BTC/USDT

ビットコインは5月23日にダウントレンドラインを上回ったが、強気派は高値を維持できなかった。価格は下落に転じ、5月24日に28,630ドルの強力なサポートまで落ち込んだが、強気派がこのレベルの防衛に成功したことがわずかにプラス材料となっている。

BTC/USDT daily chart. Source: TradingView

強気派は再びダウントレンドラインの上に価格を押し上げ、維持しようとしている。彼らが成功すれば、BTC/USDTペアは20日指数移動平均(EMA:31,286ドル)へ上昇する可能性がある。

下落トレンドでは、弱気派は20日EMAまでの上昇で売りを行うだろう。従って、この水準は強固なレジスタンスとして機能する。強気派が底打ちの可能性を示唆するには、このハードルをクリアする必要がある。

下降局面では、28,630ドルが重要なサポートとなり、これを下回ると5月12日の日中安値26,700ドルまで下落する可能性があるため、注視する必要がある。

ETH/USDT

イーサ(ETH)は、5月24日に上昇トレンドラインを下回ったが、強気派が下値で買い、価格を上昇トレンドラインの上に押し戻した。これは、強気派が勢いよく上昇トレンドラインを守ろうとしていることを示唆している。

ETH/USDT daily chart. Source: TradingView

しかし、弱気派は諦めておらず、5月25日に再び価格を上昇トレンドラインの下に引き込もうと試みている。強気派がこの試みを阻止すれば、ETH/USDTは2159ドルのレジスタンスまで上昇する可能性がある。

この想定に反して、価格が上昇トレンドラインを下回り、維持された場合、弱気派の優位性を示唆することになる。その後、同ペアは1,903ドルまで下落するだろう。このサポートを割り込み、終値が1,800ドルとなった場合、価格は5月12日の日中安値に引き戻される可能性がある。

XRP/USDT

強気派は、0.38ドルの当面のサポートを守っている。しかしリップル(XRP)は5月24日に0.39ドルで反落しており、強気派は高値を維持できなかった。

XRP/USDT daily chart. Source: TradingView

弱気派は再び0.38ドルのサポート以下に価格を沈めようとしているが、ローソク足の下ヒゲは、低値での強い買いを示唆している。高値圏で需要が持続すれば、強気派はダウントレンドラインの上に価格を押し上げ、20日EMA(0.46ドル)に挑戦することを試みるだろう。

逆に、価格が現在のレベルやダウントレンドラインから下降に転じた場合、弱気派は再びXRP/USDTペアを0.38ドル以下に沈めようとする。弱気派が価格を割り込ませれば、ペアは0.33ドルの重要なサポートまで下落する可能性がある。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン
 

 

 

【関連記事】
株を売るタイミングは?チャートから利確を判断する方法
買いを入れるタイミングは?実際のチャートで解説【株式投資】
チャートの見方・基本を解説【初心者向けテクニカル分析】
損切りのタイミングと損切りしないとどうなるか解説
どの銘柄をいくら買うべき?ポートフォリオとアセットアロケーション【分散投資】
積立投資をしよう!仮想通貨にも有効なドルコスト平均法とは