インド中銀、「仮想通貨を禁止しているわけではない」【ニュース】

インドの経済メディア、エコノミック・タイムズ・オブ・インディアは21日、インドの中央銀行であるインド準備銀行(RBI)が「仮想通貨を禁止したわけではなく、関連するリスクから銀行などの対象機関を保護する意図だ」とのコメントを掲載した

報道によると、インドのインターネットアンドモバイル協会(IAMAI)が提出した請願書への応答で答えた。IAMAIは中銀に2018年に出された仮想通貨禁止の撤回を求めていた。

9月にRBIが最高裁判所に提出した資料では「第一にRBIは国内の仮想通貨を禁止してはいない。RBIは規制対象の団体に対し、仮想通貨を取り扱ったり、決済するサービスを提供しないように支持した。RBIは規制対象の企業を他の企業の法的、運用のリスクに加え、評判および財務リスクをもたらす活動に関わることから守る」と述べている。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン
 

【関連記事:スイス政府「デジタル通貨の恩恵はなし」|中銀は一般向けじゃなければ”あり”との見方

【関連記事:各国中銀のCBDC共同研究グループ、年内に報告書|発行は各国が独自判断=日経

【関連記事:インドの税務当局、仮想通貨調査のため職員を密かに訓練 内部資料を独自入手

【関連記事:インド政府、国家戦略としてブロックチェーン推進を計画|仮想通貨ビットコインとの差別化が鮮明に

【関連記事:「仮想通貨の父」前CFTC委員長、米国版CBDC導入の必要性訴える

【関連記事:さよなら「仮想通貨の父」ジャンカルロ 米議会、CFTCの新委員長を承認​​​​​​​