米国仮想通貨取引所コインベース 、EOSのサポート開始|5月は60%超のプラス、イベント意識の可能性も

米国最大の仮想通貨取引所コインベースは、時価総額5位の仮想通貨EOSのサポートを開始した。

EOSは、分散型アプリ(dApps)開発のプラットフォームとして知られており、イーサリアムをライバル視している。手数料なしで取引スピードが速いなど利点がある一方、「中央集権的」で「金権的」、さらには科学面そして倫理面で大きな問題を抱えているという見方も出ている。

【関連記事:仮想通貨カルダノ共同創設者ホスキンソン氏がEOSを痛烈に批判 「業界存続に関わる脅威」

EOSの取引は英国とニューヨーク州以外で可能になる。

コインベースは、2月にXRP(リップル)、最近ではステーブルコインのダイとUSDコインのサポートを開始した。コインベースのブライアン・アームストロングCEOは昨年9月、「仮想通貨版のニューヨーク証券取引所を目指す」とし、今後数年で数百のトークンを、将来的には数百万のトークンを上場させるかもしれないと話していた。

【関連記事:「仮想通貨版のニューヨーク証券取引所を目指す」コインベース CEOが野心を語る

EOSは現在は下落しているものの、5月全体では60%以上のプラスになっている(出典:CoinMarketCap)。6月1日にはEOSの開発会社が一大イベントを計画しており、それが意識されている可能性もある。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版