テレグラムCEO、アップルのiCloudサービスは「もはや公の監視ツール」と批判【ニュース】

プライバシーを重視するロシア発のメッセージアプリテレグラムのパベル・デュロフCEOは、アップル社のiCloudサービスは、「もはや公の監視ツール」だと述べた。ロイターの1月21日の報道を引用して、テレグラムで発言した。

同氏は、1月21日のテレグラム公式チャネルに、プライベートメッセージの保存がiCloud頼りであるワッツアップのようなアプリケーションは、「問題のひとつ」だと投稿している。

iCloudは今や公式な監視ツールだ。あなたのプライベートメッセージをそれに頼るような(ワッツアップといった)アプリは問題のひとつだ」

ロイターは、アップルはiPhoneユーザーが自身のデバイスにiCloudで完全に暗号化してバックアップできるようにする計画を中止したと報道している。米連邦捜査局(FBI)がそういった機能は捜査の妨げになると意見したからだという。ロイターは、この件に詳しい匿名の6つの情報筋によると、アップルは同計画を2年前に中止したとされる。

アップルは、保存したパスワードやiMessageのバックアップテキストなど「もっとも繊細なユーザー情報」の一部を保護する方向に転換。ワッツアップなどの暗号化サービスはアップルの従業員などにもアクセス可能なままだとしている。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

【関連記事:テレグラムと米SECの裁判が続く中、ブロックチェーン企業がTON対応サービスを公開

【関連記事:米国の仮想通貨・ブロックチェーン業界団体、米SECとテレグラムの訴訟に意見書提出

【関連記事:「仮想通貨グラムは投資商品ではない」 テレグラム、TONブロックチェーンおよびグラムについてSECに反論

【関連記事:テレグラム、米SECへ銀行口座のすべての記録開示へ 仮想通貨グラム巡る裁判

【関連記事:米仮想通貨スタートアップ、未登録のICO実施で罰金 米規制当局SECが発表

【関連記事:テレグラム、独自ブロックチェーンTON用ウォレットのテスト版を配布開始