仮想通貨関連のプライバシーや匿名通貨関連ニュース

仮想通貨ビットコインの誕生に先駆け、その思想的土台となった米サイファーパンク運動の発起人の一人、エリック・ヒューズ (Eric Hughes) はその「サイファーパンク宣言」(1993年)の中で、「プライバシーは選択的に自己開示する力」と定義した。私的な事柄を秘密にしておく権利という受動的な意味合いではなく、個人が自由と独立の原則に基づいて積極的に生きるために不可欠な力であるという定義は当時広い共鳴を呼んだ。それから約15年後に誕生したビットコインを使った取引は、2019年時点でも、匿名性とプライバシー性能という点でまだ多くの課題を抱え、物理的な現金(キャッシュ)にはあるファンジビリティ(代替性、Fungibility)がないと言われる。ブロックチェーンが分散型の開かれた台帳であるということに加え、アドレスや取引等からIPアドレスを追跡することが可能だからだ。ビットコインによる取引の匿名性を高める技術や手法は存在するが、初心者にはまだまだ難易度が高い。ライトニング・ネットワーク(Lightning Network)、ダンデリオン(Dandelion)、ミンブルウィンブル(MimbleWimble)等の開発が進み実装されていくことで、仮想通貨・ビットコインのプライバシー性能は高まっていくと見られる。ちなみに複数国の金融規制当局は、資金洗浄に悪用されることを恐れ、プライバシー性向の高い仮想通貨(匿名通貨)の所有や取引を事実上禁止している。

ニュース
フランスのリヨンを拠点とする市場調査ソリューションプロバイダーのReportLinker社のレポートは、ブロックチェーンのアイデンティティ市場が、年率71%近くの高い成長を遂げると予測している。
ブロックチェーン使ったID市場、2025年までに35億ドル成長
Marie Huillet
2021-08-03T09:14:17+09:00
974
ニュース
ビットコインネットワークのノード数がはじめて1万3000を突破した。以前の過去最高の記録は、1月に達成した1万1613だった。
ビットコインネットワーク、ノード数が過去最高を更新
Osato Avan-Nomayo
2021-07-16T06:52:48+09:00
4434
フォローアップ
ビットコインの「タップルート」アップグレードが、今年11月にもアクティブ化される予定だ。タップルートによって、BTCにいったいどのような変化が訪れるのか?
ビットコインのアップデート「タップルート」、プライバシー改善とスマートコントラクト導入を可能に
Osato Avan-Nomayo
2021-07-04T07:00:00+09:00
4481
オピニオン
「スマートシティ」という言葉を聞いたことがあるだろうか。我々人類が将来実現するであろう未来的で理想的なアイデアだ。実際、シンガポールやソウル、アムステルダム、オスロ、東京といったいくつかの大都市ではすでに「スマート」への道を歩み始めている。
【オピニオン】スマートシティはプライバシーの問題を克服しなければならない
Sergei Lonshakov
2021-06-28T17:10:00+09:00
1403
PR記事
ある「最も完全な」分散型ブロックチェーンプロジェクトが、zk-SNARKS開発者たちにユースケース開発の見返りとして25万ドルを進呈するコンテストを開催中だ。
Zcashのプライバシーコントロールで25万ドル進呈!「zk-SNARKSコンテスト」堂々開催
Connor Sephton
2021-06-05T10:46:37+09:00
4832
ニュース
信用格付け機関であるフィッチ・レーティングスは、中央銀行デジタル通貨(CBDC)が、関連するリスクが管理されていない場合、金融システムに脅威をもたらす可能性があると警告している。
中央銀行デジタル通貨、金融システムにリスクをもたらす懸念=格付け機関フィッチがレポート
Helen Partz
2021-05-19T11:53:38+09:00
7609
ニュース
ソーシャル・トークン・プラットフォームであるビットクラウト(BitClout)上にシンガポールのリー・シェンロン首相の名前を使ったトークンが無断で販売されていたことがわかり、リー首相が注意喚起した。
シンガポールのリー首相、トークン販売で名前使われ国民に注意喚起
Turner Wright
2021-04-05T07:38:27+09:00
3893
ニュース
中国人民銀行の関係者によると、中国当局は、同国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)であるデジタル人民元のユーザーのプライバシーを最大限に確保する用意があるとのことだ。
中国のデジタル人民元、最大限のプライバシー保護を提供する=中国人民銀行幹部
Helen Partz
2021-03-23T14:40:00+09:00
3435
ニュース
プライバシー重視の大手メッセージアプリのシグナルで15日、ビットコインなど仮想通貨の寄付を受け付けることが発表された。
プライバシー特化のメッセージングアプリのシグナル 仮想通貨での寄付を受付開始
Helen Partz
2021-03-17T17:05:00+09:00
8869
ニュース
プライバシーに重点を置いたブラウザであるブレイブ(Brave)は、プライベートな検索エンジンの提供に近づいている。
プライバシー重視ブラウザ「ブレイブ」、独自検索エンジン開発に向けTailcatを買収
Helen Partz
2021-03-04T15:24:46+09:00
3960
PR記事
あるフランスのプロジェクトが、最新の分散型個人情報識別子をローンチし、個人情報のセキュリティにおいて「パラダイムシフト」を起こすとしている。
信頼のインターネット:Web 3.0時代になぜセキュアなデジタルアイデンティティが必要か
Connor Sephton
2021-02-27T18:15:00+09:00
6532
価格分析
仮想通貨市場の強さは、プライバシーを重視したコインにも広がっているようだ。
プライバシーコインの季節? モネロやジーキャッシュ、ダッシュの匿名通貨に上昇の動き広がる
Michaël van de Poppe
2021-02-16T17:57:46+09:00
13304
オピニオン
デジタルの世界では、データは今や金(ゴールド)や石油と同じくらいの価値を持つようになった。成功を収めるためには、企業はデータを商品のように扱い、取引して利益を得るようにしなければならない。データはAIや機械学習アルゴリズム新しいユースケースを提供できることから特に需要が高まっている。
【オピニオン】拡大するデータ市場でのブロックチェーン技術の必要性とは
Humayun Sheikh
2021-02-15T16:37:39+09:00
2364
ニュース
カナダの主要大学が、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発を中心とする新しい研究をカナダ中央銀行(BoC)に提出し、この分野で進行中の技術革新を強調する形となった。
カナダの主要大学4校、カナダ中央銀行にCBDCの企画案を提出
Sam Bourgi
2021-02-14T12:00:00+09:00
14380
ニュース
仮想通貨のダッシュ(DASH)は2020年に目覚ましい成長を遂げ、1日の平均取引量やユーザー、実店舗での支払が大幅に増加した。
仮想通貨ダッシュ、2020年に目覚ましい成長 | 平均取引量や支払額が増加
Sam Bourgi
2021-02-05T12:55:59+09:00
4985
ニュース
ベーシック・アテンション・トークン(BAT)をもとに構築されたプライバシー中心のウェブブラウザであるブレイブ(Brave)は、2020年の間にユーザーベースが2倍以上に増加した。
プライバシー重視ブラウザ「ブレイブ」、アクティブユーザーが2020年に倍増  月間2500万人に
Greg Thomson
2021-02-03T14:25:00+09:00
6236
ニュース
米国の人権団体「ヒューマン・ライツ・ファンデーション」の最高戦略責任者であるアレックス・グラッドスタイン氏は、仮想通貨やプライバシーツールの米国での報道姿勢を批判している。
ビットコインや仮想通貨を「悪魔化してはいけない」、米人権団体の最高戦略責任者が警鐘
Turner Wright
2021-01-27T15:44:54+09:00
5258
ニュース
プライバシーに特化したメッセージアプリである「シグナル(Signal)」が仮想通貨決済サービスの開発を進めていると報じられている。
プライバシー特化のメッセージングアプリのシグナル、仮想通貨決済サービスを導入か
Osato Avan-Nomayo
2021-01-27T09:28:38+09:00
2250
ニュース
FinCENは26日、自己ホスト型ウォレット規制のパブリックコメントの期間をこれまでの15日から60日に変更すると発表した。
米イエレン財務長官、仮想通貨の自己ホスト型ウォレット規制に歩み寄り
Kollen Post
2021-01-27T08:21:00+09:00
2422
オピニオン
新型コロナウイルスによって、生活の多くがオンラインに接続されたことで、デジタル・アイデンティへの注目が高まっている。
【オピニオン】デジタルIDがプライバシーのジレンマを解決する 2021年はデータ主権の幕開けに
Beni Issembert
2021-01-25T17:30:00+09:00
12717
ニュース
Bitnodes.ioによると、ビットコインノードの数は史上最高を更新した。現在アクティブなノードは1万1558に達した。
仮想通貨ビットコイン、ノードの数が史上最高を記録
Cyrus McNally
2021-01-20T16:52:58+09:00
6406
ニュース
ビットコイン(BTC)ネットワークは、Torネットワークの大規模な停止後、BTCノードの実行に関して着実に回復している。
Tor対応のビットコインノード数が回復 、ネットワークの問題で一時的に急減
Helen Partz
2021-01-16T16:19:55+09:00
8680
年始スペシャル
混沌とする世界情勢を背景に、仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーンは2021年、どう動いていくのだろうか。コインテレグラフでは仮想通貨・ビットコインの技術や相場に詳しい海外の専門家に、2021年の注目ポイントについて話を聞いた。
識者18人に聞くビットコイン ブロックチェーン業界の今後の注目ポイント 2021年予想【年始特集】
Max Yakubowski
2021-01-07T12:32:00+09:00
8590
ニュース
米証券取引委員会(SEC)がリップルを提訴するなど、規制当局の取り締まりが強まる中で、匿名通貨ダッシュの日和見的な態度に批判が飛び交っている。
匿名通貨ダッシュ、大手仮想通貨取引所の上場廃止を受けて「プライバシーコインではない」と強調
Andrew Thurman
2021-01-04T09:30:00+09:00
8690
ニュース
米議会の9人の議員がスティーブン・ムニューシン米財務長官宛ての書簡に署名し、仮想通貨規制の策定により時間をかけるよう要請した。
米連邦議員、財務省の仮想通貨新規制案は性急と非難
Kollen Post
2021-01-03T10:00:00+09:00
12846
ニュース
今年初めにハードウェアウォレットプロバイダーのレジャー社のマーケティングデータベースがハッキングされた。ハッカーが同社の数千人分のユーザーデータを公開したことで、レジャー社は集団訴訟の可能性に直面している。
ハードウェアウォレット「レジャー」ユーザー、個人情報漏洩で集団訴訟の可能性を示唆
Turner Wright
2020-12-21T10:08:35+09:00
5407

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー