デジタル通貨 ニュース

デジタル通貨とは、実物が存在せず、デジタル形式でのみ存在するタイプの通貨のことである。デジタル通貨には、仮想マネーや仮想通貨が含まれる。このデジタル通貨は、従来の通貨と同様に物品の売買に使用できる他、即時取引とボーダーレスな所有権の移転が可能である。デジタルマネーは、ある特定のコミュニティー内での流通に限定することもできれば、全く自由に誰でも使用できるようにすることも可能である。また、デジタルマネーは非中央集権化することもできれば、放出の過程において中央集権的にすることもできるし、他の通貨や流動資産を担保とすることもできれば、担保なしでも機能することが可能である。デジタル通貨への投資は、値動きの激しい仮想通貨が爆発的に高騰したことから人気を集めてきており、それらは格好の投機手段となっている。デジタル通貨は便利で進歩的である反面、まだ十分に普及しているとは言えず、ほとんどの銀行が取り扱っていないのが現状である。