SWIFT News

SWIFT, or a Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication, is a co-operative organization that is the provider of the SWIFT network — a standard for exchanging transaction information between financial institutions. SWIFT was founded in 1973 in Belgium. SWIFT is currently used by most international banks and is famous for its secure and trusted network. That being said, SWIFT has its flaws and is investing in the further development the system. With multiple blockchain competitor companies like Ripple, which plans to speed up and establish the highest level of security in banking transactions, SWIFT is actively working on implementing blockchain technology into their protocol. SWIFT’s blockchain tests have already been conducted and have showed very good results. However, SWIFT’s team concluded that distributed ledger technology should be improved in order for it to be implemented into the international banking system.
ニュース
ブリュッセルに拠点を置くSWIFT(国際銀行間通信協会)は3日、クロスボーダーの即時決済システムが本格的に始動したと発表した。
SWIFTのクロスボーダー即時決済システム、英国の決済システムと接続
Sam Bourgi
2020-12-04T12:45:13+09:00
1933
ニュース
キルギスの中央銀行は、同国で争議中の議会選挙をめぐる不安が広がる中、国際銀行間通信協会(SWIFT)上でのクロスボーダー取引を無効化した。
キルギス中銀、SWIFTのクロスボーダー取引を一時停止
Helen Partz
2020-10-08T09:12:00+09:00
1414
ニュース
タイのブロックチェーンスタートアップ「ライトネット(Lightnet)」は、東南アジアでのクロスボーダーペイメントを促進するため、3120万ドル(約34億円)を調達した。
仮想通貨ステラのブロックチェーンを使うタイのスタートアップ、約34億円調達 | 日本のセブン銀行などアジア企業が出資【ニュース】
Helen Partz
2020-01-14T16:22:22+09:00
1708
ニュース
SWIFT(国際銀行間通信協会)が2020年中に加盟企業の9割で海外送金を30分以内で行う新システムの導入を計画している。日本経済新聞が報じた。
海外送金を30分以内で SWIFT、2020年に加盟社9割で実現目指す=報道 |仮想通貨XRPやJPMコインと競争激化へ【ニュース】
Cointelegraph Japan
2019-11-06T08:10:00+09:00
2170
ニュース
銀行間の送金ネットワークを運営するSWIFT(国際銀行間金融通信協会)は、仮想通貨を「不安定で役に立たない」ものと考えてるようだ。SWIFTの匿名の人物が、フィンテック系メディアの「フィンテック・フューチャーズ」に対して語った。
国際送金のSWIFT「仮想通貨は役立たず」、「ヨーヨーのように不安定」とも
Marie Huillet
2019-09-10T20:46:49+09:00
4580
ニュース
SWIFT(国際銀行間金融通信協会)は18日、クロスボーダー(国をまたいだ)送金で即時決済に成功したと発表した。
仮想通貨XRPなどを意識?SWIFT、最速13秒のクロスボーダー送金に成功と発表
Adrian Zmudzinski
2019-07-22T20:45:04+09:00
9202
ニュース
金融庁が仮想通貨を国内外の取引所経由で送金する際に個人情報をやり取りするために仮想通貨版のSWIFTを創設する計画であることがわかった。
日本主導で仮想通貨SWIFT創設へ|FATFで承認、数年以内の稼働目指す=ロイター
Cointelegraph Japan
2019-07-18T13:30:00+09:00
10300
ニュース
SWIFT(国際銀行間金融通信協会)は先週、同社が開発したグローバル・ペイメント・イノベーション(GPI)をブロックチェーン企業に開放すると発表した。リップル、JPモルガン、フェイスブックのコンソーシアムなどをはじめクロスボーダー(国をまたいだ)送金市場での競争は激化している。
SWIFT、GPI決済をブロックチェーン企業に開放へ | リップル、JPモルガン、仮想通貨リブラとの競争激しくなる中
Ana Alexandre
2019-06-25T08:18:00+09:00
5651
ニュース
リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOが17日にスイス国立銀行主催のカンファレンスに登場し、既存のクロスボーダー(国をまたいだ)送金システムに対するブロックチェーンやXRPの優位性を主張した。ガーリングハウス氏は民間企業からの唯一の参加者と見られており、同氏のパネルにはIMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事をは...
リップルCEO、「xCurrentはSWIFT2.0」と発言 |IMFラガルド専務理事ら参加のパネルで仮想通貨XRPの優位性も解説
Cointelegraph Japan
2019-05-20T12:45:00+09:00
7395
ニュース
SWIFT(国際銀行間金融通信協会)は、大手金融機関とともに、ブロックチェーン技術を活用した株主の議決権行使の概念実証(PoC)を実施する。
国際送金ネットワークのSWIFT ブロックチェーン技術を使った議決決行使で実証実験 HSBCやドイツ銀行など大手金融機関参加
Adrian Zmudzinski
2019-03-07T13:20:00+09:00
1607
ニュース
米大手銀行JPモルガン・チェースが14日に発表した独自の仮想通貨JPMコイン。実はこれがクロスボーダー(国をまたいだ)送金市場でしのぎを削り合うSWFIT(国際銀行間金融通信協会)とリップルにとって痛手になるのではないかという見方が出ている。
”リップルキラー” JPモルガンの独自仮想通貨 リップル(XRP)とSWIFTにとって痛手?|見方分かれる
Cointelegraph Japan
2019-02-15T12:30:00+09:00
6424
ニュース
SWFIT(国際銀行間金融通信協会)のグローバルバンキング部門トップであるウィム・レイメーカーズ氏が、クロスボーダー(国をまたいだ)送金におけるリップル社の課題について指摘し、自社が開発したGPI(グローバル・ペイメント・イノベーション)の優位性について語った。
SWIFT 国際送金でリップルに対する優位性を主張 |ブロックチェーンや仮想通貨の役割に懐疑的
Cointelegraph Japan
2019-02-11T11:15:00+09:00
7438
ニュース
中国の大手現地投資銀行CICCリサーチはアリペイが導入したブロックチェーン基盤のクロスボーダー(国をまたいだ)送金サービスについて評価レポートを出し、同サービスを使えばフィリピンの労働者が年間1億香港ドル(約14億円)を節約できる可能性があると試算した。
アリペイの国際送金サービス 年間14億円節約か|SWIFTに挑戦 リップルのライバルか
Cointelegraph Japan
2019-02-10T11:10:00+09:00
5808
ニュース
SWIFT(国際銀行間金融通信協会)が30日、分散型台帳技術開発のR3と提携する計画を発表した
SWIFT 分散型台帳技術R3と提携発表 | 仮想通貨XRPめぐりSWIFTのCEOとリップルCEOが衝突も
Marie Huillet
2019-01-31T13:05:00+09:00
4133
ニュース
イランが今週開催されるイベントで、イラン政府が支援する独自仮想通貨を発表する可能性が浮上している。中東の大手メディア、アルジャジーラが27日に報じた。
イランが今週にも独自仮想通貨を発表か=アルジャジーラが報道 | 米国の経済制裁やSWIFT回避への布石か
William Suberg
2019-01-28T18:27:17+09:00
2776
ニュース
リップルのブラッド・ガーリングハウスCEOが23日、スイスのダボス会議(世界経済フォーラム)のパネルに登壇し、現在、クロスボーダー(国をまたいだ)送金市場では10兆ドル(約1090兆円)事前積立金という無駄が発生していると指摘し、改めて仮想通貨XRPによる効率化の必要性を訴えた。
リップルCEO 国際送金市場における10兆ドルの無駄を指摘 | 仮想通貨ビットコインとXRPの役割の違いも解説
Cointelegraph Japan
2019-01-24T18:10:00+09:00
3197
ニュース
クロスボーダー(国をまたいだ)送金市場を支配するSWIFT(国際銀行間金融通信協会)のゴットフリー・ライブラントCEOが23日、スイスのダボスで開かれている世界経済フォーラムで、仮想通貨は危険だという認識を示した。
リップルやアリババから驚異感じず?「仮想通貨は危険」発言で国際送金システムSWIFTのCEOが孤立
Cointelegraph Japan
2019-01-24T07:55:00+09:00
11274
ニュース
米国の仮想通貨取引所コインベースが22日、積極的な海外展開計画を明らかにした。先日はライバルの仮想通貨取引所バイナンスも英国や欧州向けに取引サービスを立ち上げており、今後、両社の競争は激化しそうだ。
仮想通貨取引所コインベース OTC取引の海外展開を発表 | リップルやIINの競争相手SWIFTのサポートも発表
Adrian Zmudzinski
2019-01-23T15:00:00+09:00
3649
インタビュー
今月はじめ、仮想通貨リップル(XRP)のクジラ(大口投資家)セス・リム氏が、コインテレグラフ・ジャパンのオフィスを訪れた。
ビザやマスターカードがSWIFTを見捨てる日…仮想通貨XRPのクジラがリップルの転換期について語る
Cointelegraph Japan
2018-12-29T11:00:00+09:00
32687
ニュース
今年の新興国への送金額が過去最高を記録する見込みだと8日に世界銀行が発表した。
リップルやIINなどブロックチェーン企業に期待? 世界銀行、新興国への国際送金額 過去最高も「送金コストは高い」
Cointelegraph Japan
2018-12-10T16:30:00+09:00
4067
ニュース
国際銀行間金融通信協会(SWIFT)が、クロスボーダーでの送金のスピードを高め、エラーを少なくするため新たなシステム構築に向けて動き出している
仮想通貨リップルやIINに対抗か SWIFT 新たな送金システムを構築
Cointelegraph Japan
2018-12-07T12:00:00+09:00
4153
ニュース
SWIFTインディアが20日、フィンテック企業のMonetaGoと提携し、金融商品の効率化とセキュリティ強化に向け、分散型台帳(DLT)ネットワークの試験事業を実施すると発表した。
SWIFTインディアとフィンテック企業が提携、ブロックチェーン試験実施へ
Ana Alexandre
2018-11-21T20:35:00+09:00
1205
ニュース
マレーシアの大手金融機関CIMBはがリップル社(XRP)のクロスボーダー決済ネットワーク「リップルネット」に加盟した。
マレーシア大手金融機関、リップルのクロスボーダー決済ネットワークに参加
Marie Huillet
2018-11-16T20:48:12+09:00
7183
ニュース
リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOが13日、ブルームバーグのインタビューに答えて、銀行間の国際的な決済ネットワークであるSWIFT(国際銀行間通信協会)を追い抜くことを目指していると発言した
リップルCEO、SWIFTとの噂を否定 今後の仮想通貨XRPの材料にも言及
Cointelegraph Japan
2018-11-14T11:45:00+09:00
9376
ニュース
銀行間の国際的な決済ネットワークであるSWIFT(国際銀行間通信協会)が複数のイランの銀行を国際送金網から遮断し始めたことを受けて、仮想通貨業界からは「脱ドル」に拍車がかかるだろうという声が上がっている。
「脱ドルの流れ加速」SWIFTがイランの銀行を遮断、仮想通貨ビットコインには追い風か
Cointelegraph Japan
2018-11-13T09:50:00+09:00
2209
ニュース
SWIFT「ブロックチェーンは銀行間取引の調整に有効」
SWIFT「ブロックチェーンは銀行間取引の調整に有効」
Molly Jane Zuckerman
2018-03-09T19:59:12+09:00
12143

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー