BTC/USDT

ビットコインは5月30日にダウントレンドラインを上抜け、強気派は20日指数移動平均(EMA:30,562ドル)上で価格を維持しようとしている。彼らが成功すれば、弱気派が支配力を失いつつある可能性を示す最初の兆候となる。

BTC/USDT daily chart. Source: TradingView

20日EMAの上方を維持した場合、BTC/USDTペアは32,659ドル、その後50日単純移動平均線(SMA:34,954ドル)まで上昇する可能性がある。20日EMAがフラットで、相対力指数(RSI)は46を上回っていることは、強気派がカムバックを試みていることを示唆している。

逆に20日EMAから下降に転じた場合は、センチメントがネガティブなままであり、トレーダーが上昇時に売っていることを示唆する。その場合、弱気派は再び28,630ドル以下に価格を引き込み、5月12日の日中安値26,700ドルに挑戦することになる。このサポートを割り込んだ場合、下落トレンドの再開を示唆する。

ETH/USDT

イーサ(ETH)は、5月28日に1700ドルの重要なサポートで反発し、20日EMA(2026ドル)に向かっている。これは、強気派が持続的な回復を開始しようとしていることを示唆している。

ETH/USDT daily chart. Source: TradingView

RSIは強気のダイバージェンスを示しており、売り圧力が減少している可能性がある。強気派は、価格を20日EMAの上に押し上げ、2159ドルのブレークダウンレベルに挑戦しようとするだろう。強気派がこのハードルをクリアできない場合、ETH/USDTペアは下降に転じ、1,700ドルと2,159ドルの間で統合される可能性がある。

強気派が2159ドル以上に価格を押し上げた場合、1700ドルが短期的に底値となる可能性を示唆することになる。その後、同ペアは50日SMA(2,504ドル)まで上昇する。価格が下降に転じ、1,700ドル以下に急落した場合、この強気な見方は無効になる。

XRP/USDT

リップル(XRP)は5月26日に0.38ドルを割り込んだものの、弱気派は売り圧力を維持することができなかった。これにより、5月28日に回復が始まり、ダウントレンドラインに到達している。

XRP/USDT daily chart. Source: TradingView

弱気派はダウントレンドラインで強力な防御を繰り返しているため、このラインは目を離せない重要なレジスタンスだ。価格がダウントレンドラインから方向転換した場合、弱気派はXRP/USDTペアを0.37ドル以下に引き込み、0.33ドルの重要なサポートに挑戦しようとする。

逆に、強気派が20日EMA(0.43ドル)上で価格を維持する場合、弱気派の勢いが減速している可能性を示す。同ペアは0.50ドルの心理レベルまで上昇する可能性がある。


 

 

 

【関連記事】
株を売るタイミングは?チャートから利確を判断する方法
買いを入れるタイミングは?実際のチャートで解説【株式投資】
チャートの見方・基本を解説【初心者向けテクニカル分析】
損切りのタイミングと損切りしないとどうなるか解説
どの銘柄をいくら買うべき?ポートフォリオとアセットアロケーション【分散投資】
積立投資をしよう!仮想通貨にも有効なドルコスト平均法とは