タイの証券会社、同国証券委からICOオペレータとして承認される

タイのSeamico証券の子会社「SEデジタル」はタイ証券委員会(SEC)からICOのポータルオペレーターとして承認を受けたと発表した。タイの英字紙バンコクポストが報じた

今後、トークンを発行し、取引額は20〜30億タイバーツ(約71億〜107億円)を見込んでいるという。

SEデジタルは戦略的アドバイザリーやプライマリー商品、セカンダリーマーケットのサポートなど、ICOのための幅広いサービスを提供する。

ポータルはSECからの承認を得る前に、トークンの発行者を審査し、KYC(本人確認)やアンチマネーロンダリング、デューデリジェンス(顧客確認)の支援を行う。

タイでは今年3月に国内初のICOポータルを承認している。

【関連記事:タイのSEC 初のICOポータルを承認 今後STOに関する基準策定へ

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版