テレグラム、米SECへ銀行口座のすべての記録開示へ 仮想通貨グラム巡る裁判【ニュース】

プライバシーを重視するロシアのメッセージアプリのテレグラムは、同社による17億ドル(約1870億円)相当のグラムトークンを使ったICO(イニシャル・コイン・オファリング)に絡んで、米証券取引委員会(SEC)に対し、すべての銀行口座記録を開示することになる。

1月13日のニューヨーク州南部連邦裁判所(SDNY)の命令によると、テレグラムは2月26日までに銀行口座の記録を同裁判所へ提供する必要がある。同裁判所は先日、プライバシーの懸念からSECの同要求を却下したものの、テレグラムに対しては、外国のデータプライバシー法に準拠することを証明するよう求めていた

テレグラムの弁護士は、SECに銀行口座の全記録を提供することに同意公的に公開されるのは外国のデータプライバシー法に準拠する範囲内に限定される

2017年、テレグラムはICOを実施し、当時最高額となる17億ドルを調達した。SECはグラムの販売が証券法違反と判断して告発し、現在も裁判が続いている。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン