ビットコインの強気相場再突入、トム・リーも確認【仮想通貨相場】

米国のマーケット調査会社ファンドストラット代表のトム・リー氏は、30日、ビットコインの強気相場再突入を確認した。

リー氏は、ビットコインが200日移動平均線を上回ったことを高く評価。「200日移動平均線を上回ると勝率が80%にジャンプする」と述べた。

「ビットコインは27日に200日移動平均平均線を突破した。ポジティブなマイルストーンだ。2020年はビットコインにとって最高の年になるだろう」

強気相場突入の可能性を指摘するアナリストは他にもいる。

著名テクニカルアナリストのアレッシオ・ラスターニ氏は、「極端な楽観」と「極端な悲観」の指標から強気相場が再開した可能性に言及した

【関連記事:「今回のビットコインは”極端な楽観”を無視」、強気相場再開を示唆?

【関連記事:テスラ株とビットコインが接戦、1月を制するのはどっちか

【関連記事:9600ドル突破なら1万ドルまで上昇も 仮想通貨ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)のテクニカル分析

【関連記事:ビットメックスのアーサー・ヘイズCEO、ビットコイン急落を予測 「ブローオフトップは近い」

【関連記事:ビットコイン高騰は「できすぎで速すぎ」=ブルームバーグ

【関連記事:仮想通貨ビットコイン、10日ぶりに100万円回復|1時間で300ドル近く上昇