ビットコイン先物ニュース

ある金融商品を、将来のある時期(期限)までにあらかじめ決めた価格で売買する「先物取引」。米国のシカゴ・オプション取引所(CBOE)とシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は2017年12月、伝統的な証券取引所として初めてビットコイン先物の提供を開始し、大口投資家を仮想通貨市場に呼び込んだ。ビットコイン先物ニュースでは、現物株にも大きな影響を与える先物市場の動向をカバーする。

市場分析
ビットコインが急落しシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のビットコイン先物チャート上の重要な「窓」が埋まった。
ビットコイン急落で先物チャートの窓埋め完了 先物市場では1000億円の強制決済も
Joseph Young
2021-02-23T00:21:14+09:00
23518
市場分析
一時的に上昇する資金調達率とレバレッジからビットコインのさらなる上昇余地が示されており5万ドルに向かうシグナルと言えそうだ。
ビットコイン先物の資金調達率上昇は、5万ドルに向かうシグナル
Marcel Pechman
2021-02-09T10:45:00+09:00
14464
市場分析
仮想通貨ビットコインは最近の安値である32400ドルから反発し、37200ドルと15%の上昇を記録した。これまで低い価格レンジで動いていたビットコインだったが、この動きは強気につながるような印象的な上昇だった。多くのトレーダーがこの動きに追随すると思われた。
ビットコインが38000ドルを上抜けできない理由とは?
Marcel Pechman
2021-02-05T12:11:00+09:00
7177
市場分析
上場企業のビットコイン保有額を調査している。テクノロジー研究者のケビン・ルーク氏によると、上場企業のビットコイン保有量が12ヶ月間で5倍に増加していることが分かった。
上場企業のビットコイン保有量は1年で5倍に センチメントも浮揚傾向
Joseph Young
2021-01-28T09:09:00+09:00
10682
ニュース
世界最大の資産運用会社である米ブラックロックが証券取引委員会(SEC)に提出した目論見書から、ビットコインデリバティブへの参入を準備していることが分かった。
世界最大の資産運用ブラックロック、ビットコインデリバティブへの参入準備か
Sam Bourgi
2021-01-21T08:13:08+09:00
5113
市場分析
5億ドル相当の仮想通貨先物ポジションが清算された。ポジションの大量清算は、ビットコイン価格が17日に34000ドルを下回る直前に起きたものだ。
3万ドルへの下落を警戒せよ ビットコイン先物市場で買い需要不足
Joseph Young
2021-01-18T10:38:00+09:00
14350
ニュース
ビットコイン(BTC)価格が調整局面にある中で、仮想通貨取引所での取引量が急増している。
ビットコインの1日あたり取引量が急増 過去最高更新ペースに
Osato Avan-Nomayo
2021-01-13T08:30:00+09:00
4439
ニュース
インターコンチネンタル取引所(ICE)が保有する仮想通貨取引プラットフォームのバックト(Bakkt)は、VPCインパクト・アクイジション・ホールディングスとの合併を通じて、株式公開を目指しているという。
仮想通貨取引プラットフォームのバックト、合併を通じて株式公開の可能性=ブルームバーグ
Samuel Haig
2021-01-08T16:31:52+09:00
9167
ニュース
Deribitのユーザーは、2021年9月24日に期限が到来するオプション契約により、ビットコインが10万ドルに達する方に賭けることができる。
仮想通貨ビットコインは10万ドルに到達するか? その賭けに乗るトレーダーたち
Sam Bourgi
2020-12-20T12:04:21+09:00
19067
市場分析
CryptoQuantのデータによると、バイナンス・フューチャーにおえるビットコイン(BTC)先物の資金調達率は、12月18日にデリビットを上回った。歴史的には、これが起こった時には、ビットコインが天井を付けたか保ち合いの展開となっていた
仮想通貨ビットコイン、個人投資家のFOMOにはピークの兆候? 先物の資金調達率が焦点に
Joseph Young
2020-12-20T07:00:00+09:00
8401
市場分析
ビットコイン価格が2万ドルの大台を突破した一方、先物の建玉も79億ドルと過去最高を更新した。
ビットコイン先物の建玉が過去最高の一方で、出来高減少で弱気派が下落チャンス伺う
Marcel Pechman
2020-12-17T10:46:15+09:00
7327
ニュース
CMEグループが建玉の急増を受け、世界最大のビットコイン(BTC)先物市場になった。
CMEが最大のビットコイン先物市場に、仮想通貨取引所OKExを追い抜く
Sam Bourgi
2020-11-28T16:14:09+09:00
8145
ニュース
仮想通貨(暗号資産)デリバティブ取引所のBybitは、11月30日にビットコイン(BTC)/USDの四半期先物契約を展開すると発表した。
仮想通貨デリバティブ取引所Bybit、新しいビットコイン先物を開始
Sam Bourgi
2020-11-27T15:18:55+09:00
5241
市場分析
ビットコイン(BTC)価格が1万8500ドルから1万7200ドルに急落した後、一部のトレーダーからは慎重な声も出ているものの、強気相場がまだ無傷であることを示唆する複数のファクターがある。
仮想通貨ビットコイン、今後も強気相場が続く4つの理由
Joseph Young
2020-11-19T16:21:25+09:00
6464
マーケット
仮想通貨ビットコインは3年ぶりに18000ドルを超えて、2020年の最高値を更新した。
仮想通貨ビットコインついに3年ぶりに18000ドルを突破 アナリストが予想する反落はあるのか
Ray Salmond
2020-11-18T13:39:50+09:00
11934
マーケット
仮想通貨(暗号資産)ビットコインが18000ドルに向けて上昇する中で、調整なしに急騰していることでトレーダーからは「ブローオフトップ(Blow-off top)」が起きるのではないかとの声が上がっている。持続的な上昇を継続するためには少し小休憩が必要だと指摘されている。
ビットコインが18000ドルを超えたら「ブローオフトップ」 上昇は続くのか
Joseph Young
2020-11-18T10:38:03+09:00
12897
マーケット
仮想通貨(暗号資産)ビットコイン価格が上昇を続ける中で、新たに仮想通貨投資に参入した投資家の動きが需要を牽引していることが、仮想通貨資産運用を手がけるグレイスケールの調査で分かった。
新型コロナウイルスのパンデミックが新しいビットコイン投資家を誘引=グレイスケール調査
António Madeira
2020-11-18T08:45:40+09:00
6235
マーケット
データによると、大口投資家が12,000ドルから15,000ドルの範囲でビットコインを大量に蓄積している。Whalemapのアナリストによると、企業やクジラのような大口投資家は通常、長期的な投資戦略を念頭において資産を蓄積するため、これはポジティブな傾向だという。
仮想通貨ビットコイン、大口投資家でも「取り残される恐怖」が発生か
Joseph Young
2020-11-14T11:38:54+09:00
17043
マーケット
仮想通貨ビットコインは16,465~16,570ドルのCMEギャップに近づいている。このギャップが埋められた場合、BTC価格が17,200ドルを超えると予想するアナリストもいる。
仮想通貨ビットコイン、CMEギャップ解消に近づく | 次は1万8000ドルが照準か
Ray Salmond
2020-11-13T12:42:00+09:00
6751
ニュース
シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)では11月に入って仮想通貨(暗号資産)ビットコインの取引高が急増している。
CMEのビットコイン先物、11月に入り取引高が急増
Benjamin Pirus
2020-11-06T08:24:12+09:00
2221
ニュース
仮想通貨(暗号資産)業界全体は3年前と大きく異なっている。2017年は規制が整備されておらず、天文学的な価格上昇と多くの資金調達が行われた。現在はICOなど2017年にあった要素はほぼ消滅した。一方で、仮想通貨取引所クラーケンのレポートで指摘されるように、デリバティブ取引が急成長を遂げている。
仮想通貨デリバティブ取引量、スポットの3倍以上に=レポート
Benjamin Pirus
2020-11-03T09:00:14+09:00
1520
マーケット
週末になるにつれ、ビットコイン(BTC)価格は非常に力強いパフォーマンスで10月を締めくくるようにみえる。多くの強気派は、近い将来にBTCが2万ドルの史上最高値を超えると期待している。
仮想通貨ビットコイン:1万3620ドル以上を維持できれば、1万4000ドルへの上昇も射程に
Ray Salmond
2020-10-31T11:24:46+09:00
6714
マーケット
仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)のボラティリティが今月末までに大きく急騰する可能性がある。BTCオプション市場は7億5000万ドルという巨額の期日が近づいており、CME先物市場の建玉も急騰しているからだ。
ビットコインのボラティリティが怖い?ハロウィンに向けて期日迎える7億5000万ドルのBTCオプション
Joseph Young
2020-10-26T17:53:50+09:00
8327
マーケット
シカゴマーカンタイル取引所(CME)のビットコイン(BTC)先物が建玉の多さでで第二番目の取引所になった。米国の機関投資家によるビットコイン参戦が背景にあるとみられる。
ビットコイン先物でCMEが2番手に浮上 機関投資家の熱狂が背景か
Joseph Young
2020-10-24T10:16:24+09:00
3327
ニュース
米商品先物取引委員会(CFTC)が21日に発表したガイダンスで、仮想通貨(暗号資産)デリバティブ取引を行う企業に対し、顧客資産を慎重に保管するように求めた。CFTCは仮想通貨に関する投資家保護に取り組んでいる。
米CFTC、仮想通貨デリバティブでの分別管理など、顧客資産の取扱方針決定
Kollen Post
2020-10-22T09:27:26+09:00
1647
マーケット
シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)によると、機関投資家が保有する仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)のロングポジションが過去最高を記録している。しかし、CMEの最新レポートによると、ヘッジファンドのショートも過去最高を記録している。
ビットコインのロングとショートがともに過去最高 トレンド認識の違いはなぜ起こる?
Joseph Young
2020-10-20T11:03:00+09:00
3767

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー