三井住友がSBI R3とリップル社の技術使ったマネータップに出資|ブロックチェーン使い金融サービス構築=日経【ニュース】

三井住友フィナンシャルグループとSBIホールディングスはブロックチェーンを使い企業・個人向けの金融サービス基盤を構築する。日経新聞が30日に報じた

三井住友がSBIと子会社のSBI R3の保有株式を譲り受け、14%を出資する。

企業向けでは貿易金融に力を入れる。輸出入企業間決済を代行する「オープンアカウント取引」にブロックチェーン技術を取り入れ、信用状(LC)を分散型台帳で管理する。

また、SBI傘下でリップルの技術を使うマネータップにも三井住友が出資する。マネータップはリップル社の決済サービスxCurrentを活用している。銀行口座間の個人間送金を24時間365日リアルタイムでできることが特徴。

【関連記事:リップル社の技術を使ったSBIのマネータップ、大和証券と三井住友信託が出資参加

【関連記事:JLLと三井住友信託銀、ブロックチェーン活用し、不動産プラットフォーム構築

【関連記事:シンガポール政府や日本の金融機関・商社など、ブロックチェーンを使い貿易取引をデジタル化=ICCが発表

【関連記事:マネータップに米リップル社からの資本受け入れ目指す SBI北尾社長「グローバル展開に必要」

【関連記事:リップルやSBI出資の仮想通貨ウォレットBRD、エンタープライズ業界に進出|ビットコイン、XRPなどサポート

【関連記事:【追記】SBIとGMO、テキサスで仮想通貨ビットコインのマイニング開始か=報道