BTC/USDT

ビットコインは2月7日に50日単純移動平均線(SMA:42,659ドル)を上抜け、2月8日に45,456ドルのオーバーヘッドレジスタンスに到達した。このレベルが強い抵抗となり、価格はここから下降に転じた。

BTC/USDT daily chart. Source: TradingView

BTC/USDTペアは2月8日に同時ローソク足パターンを形成し、強気派と弱気派の間で拮抗している。しかし、上向きの20日指数移動平均(EMA:40,751ドル)とプラスゾーンの相対力指数(RSI)は、強気派に有利であることを示している。

強気派が価格を45,456ドル以上に押し上げた場合、価格は48,000ドルまで上昇し、その後52,088ドルの強固なレジスタンスラインまで上昇する可能性がある。この想定に反して、価格が現在の水準から下落に転じ、50日SMAを割り込むと、20日EMAまで下落するかもしれない。

ETH/USDT

イーサ(ETH)は、2月7日にチャネルのレジスタンスラインをブレイクし、その上で取引を終えた。これは、下降トレンドが終了する可能性を示している。2月8日に50日SMA (3208ドル)を防衛したものの、弱気派は価格をチャネルに引き戻すことができなかった。

ETH/USDT daily chart. Source: TradingView

これは、強気派がチャネルのレジスタンスラインをサポートに反転させようとしていることを示唆している。強気派は再び、2月9日の50日SMAの上に価格を押し上げようとするだろう。彼らが成功した場合、ETH/USDTペアは新たな上昇を開始する可能性がある。

3400ドルに小さな抵抗があるが、このレベルを超えた場合、3900ドルまで上昇する可能性がある。上昇する20日EMA(2924ドル)とプラス領域のRSIは買い手に有利であることを示している。

この強気な見方は、価格が20日EMA以下に沈んで維持されれば、短期的には無効になる。

XRP/USDT

リップル(XRP)は急騰し、2月7日に50日SMA(0.75ドル)を上回った。これは、下降トレンドが終わる可能性を示す最初の兆候だ。トレーダーは0.91ドル付近で利益確定しており、小規模な調整または統合になる可能性がある。

XRP/USDT daily chart. Source: TradingView

移動平均線は強気のクロスオーバー寸前で、RSIは買われすぎのゾーンにあることから、強気派に有利であることがわかる。価格が現在のレベルから上昇に転じるか、0.75ドルから反発した場合、強気派はXRP/USDTペアを0.91ドル以上に推し進めようとするだろう。

もし成功すれば、この上昇は心理的水準である1ドルに達する可能性があり、そこでは再び弱気派が抵抗する可能性がある。価格が下降に転じ、移動平均線を割り込むと、このポジティブな見方は無効になる。

 

【関連記事】
株を売るタイミングは?チャートから利確を判断する方法
買いを入れるタイミングは?実際のチャートで解説【株式投資】
チャートの見方・基本を解説【初心者向けテクニカル分析】
損切りのタイミングと損切りしないとどうなるか解説
どの銘柄をいくら買うべき?ポートフォリオとアセットアロケーション【分散投資】
積立投資をしよう!仮想通貨にも有効なドルコスト平均法とは