IBM、ブロックチェーンで臨時雇用者向け契約作成作業を自動化へ【ニュース】

IBMは、臨時雇用の労働者向け契約を自動化する新たなブロックチェーン製品を開発中だ。テクノロジーニュースのCIOが2月3日に報じた。

臨時労働者向けの契約は、パートタイムや案件ベースの支払い契約などを含み、コンサルタントやフリーランサー、独立請負人、派遣社員など期間限定の労働者などが対象となる。

IBMは、企業の管理業務における煩わしく非効率的な作業をブロックチェーン上で簡素化する計画。IBMのグローバルロジスティックおよびブロックチェーンのリーダーであるバートン・バッファロー氏は、以下のように述べている。

「すべての契約サプライヤーにとっての最大の苦労は、照合だ。ブロックチェーンは、相違や矛盾がある分野でこそ活きる

同氏によれば、このシステムは、請求過程で承認された当時者ら間を仲裁し、タイムシートや発注書の追跡を自動化するという。世界規模での展開が成功すれば、まもなく市場に出るとされる。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

【関連記事:分散型台帳技術「ハイパーレジャー・ファブリック」、最新版「バージョン2.0」公開

【関連記事:IBM、オフラインのトランザクションを記録する「自己認識トークン」に関する特許を取得

【関連記事:チュニジアのオリーブオイル生産者、ブロックチェーンで製品追跡へ | IBMのフードトラスト

【関連記事:米IBMのブロックチェーン基盤のサプライチェーン管理システム、セールスフォースなどと新機能開発

【関連記事:IBMとファーマー・コネクト、コーヒー豆追跡ブロックチェーンアプリ、デジタル技術見本市「CES」で実演 】

【関連記事:IBMがリップルや仮想通貨XRPを研究か? 従業員がリンクトインで言及