースのハッシングプロトコルを具えた仮想通貨だ。ライトコインを開発した後、彼はコインベースに技術担当の取締役として勤務したが、現在はライトコインの業務に戻り、フルタイムで従事している。