BTC/USDT

ビットコインは5月20日に28,630ドルのサポートを維持したことで、強気派が下値で買っていることを示した。強気派がダウントレンドラインの上に価格を押し上げたことは、回復の最初の兆候となった。

BTC/USDT daily chart. Source: TradingView

ダウントレンドラインの上で価格を維持できれば、BTC/USDTペアは20日指数移動平均(EMA:31,758ドル)まで上昇する可能性がある。20日EMAをブレイクして終値で上回れば、フィボナッチリトレースメント61.8%水準(34,823ドル)まで上昇する。弱気派はここを積極的に防衛するだろう。

また、現在の水準や20日EMAから下降に転じた場合、センチメントがネガティブなままであり、トレーダーが上昇時に売っていることを示唆する。26,700ドルの重要なサポートを再テストする可能性があるため、弱気派は28,630ドル以下に価格を沈めようとするだろう。

ETH/USDT

イーサ(ETH)は、5月21日に上昇トレンドラインで反発したことで、強気派がこのレベルでの押し目を買っていることが示された。強気派は今後、2,159ドルの直上のレジスタンスまで価格を押し上げようとするが、そこでは、弱気派が激しく抵抗するだろう。

ETH/USDT daily chart. Source: TradingView

価格が直上のレジスタンスから下降に転じた場合、上昇トレンドラインまで下落する可能性がある。これは、短期的に注目すべき重要なレベルだ。価格が上昇トレンドラインから反発した場合、2159ドルを突破する見通しが強まる可能性がある。その場合、ETH/USDTペアは、2,500ドルへの上昇を試みるだろう。

一方、価格が現在のレベルや直上のレジスタンスから下降に転じ、上昇トレンドラインを割り込むと、価格位は数日間2159ドルと1700ドルの間で足止めされる可能性を示唆することになりそうだ。

XRP/USDT

リップル(XRP)は、5月19日に強気派が0.38ドルのサポートの防衛に成功した後、回復を試みている。強気派は今後、20日EMA(0.47ドル)まで価格を押し上げようとする。

XRP/USDT daily chart. Source: TradingView

下降する移動平均線とマイナス圏のRSIは、弱気派が優勢であることを示している。売り手は20日EMAを守ろうとするだろう。そうなれば、XRP/USDTペアは直上のレジスタンスから下降に転じ、0.38ドルの強力なサポートまで下落する可能性がある。

逆に、強気派が価格を20日EMAの上に押し上げると、短期トレンドの変化の可能性を示唆する。その場合、同ペアは0.50~0.55ドルのオーバーヘッドゾーンまで上昇し、大きな障害となる。

下降局面では、5月12日の日中安値0.33ドルを再テストするために、0.38ドル以下に価格を沈めて維持する必要がある。


 

 

【関連記事】
株を売るタイミングは?チャートから利確を判断する方法
買いを入れるタイミングは?実際のチャートで解説【株式投資】
チャートの見方・基本を解説【初心者向けテクニカル分析】
損切りのタイミングと損切りしないとどうなるか解説
どの銘柄をいくら買うべき?ポートフォリオとアセットアロケーション【分散投資】
積立投資をしよう!仮想通貨にも有効なドルコスト平均法とは