BTC/USD

ビットコイン(BTC)は1月28日に8,893ドルで200日間SMAを上抜けた。これはポジティブなサインだ。20日間EMAは上昇しており、相対力指数(RSI)は買われ過ぎのゾーンにあり、強気派が主導権を握っていることを示唆している。

(出典: Tradingview BTC USD daily chart)

しかし、強気派は9,600ドルでマイナーレジスタンスに直面する可能性がある。9,600ドルを突破することができれば、10,360.89ドルまで上昇する可能性がある。10,360.89ドルを超えることができれば、次に注意すべきレベルは、11,700ドル付近にある長期的な下降トレンドラインだ。

逆に、強気派が200日間SMAを超えた状態を維持できなかった場合、ビットコインは20日間EMAまで下落する可能性がある。20日間EMAは強力なサポートとなるだろう。7,856.76ドルを下抜けてしまえば、非常にネガティブだ。したがって、ロングポジションのストップロスは7,600ドルで維持しておこう。

ETH/USD

強気派は、イーサ(ETH)を173.841~180ドルのレジスタンスゾーンを上抜けようとしている。これに成功した場合、197.75ドルまで上昇する可能性がある。したがって、トレーダーはロングポジションのストップロスを150ドルで維持できる。

(出典: Tradingview ETH USD daily chart)

ETHは過去2回、197.75ドルから反落している(チャート上のオレンジの楕円マーク)。したがって、197.75ドルが再び強固なレジスタンスとして機能するとみられる。トレーダーは195ドルで部分的に利確し、残りのポジションのストップロスを170ドルに引き上げることができる。

想定に反して、強気派が直上のレジスタンスソーンを越えることができなかった場合、ETHは173.841~157.50ドルのレンジに戻ってします可能性がある。

XRP/USD

XRPは1月28日に直上のレジスタンスである0.2326ドルを越えてスケールした。0.25401ドルのマイナーレジスタンスまで上昇する可能性が出てきた。弱気派は0.25401ドルと200日間SMAが位置する0.258ドルとの間のゾーンを死守しようとするだろう。

(出典: Tradingview XRP USD daily chart)

このレジスタンスゾーンでXRPが反落した場合、再び0.2326ドルまで下落する可能性がある。しかし、強気派がXRPをレジスタンスゾーンを突破することができれば、0.34229ドルへの上昇も視野に入ってくる。20日間EMAが再び上向き始め、RSIはポジティブの領域にある。これは強気派が優位であることを示唆している。

XRPは0.20041ドルを下抜けてしまうとネガティブに転じる。したがって、トレーダーはロングポジションのストップロスを0.1995ドルに設定しておこう。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

【関連記事:ビットコインの強気相場再突入、トム・リーも確認

【関連記事:テスラ株とビットコインが接戦、1月を制するのはどっちか

【関連記事:仮想通貨ビットコイン9000ドル突破|次の重要局面は9700ドルか

【関連記事:強気派主導で1万ドルに向かうか|仮想通貨ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)のテクニカル分析

【関連記事:現在の仮想通貨ビットコイン相場を、著名テクニカルアナリストが強気だと思う理由とは..?

【関連記事:リップルIPO、仮想通貨XRPへの影響は?見方分かれる【独自】

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

 

【PR】コインテレグラフのレギュラーコメンテーター「トシムリン」が運営する「仮想通貨研究所LINE」の登録はこちらから!抽選で100名様に500円分のイーサリアム(ETH)をプレゼントキャンペーンも実施中!なぜETHなのか?その答えと「無料」でトレードにおける情報や「ツボ」と「コツ」を手に入れよう。