分散型台帳技術「ハイパーレジャー・ファブリック」、最新版「バージョン2.0」公開【ニュース】

リナックス財団傘下の分散型台帳(DLT)プラットフォーム「ハイパーレジャー」が1月30日、法人向け「ハイパーレジャー・ファブリック」のバージョン2.0(Hyperledger Fabric 2.0)を発表した。チェーンコード(スマートコントラクトを指す)の分散型ガバナンス機能、複数企業間におけるデータ共有方法の効率化、パフォーマンス向上などをうたっている。

開発者向けドキュメントによると、バージョン2.0では、スマートコントラクトの分散型ガバナンス機能を採用。スマートコントラクトを稼働させる場合、その設定(パラメーター)について、複数組織による承認を要求できるようになった。スマートコントラクトのアップグレードの際などにも必要となるという。

またスマートコントラクトによるトランザクション(取引)の承認時に、分散型ガバナンス機能と同様に複数組織の同意を求めることもできるそうだ。

複数企業間でそれぞれのデータ(プライベートデータ)を共有する際に、各企業が共有可能なデータを新たに用意する必要はなく、各企業のデータを操作・共有するための「パターン」を設定できるという。

パフォーマンスも改善しており、トランザクション検証の並列化、スマートコントラクトの処理の最適化などにより、1秒当たり数千トランザクションを達成できると主張している。

ハイパーレジャー・ファブリックとは

ハイパーレジャー・ファブリックは、IBMが開発を支援する、オープンソースソフトウェア(OSS)のコンソーシアム型・許可型ブロックチェーンだ。企業はブロックチェーンネットワークへのアクセスを制御し機密情報を非公開に保ちつつ、通信内容とデータを保護するチャネル機能、スマートコントラクトなどの機能を利用できる。また高度にモジュール化されており、金融業界、人事、サプライチェーンなどに対応できるとしている。

コンセンサスプロトコルについてもモジュール化しており、 標準的なものとしては、リーダーにあたる存在を前提とした分散合意アルゴリズム「ラフト(Raft )」に基づくクラッシュ・フォールト・トレラント (CFT)を用意している。

スマートコントラクトの作成には、グーグル主導のプログラミング言語「Go」、Java、Javascriptを利用可能だ。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

修正(2020年2月4日 15:30) タイトルの「IBMの分散型台帳技術」から「IBMの」を削除。本文でも「IBMが開発を主導する」を「IBMが開発を支援する」に修正しました。IBM以外の複数企業が共同で行っているプロジェクトのためです。