インド政府、国家戦略としてブロックチェーン推進を計画|仮想通貨ビットコインとの差別化が鮮明に【ニュース】

インド政府は国家戦略としてブロックチェーンを推進することを計画している。インディア・タイムズが27日に報じた

27日、インドの電子情報技術大臣が「国家レベルでのブロックチェーンの枠組みが準備されている」と発言。政府やバンキング、ファイナンス、サイバーセキュリティーなどの分野で適用可能な「重要リサーチ領域の1つ」と続けた。

10月末には中国の習近平国家主席がブロックチェーンの推進を中核戦略にすると発言。ブロックチェーンだけでなくビットコインなど仮想通貨にも恩恵があるとして相場は急騰したが、先週のトレード取り締まり強化によって、状況は一変した。

2027年には中国を抜いて人口で世界一になると推測されるインド。今回の国家戦略もあくまでブロックチェーン技術の推進が主眼に置かれているようだ。

今年7月、インドの専門家委員会がインド国内で仮想通貨を全面禁止する案を政府に提案と報じられている。

【関連記事:インドの仮想通貨全面禁止案は「人材流出招く」 業界関係者が懸念 既に拠点を移した企業も

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン