現在の仮想通貨ビットコイン相場を、著名テクニカルアナリストが強気だと思う理由とは..?【仮想通貨相場】

8600ドル付近を推移している仮想通貨ビットコインだが、著名仮想通貨アナリストは現在の相場が強気だと、強い自信を持っているようだ。

coin360
(出典:Coin360 日本時間1月27日18時50分)

著名仮想通貨アナリストのアレッシオ・ラスターニ氏は、現在の価格が、21日間EMA(指数平滑移動平均線)よりわずかに上に位置し反発したことを評価。この状態が起きたことがビットコインにとって「非常に強気相場」である証拠であるとしている。

ラスターニ
(出典:Alessio Rastani 水色のラインが21日間EMA)

もし21日EMAを下回った場合に「非常にまずい」ことになると指摘するラスターニ氏だが、最近はこの21日間EMAを下回ることはなくなったのではないかと考えるようになってきたという。

ラスターニ氏はこれまでにビットコイン相場について「高い確率で底が確認された」と発言。現在のサポートレベルは8000ドルから8200ドルの間になったと指摘した。強気相場になったかを確認するにはこの水準が維持できているかを確認する必要があると主張している。

21日間EMAはラスターニ氏がこれまでに、強気相場と弱気相場を見極めるための重要な指標としているもの。 上回っている限りは買い手がコントロールしていることを示しているという。


【関連記事:ビットコイン、長期の弱気チャネルを脱出|アルトコインは急降下

【関連記事:強気派主導で1万ドルに向かうか|仮想通貨ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)のテクニカル分析

【関連記事:仮想通貨ビットコイン9000ドル突破|次の重要局面は9700ドルか

【関連記事:仮想通貨ビットコインはあす難易度調整|高水準保ち、強気相場へのきっかけか

【関連記事:仮想通貨ビットコイン、一時8600台を回復|強気相場始まりのサイン?

【関連記事:保ち合い続く相場、強気サインも 仮想通貨ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)のテクニカル分析