BTC/USDT

ビットコインは5月31日に32,659ドルの直上のレジスタンスに到達したが、強気派はこのハードルをクリアすることができなかった。5月31日の同時ローソク足パターンは、買い手と売り手の間に不確実性があることを示している。

BTC/USDT daily chart. Source: TradingView

この不確実性は6月1日に弱気派に有利に働き、弱気派は価格を20日指数移動平均(EMA:30,741ドル)の下に引き込んだ。もし価格が20日EMAの下を維持した場合、次のサポートは28,630ドルだ。強気派はこのレベルを全力で守ることが予想される。

価格が28,600ドルから反発した場合、BTC/USDTペアは再び32,659ドルへの上昇を試みるだろう。その場合、価格は数日間、この2つのレベルの間で統合される可能性がある。

価格がこのレンジを上下にブレイクした場合、次のトレンドの動きが始まる可能性がある。32,659ドルを上回った場合、50日単純移動平均線(SMA:34,629ドル)まで上昇する。28,630ドルから26,700ドルのサポートゾーンを割り込むと、下落トレンドが再開されるだろう。

ETH/USDT

弱気派は5月31日に20日EMA(2,009ドル)でイーサ(ETH)のリリーフラリーを停滞させ、強気派を食い止めている。

ETH/USDT daily chart. Source: TradingView

弱気派は、1700ドルの重要なサポートまで価格を引っ張ろうとしている。このサポートが割れると、ETH/USDTペアはパニック売りに見舞われる可能性があるため、強気派にとって守るべき重要なレベルだ。サポートが割れた場合、下降トレンドが再開され、1,300ドルまで急落する可能性がある。

一方、価格が1700ドルから反発した場合、強気派がこれらのレベルで積極的に購入していることを示唆することになる。強気派はその後、再び20日EMAを上回り、2159ドルのレジスタンスに挑戦しようとするだろう。

XRP/USDT

リップル(XRP)は5月30日にダウントレンドラインを上回ったが、強気派は20日EMA(0.43ドル)のレジスタンスをクリアすることができなかった。これは、弱気派が優位性を放棄する気がないことを示唆している。

XRP/USDT daily chart. Source: TradingView

弱気派はダウントレンドラインの下に価格を沈めようとするだろう。そうなった場合、XRP/USDTペアは0.38ドルまで下落する可能性がある。強気派はこのレベルを守る可能性が高く、このレベルから跳ね返された場合は、短期的に統合の可能性を示す。

反対に、価格がダウントレンドラインから反発した場合、強気派がこのレベルをサポートに反転させようとしていることを示唆する。そうなれば、20日EMAを上抜けする可能性が高まる。同ペアはその後、0.50ドルの心理的抵抗線まで上昇するだろう。


 

 

 

【関連記事】
株を売るタイミングは?チャートから利確を判断する方法
買いを入れるタイミングは?実際のチャートで解説【株式投資】
チャートの見方・基本を解説【初心者向けテクニカル分析】
損切りのタイミングと損切りしないとどうなるか解説
どの銘柄をいくら買うべき?ポートフォリオとアセットアロケーション【分散投資】
積立投資をしよう!仮想通貨にも有効なドルコスト平均法とは