SBI子会社の仮想通貨取引所SBIVCトレード、36億円の黒字に|マイニングの新サイトも立ち上げ【決算】

SBIホールディングスは、仮想通貨取引所を運営するSBI VCトレードの税引前利益が、2020年3月期第3四半期累計(2019年4〜2019年12月)で36億5900万円の黒字となったことを発表した。2019年3月期は9億8700万円の赤字だった。

これまでに進めているマイニングチップの開発事業について、今年半ばの出荷開始や、すでにプレローンチサイトを開設したことも明らかにした。現在は注文受付を開始しており、大型案件を含め、買い付けの打診を受けているという。

また、今月報じられた米国でのビットコインマイニング事業について、年内の新マイナー稼働や独自のマイニングプールの開発で収益拡大を目指すことを明らかにした。昨年第3四半期に米国や中央アジアで稼働を開始しており、今年1月にSBクリプト社の新たなウェブサイトを開設。これらを新たに収益源にするという。

【関連記事:SBIとGMO、テキサスで仮想通貨ビットコインのマイニング開始か=報道

【関連記事:SBIホールディングス、20年3月期の株主優待で仮想通貨XRP付与を検討中=北尾氏

【関連記事:マネックス、株主優待で仮想通貨ビットコインを進呈

【関連記事:モーニングスター、仮想通貨XRPの中間株主優待を実施

【関連記事:三井住友がSBI R3とリップル社の技術使ったマネータップに出資|ブロックチェーン使い金融サービス構築

【関連記事:SBIやVISAが英カレンシークラウドに8000万ドル出資|企業間の国際送金を強化

【関連記事:リップルやSBI出資の仮想通貨ウォレットBRD、エンタープライズ業界に進出|ビットコイン、XRPなどサポート

【関連記事:SBI、株主優待で仮想通貨XRPを進呈|最大8000円相当