ビットコイン先物ニュース

ある金融商品を、将来のある時期(期限)までにあらかじめ決めた価格で売買する「先物取引」。米国のシカゴ・オプション取引所(CBOE)とシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は2017年12月、伝統的な証券取引所として初めてビットコイン先物の提供を開始し、大口投資家を仮想通貨市場に呼び込んだ。ビットコイン先物ニュースでは、現物株にも大きな影響を与える先物市場の動向をカバーする。

マーケット
仮想通貨(暗号資産)ビットコインが18000ドルに向けて上昇する中で、調整なしに急騰していることでトレーダーからは「ブローオフトップ(Blow-off top)」が起きるのではないかとの声が上がっている。持続的な上昇を継続するためには少し小休憩が必要だと指摘されている。
ビットコインが18000ドルを超えたら「ブローオフトップ」 上昇は続くのか
Joseph Young
2020-11-18T10:38:03+09:00
12930
マーケット
仮想通貨(暗号資産)ビットコイン価格が上昇を続ける中で、新たに仮想通貨投資に参入した投資家の動きが需要を牽引していることが、仮想通貨資産運用を手がけるグレイスケールの調査で分かった。
新型コロナウイルスのパンデミックが新しいビットコイン投資家を誘引=グレイスケール調査
António Madeira
2020-11-18T08:45:40+09:00
6245
マーケット
データによると、大口投資家が12,000ドルから15,000ドルの範囲でビットコインを大量に蓄積している。Whalemapのアナリストによると、企業やクジラのような大口投資家は通常、長期的な投資戦略を念頭において資産を蓄積するため、これはポジティブな傾向だという。
仮想通貨ビットコイン、大口投資家でも「取り残される恐怖」が発生か
Joseph Young
2020-11-14T11:38:54+09:00
17081
マーケット
仮想通貨ビットコインは16,465~16,570ドルのCMEギャップに近づいている。このギャップが埋められた場合、BTC価格が17,200ドルを超えると予想するアナリストもいる。
仮想通貨ビットコイン、CMEギャップ解消に近づく | 次は1万8000ドルが照準か
Ray Salmond
2020-11-13T12:42:00+09:00
6759
ニュース
シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)では11月に入って仮想通貨(暗号資産)ビットコインの取引高が急増している。
CMEのビットコイン先物、11月に入り取引高が急増
Benjamin Pirus
2020-11-06T08:24:12+09:00
2237
ニュース
仮想通貨(暗号資産)業界全体は3年前と大きく異なっている。2017年は規制が整備されておらず、天文学的な価格上昇と多くの資金調達が行われた。現在はICOなど2017年にあった要素はほぼ消滅した。一方で、仮想通貨取引所クラーケンのレポートで指摘されるように、デリバティブ取引が急成長を遂げている。
仮想通貨デリバティブ取引量、スポットの3倍以上に=レポート
Benjamin Pirus
2020-11-03T09:00:14+09:00
1591
マーケット
週末になるにつれ、ビットコイン(BTC)価格は非常に力強いパフォーマンスで10月を締めくくるようにみえる。多くの強気派は、近い将来にBTCが2万ドルの史上最高値を超えると期待している。
仮想通貨ビットコイン:1万3620ドル以上を維持できれば、1万4000ドルへの上昇も射程に
Ray Salmond
2020-10-31T11:24:46+09:00
6723
マーケット
仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)のボラティリティが今月末までに大きく急騰する可能性がある。BTCオプション市場は7億5000万ドルという巨額の期日が近づいており、CME先物市場の建玉も急騰しているからだ。
ビットコインのボラティリティが怖い?ハロウィンに向けて期日迎える7億5000万ドルのBTCオプション
Joseph Young
2020-10-26T17:53:50+09:00
8378
マーケット
シカゴマーカンタイル取引所(CME)のビットコイン(BTC)先物が建玉の多さでで第二番目の取引所になった。米国の機関投資家によるビットコイン参戦が背景にあるとみられる。
ビットコイン先物でCMEが2番手に浮上 機関投資家の熱狂が背景か
Joseph Young
2020-10-24T10:16:24+09:00
3346
ニュース
米商品先物取引委員会(CFTC)が21日に発表したガイダンスで、仮想通貨(暗号資産)デリバティブ取引を行う企業に対し、顧客資産を慎重に保管するように求めた。CFTCは仮想通貨に関する投資家保護に取り組んでいる。
米CFTC、仮想通貨デリバティブでの分別管理など、顧客資産の取扱方針決定
Kollen Post
2020-10-22T09:27:26+09:00
1659
マーケット
シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)によると、機関投資家が保有する仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)のロングポジションが過去最高を記録している。しかし、CMEの最新レポートによると、ヘッジファンドのショートも過去最高を記録している。
ビットコインのロングとショートがともに過去最高 トレンド認識の違いはなぜ起こる?
Joseph Young
2020-10-20T11:03:00+09:00
3795
マーケット
アーケイン・リサーチ(Arcane Research)のデータによると、ビットコイン取引所のバックト(Bakkt)は9月20日から10月20日までで、過去最高の月を記録した。これは、ここ数か月の上場企業によるビットっコイン(BTC)需要の顕著な増加に続くものだ。
仮想通貨取引所バックトの取引高が増加、機関投資家向けの需要増加を反映か
Joseph Young
2020-10-17T10:45:57+09:00
2525
市場分析
ビットメックスのニュースがあったが、仮想通貨ビットコインの先物市場は落ち着いているようにみえる。
仮想通貨先物市場では、ビットメックス事件の影響は軽微
Marcel Pechman
2020-10-03T13:35:45+09:00
3600
マーケット
ビットコイン(BTC)が1万3000ドルに達すれば、BTC価格が「爆発」することになるかもしれない。仮想通貨(暗号資産)トレーダーは、ビットコイン先物がスポット価格よりも6%高い価格で取引されていることに注目している。
仮想通貨ビットコイン、次は1万3000ドル超えなるか | トレーダーはBTC先物とのスプレッドに注目
William Suberg
2020-08-18T19:18:03+09:00
5621
マーケット
ビットコイン(BTC)価格は、市場のセンチメントの高まりに支えられて12ヶ月ぶりに1万1600ドルを突破した。BTCは強い勢いを示しており、投資家は1万5000ドルまではレジスタンスはほとんどないと考えている。
仮想通貨ビットコイン、1万5000ドルまで一気に上昇するか? | 過去の値動きから期待感も
Joseph Young
2020-08-01T18:13:34+09:00
16076
ニュース
インターコンチネンタルエクスチェンジ(ICE)の子会社であるバックト(Bakkt)は、ビットコイン(BTC)価格が今年の最高値を記録したことを受け、ビットコイン先物契約が記録的な取引数に達した。
仮想通貨ビットコイン、バックトなどで先物契約が急増
Martin Young
2020-07-29T16:25:20+09:00
2180
マーケット
ビットコイン(BTC)デリバティブは今週注目を集め、価格変動によって建玉の急増を引き起こしたようだ。
仮想通貨ビットコイン、1万ドルに接近するにつれて先物建玉が急増
William Suberg
2020-07-25T14:36:29+09:00
8167
マーケット
6月26日の金曜日ビットコイン(BTC)の10億ドル(約1060億円)分のオプション取引が満期日を迎える。過去30日間ビットコイン相場にははっきりしたトレンドはみられておらず、明日の一大イベントを前に不安を募らせる投資家も多いだろう。
仮想通貨市場に警戒感 10億ドルビットコインオプション取引が満期日に
William Suberg
2020-06-26T08:39:31+09:00
3201
マーケット
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは11日、ビットコイン(BTC)の新しい先物商品を開始した。
仮想通貨取引所バイナンスがビットコインの新しい先物商品 レバレッジは最大125倍
William Suberg
2020-06-12T08:27:28+09:00
1695
マーケット
シカゴマーカンタイル取引所(CME)が手がけるビットコイン先物の建玉が過去数週間で急増した。データ分析企業のSkewが明らかにした。
早くも”レジェンド”PTJ効果?CMEビットコイン先物の建玉が急増
William Suberg
2020-06-06T07:00:20+09:00
1928
ニュース
仮想通貨(暗号資産)取引所OKExは4日、イーサ(ETH)のオプション取引を開始した。これに伴いクローバック(払い戻し)のために1000ETHをオプション保険基金に追加する。
仮想通貨取引所OKEx、イーサ(ETH)のオプション取引開始、今月中にEOSも
Adrian Zmudzinski
2020-06-05T09:48:59+09:00
1289
マーケット
ビットコイン(BTC)は4回目の半減期を迎え、2週目に入ろうとしていう。今週のビットコインに影響を与える要因は何だろうか?
仮想通貨ビットコイン、今週の価格動向に影響を与えるファクターは?
William Suberg
2020-05-19T15:45:08+09:00
1995
ニュース
シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の複数のビットコイン先物商品で、過去最高の取引高を記録した。
CMEの仮想通貨ビットコイン先物で過去最高の取引高、半減期後の機関投資家の参入増加示す
Benjamin Pirus
2020-05-18T14:43:00+09:00
7364
マーケット
ビットコイン半減期後のハッシュレートを気にするマーケット関係者は多いが、仮想通貨デリバティブ取引所大手FTXは、5月15日、ビットコインのハッシュレートと連動する先物を開始したと発表した。
FTX、仮想通貨ビットコインの「ハッシュレート先物」を発表
William Suberg
2020-05-16T07:03:28+09:00
2400
ニュース
資産家でヘッジファンド運用者のポール・チューダー・ジョーンズ氏は、インフレリスクへのヘッジ手段としてビットコインを買い始めている。5月7日付のブルームバーグが報じた。
「1970年代の金のようだ」米ビリオネアのジョーンズ氏、仮想通貨ビットコイン購入 インフレヘッジで
Helen Partz
2020-05-08T07:22:20+09:00
3155
マーケット
シカゴマーカンタイル取引所(CME)が手がけるビットコイン先物の建玉が、4億ドル(約424億円)近くまで上昇して過去最高を記録した。半減期を前にビットコインが急騰しており、マーケットのビットコインへの関心は高まっている。
CMEのビットコイン先物、建玉が過去最高を更新
William Suberg
2020-05-08T06:58:37+09:00
2031

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー