Proof of Work News

Proof-of-work is a consensus algorithm developed to protect decentralized networks from any malicious activities. The initial concept of PoW was first described in 1993. The two steps of a proof-of-work algorithm are to solve difficult and time consuming tasks and to check the results. Despite the fact those tasks can be solved, they required a large amount of computer power. The difficulty of the tasks varies in order to control the frequency of discovery of the new blocks, which can be found approximately one block in 10 minutes because of the need to synchronize all discovered blocks among the users holding the blockchain. Due to the fact that the process is energy consuming and random, it is impossible to say for sure which Bitcoin-miner will solve the task and discover the block.

ニュース
中国の仮想通貨マイナーは、イーサリアム(ETH)が過去最高値を更新する中、ETHをマイニングするためにエヌビディアのラップトップを購入している。
中国の仮想通貨マイナーがゲーミングPCをまとめ買い、イーサリアムをマイニングするために
Helen Partz
2021-02-09T16:54:00+09:00
16557
ニュース
共和党のトム・エマー下院議員は議会図書館に依頼していた調査の報告書を受け、仮想通貨で取得した利益に関してより明確な課税指針を設けるよう求めた。
PoSのステーキングへの課税は? 米議会図書館が世界の仮想通貨税制を調査
Greg Thomson
2021-02-07T12:00:00+09:00
11274
ニュース
ここ最近のビットコイン(BTC)価格の急騰により、マイナーによる電力消費量が大きく増えていることから、成長を続ける仮想通貨の環境への影響についてコミュニティ内で新たな論争が巻き起こっている。
ビットコインによる電力消費量が急増、仮想通貨コミュニティで論争に
Helen Partz
2021-02-07T11:00:00+09:00
9518
ニュース
米国大手仮想通貨取引所コインベースは、イーサリアム2.0をサポートするための計画を明らかにした。
本日イーサリアム2.0 仮想通貨取引所コインベースがサポート計画を発表
Sam Bourgi
2020-12-01T07:54:29+09:00
1779
ニュース
インドの大手仮想通貨(暗号資産)取引所コインDCXは、イーサリアム(ETH)2.0のローンチを見越して、ETH2.0のステーキングをサポートするプラットフォームを準備している。
インドの仮想通貨取引所、イーサリアム2.0のローンチを見据えETHステーキングのサポート表明 | 32ETH以下でも参加可能に
Helen Partz
2020-11-11T14:30:48+09:00
1945
ニュース
リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOは、次期米国大統領に民主党のジョー・バイデン氏が当確になったという報道を受けて、仮想通貨ビットコイン(BTC)が環境政策の標的になる可能性を指摘した。
バイデン氏の環境政策 仮想通貨ビットコインが標的に?リップルCEOが予想
Sam Bourgi
2020-11-10T08:23:46+09:00
5984
ニュース
仮想通貨(暗号資産)データ分析のグラスノード(Glassnode)のデータによると、現在流通しているETHの90%以上が「利益を上げている状態」にある。
仮想通貨イーサリアム、供給量の90%が「利益がある状態」=グラスノードが分析
Helen Partz
2020-08-05T14:37:00+09:00
2698
オピニオン
ブロックチェーン技術は近年、経済の様々な分野で導入されている。イノベーションや成長を促進し、付加価値をもたらしている。導入されている業界の中で特に注目されているのがゲーム業界だ。
ゲーム産業はブロックチェーンの普及をリードする
Artem Kabanov
2020-08-01T08:00:00+09:00
2194
ニュース
PoWデジタル通貨の作成者であるエミン・ギュン・シラー氏は、多くの仮想通貨がテクノロジーの進化に貢献しない、金儲けだけのためのものだと主張している。
「仮想通貨の95%が詐欺という主張は正しい」 PoWデジタル通貨のパイオニアが主張
Helen Partz
2020-05-02T14:18:13+09:00
3829
ニュース
利用者の機密情報に配慮した匿名通貨ビーム(Beam)は4月22日、2回目のハードフォークを行うと公式ブログ上で明らかにした。ブロック高が「777777」に到達する6月28日頃を予定しているという。
匿名通貨ビーム、6月28日頃にハードフォーク予定と発表
Helen Partz
2020-04-23T12:18:16+09:00
1492
ニュース
仮想通貨ビットコイン(BTC)は、ビットコイン採掘に採用されるアルゴリズムを「プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work, 略称PoW)」から「プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake, 略称PoS)に変更するだろうとスイスの仮想通貨ブローカー「ビットコイン・スイス」の創業者であるニクラス・ニコラ...
「仮想通貨ビットコインはイーサに追随、PoSへ移行」ビットコイン・スイス創業者が予測
Marie Huillet
2020-04-15T08:23:31+09:00
2422
ニュース
大手仮想通貨取引所フォビは、2019年に仮想通貨マイニングで大幅増収となった。プルーフ・オブ・ステーク(PoS)によるステーキングが事業を牽引した。
フォビの仮想通貨マイニング事業、19年の収益が6.5倍に PoSによるステーキングが牽引
Helen Partz
2020-03-20T12:17:21+09:00
2471
ニュース
カデナは1月15日、「ハイブリッドブロックチェーン」をうたう「Kadena(KDA)」の運用開始を発表した。このハイブリッドとは、パブリックチェーンとプライベート(許可型。Permissioned)ブロックチェーンとを並列させて利用でき、さらに相互接続・相互運用可能なことを意味しているようだ。またKadenaは、スマー...
JPモルガンの分散型台帳技術をフォーク、「ハイブリッドブロックチェーン」をうたう「Kadena」が立ち上げ【ニュース】
Helen Partz
2020-01-16T12:34:16+09:00
955
ニュース
中国のマイニング用集積回路(ASIC)メーカーのカナン・クリエイティブは、5ナノメートル(nm)チップの新たなマイニングマシーンを2020年第1四半期に公開する。同国業界ニュースの8BTCが12月24日に報じた。
中国カナン、5nmチップを採用した仮想通貨マイニング装置を発売へ 競合ビットメインに対抗【ニュース】
Adrian Zmudzinski
2019-12-27T14:37:43+09:00
1092
ニュース
イーサリアム創設者のヴィタリック・ブテリン氏は、スケーラビリティ改善を目指すイーサリアム2.0移行をスピードアップするための提案を行った。
仮想通貨イーサリアムのヴィタリック・ブテリン、2.0移行スピードアップで提案【ニュース】
Helen Partz
2019-12-26T07:36:18+09:00
941
インタビュー
ブロックストリーム社のアダム・バックCEOはコインテレグラフに対し、中国のデジタル人民元発行の可能性とステーブルコイン、フェイスブックのリブラについてコメントした。
仮想通貨ビットコイン一択「中銀デジタル通貨もリブラもいらない」=アダム・バック氏【ニュース】
Cassio Gusson
2019-11-26T10:23:00+09:00
2007
ニュース
イーサリアム財団のペーテル・シラージ(Péter Szilágyi)氏は、ハードフォーク「イスタンブール」を12月4日に予定していることを確認した。
仮想通貨イーサリアムのハードフォーク「イスタンブール」、12月4日予定を確認【ニュース】
Marie Huillet
2019-11-09T08:59:00+09:00
3262
ニュース
JPモルガンでブロックチェーン業務に携わっていたスタッフらが立ち上げた、カデナ(Kadena)は、独自ブロックチェーン「Chainweb」のメインネットを立ち上げた。ビットコインと同じプルーフ・オブ・ワーク(PoW)を採用しつつ、複数のチェーンを組み合わせてスケーラビリティの問題の解決を目指す。
JPモルガン出身者らの仮想通貨スタートアップ、独自ブロックチェーンのメインネット立ち上げ【ニュース】
Helen Partz
2019-11-05T12:44:00+09:00
1785
ニュース
イーサリアム2.0のブロック承認者は年間で4.6%から10.3%稼げる。イーサリアム開発者向けのイベント「デブコン5」でコンセンシスの幹部が発言していた。コインデスクが報じた。
イーサリアム2.0、仮想通貨イーサのステークで最大10%稼げるとの試算も【ニュース】
Helen Partz
2019-10-26T10:28:07+09:00
4792
ニュース
イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏は13日、イーサリアムのスケーラビリティ(利用者増への適応能力)問題への一時的な解決策として、ビットコインキャッシュのブロックチェーンを利用することを提案した。
仮想通貨イーサリアムのヴィタリック、短期でのビットコインキャッシュとの統合を提案
Helen Partz
2019-07-16T08:17:00+09:00
8350
ニュース
米サンフランシスコ拠点のテック企業チアネットワークは、環境に配慮した仮想通貨マイニング方法について説明したグリーンペーパーを公開した。ビットコイン生成と似た手法だが、計算ではなく「スペース」を活用した生成方法だとしている。
BitTorrent開発者が率いる米テック企業のチア、環境に配慮した仮想通貨マイニング方法を公開
Ana Alexandre
2019-07-10T16:07:00+09:00
961
ニュース
中国拠点のブロックチェーンプラットフォーム「ネオ(Neo)」が、コンセンサスアルゴリズムの最新版として、「dBFT 2.0(デリゲーテッド・ビザンチン・フォールト・トレランス 2.0)」をメインネットに実装した。
ブロックチェーンプラットフォーム「ネオ」、金融に最適とうたうコンセンサスアルゴリズム最新版「dBFT 2.0」を実装
Max Boddy
2019-06-05T17:30:00+09:00
1477
ニュース
仮想通貨モネロ(XMR)は、コンセンサスアルゴリズムとして採用しているPoW(プルーフ・オブ・ワーク)について、「ランダムX(RandomX)」アルゴリズムに10月に切り替えることを計画をしているという。この計画は、アルウィーブ(Arweave)との合意に基づいたもので、アルウィーブはその監査に資金を提供する。
仮想通貨モネロ、10月に新たなPoWアルゴリズム「ランダムX」への切り替えを計画
Adrian Zmudzinski
2019-05-26T10:48:57+09:00
2107
ニュース
仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)に2つのマイナーが51%攻撃を行った。仮想通貨ポッドキャスト「クリプトエコノミー」のホストであるガイ・スワン氏が24日にツイートした。51%攻撃が行われた日はビットコインキャッシュがハードフォークした今月15日だ。
仮想通貨ビットコインキャッシュに51%攻撃、2つのマイナーが不正防止のため実施か
Max Boddy
2019-05-25T09:07:48+09:00
5000
ニュース
アマゾンが、コンセンサスアルゴリズム「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」の課題に対する解決策として、マークルツリー(マークル木)生成を利用する際の特許を取得した。マークルツリーは、ブロックチェーンにおける取引データの要約結果を格納してツリー構造化するという仕組み。
アマゾン、ブロックチェーン関連特許を取得 PoWの課題解決としてマークルツリー生成を利用
William Suberg
2019-05-19T11:30:00+09:00
2944
ニュース
コーネル大学教授でブロックチェーン専門家としても知られるエミン・ギュン・シラー氏が、独自の仮想通貨とブロックチェーン「Ava」を発表した。
米コーネル大教授、独自仮想通貨アバを発表 取引スピードはVISA並み
Helen Partz
2019-05-19T10:30:00+09:00
1999

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー