サトシ・ナカモト ニュース

サトシ・ナカモトの最新ニュース | Cointelegraph

サトシ・ナカモトとは、ビットコインを開発し、それに関する論文を執筆し、ビットコインのリファレンス実装を初めて行った個人あるいは団体の仮名である。ナカモトは2008年10月に「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」と題された論文を公開し、2009年1月にビットコインのネットワークをローンチするためのソフトウェアを初めて公表した。サトシ・ナカモトが一体誰なのかは未だに謎であり、多くの仮説や推論を生み出してきた。ナカモトは自身に関する個人情報を一切公開していない。その正体に関しては、コンピュータ―科学者のニック・サボ説、開発者であり初めてビットコインを利用したハル・フィニー説、オーストラリア出身の科学者かつ起業家であるスティーブン・クレイグ・ライト説、その他あまり説得力のない説も含め、様々な説がある。ナカモトは2011年にビットコインに関するプロジェクトから手を引き、やがて公の場に姿を現すことはなくなってしまった。