「仮想通貨版のニューヨーク証券取引所を目指す」コインベース CEOが野心を語る

米国の仮想通貨取引所コインベース のブライアン・アームストロングCEOが、仮想通貨版のニューヨーク証券取引所を目指すという野心を語った。7日にテッククランチが報じた。最近は同じく仮想通貨取引所のバイナンスがナスダックの利益に肉薄したと報じられるなど、仮想通貨取引所の急成長ぶりが際立っている。

アームストロング氏は、商業分野で独自トークンの開発が進むにつれて仮想通貨エコシステムとデジタル通貨の数が増えると予想した。

「すべてのオープンソースプロジェクト、すべてのチャリティ、すべてのファンドや分散型アプリ(dApps)は独自のトークンを持つことになるだろう」

ただこの予想が当たるかどうかは、今後の規制によると解説。ほとんどのトークンが証券とみなされるかどうかは「結論の出ない質問」としつつも、「けっこうな数のトークンが証券とみなされる」と感じているとした上で、コインベース は「証券とみなされたトークンの取引ができる法律を遵守する場所」を目指すという。今後数年で数百のトークンを、将来的には数百万のトークンを上場させるかもしれないと付け加えた。ちなみにコインベース が現在サポートする仮想通貨は5つだ。

さらにアームストロング氏は、今後5年間で仮想通貨のエコシステムに所属する人は4000万人から10億人に増えると予想した。

コインベースは6月、証券業者のキーストーン・キャピタル、ヴェノヴェテ・マーケットプレースとデジタル・ウェルスを買収。「規制当局と協力して既存の金融商品をトークン化」を目指すとした