SBIホールディングス、20年3月期の株主優待で仮想通貨XRP付与を検討中=北尾氏【ニュース】

SBIホールディングスは、SBI本体で株主優待としてXRPの付与を検討している。12月2日に開催された株主を対象とするインフォメーションミーティングの中で、北尾吉孝CEOが明らかにした。

SBI傘下のモーニングスターが今年8月、19年上半期の株主優待としてXRPを配布することを発表している

【関連記事:モーニングスター、仮想通貨XRPの中間株主優待を実施

出典:インフォメーションミーティング プレゼンテーション資料

北尾氏によれば、モーニングスターでの株主優待により、仮想通貨取引所SBI VCトレードの1日平均口座開設申込数が増加した。

これを受け、SBIホールディングスにおいても2020年3月期の株主優待としてXRPの活用を検討中だという。北尾氏によれば、選択制でXRPを選べるようにする考えだ。

米国とキルギスタンに新マイニング施設

またSBIクリプトが行っているマイニング事業についても、年内に新しいマイニング施設が稼働開始することを明らかにした。

出典:インフォメーションミーティング プレゼンテーション資料

今年上半期に2か所あったマイニング施設のうつ1か所を閉鎖し、別拠点へ移転中だ。

さらに19年末までに米国と中央アジアのキルギスタンの2ヵ所で新しいマイニング施設を稼働開始する。「もっと効果的に効率的にマイニングができるようになる」と、北尾氏は説明した。

「ヤフー・ソフトバンクと合体する話もあったが…」

また北尾氏は説明の中で、ヤフー・ソフトバンクと経営統合する構想もあったことを明かしている。SBIは今年10月、ヤフーを運営するZホールディングスと、金融事業領域で提携することを発表している

北尾氏は、「今回こういう話(金融事業の提携)をやる時に、ヤフー・ソフトバンクと合体するのはどうかという話もあったけれども…」と語った。ただ既にSBIグループ自体が7000人の従業員を抱えている中で「企業風土が違ってしまえば、うまい経営統合はできない」との考えから、経営統合まで話は進まなかったようだ。

出典:インフォメーションミーティング プレゼンテーション資料

ヤフーファイナンスとSBI証券との間の連携については、年度内でのシングル・サインオンの開始を目指し、準備中だという。また、FX事業ではYJFXとの間でのカバー取引の連携を既に始めたと説明した。

【関連記事:SBIとヤフー運営のZホールディングスが金融領域で提携