「仮想通貨グラムはドーナッツより価値ない」SECが発言 未登録証券問題で【ニュース】

米国証券取引委員会(SEC)は暗号化メッセージングアプリを展開するテレグラムに対して、「独自トークンのグラムはドーナッツより価値がない」と27日に発言した。SECは昨年10月にグラムが未登録証券にあたるとしてテレグラムを訴追している。

グラムはテレグラムのブロックチェーン「TON」で使われる。

SECはニューヨーク南地区裁判所に対するメモの中で「ドーナッツより価値がない」論を展開。本質的な価値がないとこき下ろした。

「テレグラムはグラムを『コモディティ』とみなして経済的な真実を避けようとしているが、それは失敗している。グラムはコモディティではない。金(ゴールド)や漫画、クリスピー・クリーム・ドーナツ(いずれもテレグラムがコモディティとして比較対象にあげている)と異なり、グラムには本質的な価値はない」

【関連記事:テレグラム、SECに失望感あらわ 仮想通貨グラムの違法判断で

【関連記事:テレグラム、「仮想通貨グラムは証券ではない」SECと対決姿勢を表明

【関連記事:【訂正】米SEC、テレグラムにICOで得た資金の使途開示を裁判所に申し立て

【関連記事:「仮想通貨グラムは投資商品ではない」 テレグラム、TONブロックチェーンおよびグラムについてSECに反論

【関連記事:テレグラム、米SECへ銀行口座のすべての記録開示へ 仮想通貨グラム巡る裁判

【関連記事:米SEC、テレグラムのTONブロックチェーンとトークン開発に疑問 仮想通貨グラム巡る訴訟で

【関連記事:テレグラムCEO、アップルのiCloudサービスは「もはや公の監視ツール」と批判

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン